1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の食べ物は何が一番良いの?必要な栄養素やNG食材まで徹底解説!

犬の食べ物は何が一番良いの?必要な栄養素やNG食材まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が健康で長生きするためには、ライフステージや体型に適した食事を、適正量与えてあげることが大切です。今回は、犬に必要な栄養素やドッグフードを選ぶ際のポイント、絶対に食べさせてはいけない食材など、犬の食べ物に関する豆知識をご紹介します。

犬に必要な5大栄養素とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬に必要な栄養素は人間と同様で、「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」の5つが挙げられます。この5つの栄養素は、犬の体内でどのような働きをしているのでしょうか?

タンパク質

犬の体を構成する筋肉・骨・内臓・血液ー。これらすべての材料となるのが、タンパク質です。つまり、犬が生きていく上では、不可欠な栄養素ということ。タンパク質には、植物性と動物性がありますが、肉食の犬には、動物性たんぱく質のほうが消化吸収しやすいと言われています。

脂質

脂質は、犬が運動や散歩するためのエネルギー源になる栄養素です。少量でも強力なエネルギーに変わる効率の良さが特徴で、病気の時などの緊急時の備えとして、体は脂質を蓄えるようにできています。また、細胞膜やホルモンの材料になったり、体温を保つほか、内臓を保護したり、ビタミンの吸収を助けたりする働きもある、非常に重要な栄養素です。

炭水化物

炭水化物は、糖質と食物繊維から構成されています。糖質は犬が運動するエネルギーとして、脂質よりも素早くパワーになり、食物繊維は、腸の運動を活発にする働きを持っています。腸は犬の健康を支えるために大切な器官なので、食物繊維の体内での働きも、犬の健康にとっては欠かすことができません。

ビタミン

ビタミンは、犬の体調を整えるのに欠かせない栄養素です。直接エネルギーになるわけではありませんが、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素がきちんと機能するよう、サポートする役割を果たします。

ミネラル

ミネラルも、ビタミン同様に3大栄養素の働きをサポートしますが、それにくわえて、歯や骨なのどの体の組織を構成する働きもします。犬は動物性たんぱく質をエネルギーにするときに多くのミネラルを必要とするため、人よりもミネラルの必要量の割合が高いと考えられています。なお、犬には鉄・カリウム・カルシウムなどの計12種類のミネラルが必要とされています。

やっぱりドッグフードが一番おすすめ!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ドッグフードは、1日に必要な量を適正に与えることで健康維持へと繋がる、犬にとって基本となる食事です。特に「総合栄養食」と書いてあるドッグフードは、犬に必要な栄養素がバランスよく配合されて作られていますので、基本的には、「総合栄養食」のドッグフードを主食として与えるのが良いでしょう。水とともに適正な量を与えていれば、健康の維持ができる優れものです。

これまでのドッグフードは、ライフステージ別に「子犬用」「成犬用」「高齢犬用」と分類されたものや、体型別のものが主流でした。しかし、最近では犬の高齢化も進んだことで、具体的な年齢や、犬種を考慮したものも販売されています。

なお、子犬と高齢犬では必要な栄養素のバランスが違うように、肥満犬はやせ型の犬に比べると控えておきたい栄養素もあります。どんなドッグフードがいいのか分からない場合は、獣医師に相談しましょう。

ドッグフード以外の食べ物をあげるときの注意点

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

手作りのフードを犬に与える場合は、栄養バランスが偏らないように注意しましょう。栄養素の偏りは、体調不良や病気の原因になることもあるので気を付けてください。それでは、犬の5大栄養素別の注意点をご紹介します。

タンパク質

タンパク質は、成長期の子犬には特に必要な栄養素で、成犬の4倍もの量が必要と言われています。そのため、子犬用のドッグフードには、タンパク質が多く含まれています。タンパク質が不足すると、子犬の場合は成長が不十分になったり、成犬の場合は抜け毛が多くなったりします。免疫抗体が減ってしまい、病気をしやすくなる恐れもあるので注意しましょう。一方、成犬がタンパク質を摂取しすぎると、腎臓や肝臓に負担がかかり、肥満や内臓の病気になる可能性があるので注意が必要です。

脂質

シニア犬だからと言って脂質を控えすぎると血管や細胞膜が弱くなり、脳出血などの原因にもなると指摘されています。さらに、脂質が不足するとエネルギー不足になり、体力が低下します。他にも、細胞膜を作る働きも弱まるので、皮膚が荒れたり、被毛がパサついたりすることもあります。子犬期は発育不足に繋がりますので注意しましょう。逆に脂質の過剰摂取は、肥満の原因になり、下痢になることもあるので、適度に与えるよう心がけましょう。

炭水化物

炭水化物の中でも、穀物やイモ類は、犬にとっては比較的消化吸収しやすいのでおすすめです。ただし、生だと消化できないため、与える場合は必ず加熱してください。

炭水化物に含まれる糖が不足すると、エネルギー不足に直結し、疲れやすく、長時間の散歩が難しくなることもあります。また、食物繊維不足は、便秘や免疫力の低下の原因にもなるので、1日の摂取量には注意してください。逆に炭水化物を摂取しすぎると、肥満の原因になったり、腸への負担を増やして下痢の要因になることもあります。

ビタミン

ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変換する役割を担っているため、犬にとっては不可欠な栄養素です。さらに、ビタミンB1・B2・B6・葉酸が不足すると、疲れが取れにくくなったり、皮膚が荒れたり、毛ツヤが悪くなったりすることもあるので積極的に摂取させましょう。

その一方で、犬はビタミンCを体内で生成することができるため、通常は接種する必要はありません。なお、ビタミンA・D・E・Kは、体内から排出されにくいため、摂取のしすぎは、嘔吐・下痢・めまいなどの中毒症状を引き起こすこともあります。1日の摂取量はしっかりと確認しましょう。

ミネラル

ミネラルは、摂取バランスが重要な栄養素。一つのミネラルを多く摂りすぎると、他の吸収量が低下することがあります。特に、成長期にミネラルが足りないと骨が十分に形成されませんし、鉄が不足すると、血液が正常に作られず貧血になることもあります。さらに、リンの摂りすぎは、骨の形成不全を引き起こし、マグネシウムの摂りすぎは、秒結石などの病気の原因になることもあります。しかし、ミネラルは体内では生成されないため、バランスに注意しながらフードに入れるようにしましょう。

犬にあげてはいけない食材!人間の食べ物をあげ続けると…

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の健康を維持するには、獣医師や栄養学のプロでない限り、ドッグフードを与えるのがベストです。どうしても手作りのごはんをあげたいという方は、栄養バランスに気を付けて、人間用に作られた総菜やお菓子などは、決してあげないようにしましょう。

人間用に調理された料理は、油や調味料を使っているため、肥満や病気の原因になります。カフェインやアルコールの入ったドリンク類、刺激物や珍味、 お菓子・スナック類などもすべて犬には有害です。ほかにも、調味料を使っていなくても、お餅のようにしっかりと噛まなければ食べられない食品も犬には不向きです。くわえて、以下の食材も犬に与えないように注意しましょう。

犬にあげたらNGな食材

【中毒を起こす恐れがある主な食材】
アボカド・ぶどう・プルーン・なす・いちぢく・生のぎんなん・生卵(白身)・マカダミアナッツ・ネギ・にら・ニンニク・タマネギ など

【消化不良を起こしやすい主な食材】
タコ・イカ・ごぼう・貝類・えび・かに・かわめ など

【カロリーオーバーになりやすい主な食材】
脂肪分が多い肉や魚・パンの耳 など

年齢や体型に合わせたフードを与えることが大事!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

以上、犬の食生活に関する注意点をご紹介しました。繰り返しになりますが、何を与えたら良いか分からない場合は、犬の年齢や体型にあったドッグフードを与えるのが最善です。もし愛犬のお誕生日などにどうしても手作りしたい場合は、プロが監修した犬専用のレシピを参考に作ってあげると良いでしょう。

よく、「犬がドッグフードを食べない」と、人間の食べ物を与えてしまう人がいます。しかし、犬にも食欲がわかない日もありますし、特に小型犬には食べムラがあるとも言われています。もし様子を見ても全然食べないのであれば、獣医師に相談するようにしてください。フードを変えたり、お湯でふやかしたりするなどの工夫が必要になってくるかもしれません。

大切な愛犬に健康で長生きしてもらうためにも、正しい食生活を提供してあげましょうね。

出典/「いぬのきもち」2016年9月号『栄養素入門』、17年6月号『主食のドッグフードはこうして選ぶ!』(ともに監修:高円寺アニマルクリニック医院長 髙﨑一哉先生)、「いぬのきもち」16年6月号別冊『手作りレシピブック』
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

合わせて読みたい
「ドッグフードQ&A」

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る