1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【犬の年代別に解説】愛犬がご飯を食べない原因と対処法とは?

【犬の年代別に解説】愛犬がご飯を食べない原因と対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛犬がご飯を食べない」と悩む飼い主さんは少なくないでしょう。犬がご飯を食べない原因はさまざまですが、子犬・成犬・シニア犬と年代によって理由が異なることもあります。今回は、年代別にご飯を食べない原因と対処法・注意点などを解説します!

子犬(生後~1才)がご飯を食べない原因&対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

子犬期に食欲が落ちるのは普通のこと

子犬期は食欲にピークがあり、それ以降は食欲が落ち着く傾向にあります。たとえば小型犬の場合は、生後4~5カ月頃が食欲のピークと言われており、この時期を過ぎると肉体的な成長がひと段落するため、食べる量が少なくなると考えられています。つまり子犬期に食欲が落ち着いてくるのは犬の体の仕組み上、ごく普通のことなので、ほとんどの場合は心配はいりません。

変わった様子はないかチェックして!

ただし、元気がなく嘔吐や下痢などの症状がある場合は病気の可能性もあるため、早めに動物病院を受診してください。一方で元気があり、いつもと様子が変わらない場合は「成長によるもの」と考え、1~2時間フードを出していても食べない場合は一度下げてみましょう。このようにして食事のリズムを作って上げることで、「フードは出されている時に食べる」という習慣がつくはずですよ!

要注意!間違った対処法は肥満の原因にも

子犬の食欲が落ち着く頃「ドッグフードに飽きたのかも?」と勘違いする飼い主さんも少なくありません。この勘違いで食いつきのいいドッグフードに替えたり、過剰にトッピングをしたりすると、肥満につながることもあるので注意しましょう。子犬期にフードを食べない時期があったら、まずは冷静に対処し、食べない日が続く場合は獣医師に相談するのがおすすめです。

成犬(1才~7才)がご飯を食べない原因&対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

フードの切り替え時に食べなくなることが

犬の食事は、子犬期、成犬期、シニア犬期と、それぞれのライフステージに合ったものを与えるのが基本です。しかし、子犬用のフードから成犬用のフードにいきなり替えると、フードの違いに警戒して食べなくなる犬もいます。この場合は1週間ほどかけて徐々に新しいフードの量を増やし、切り替えがスムーズになるよう工夫してみましょう!

ストレスを感じると食べなくなることも

成犬期に関わらず言えることですが、引っ越しによる環境の変化や散歩に行けない日々が続くなど、犬が何らかのストレスを感じると食欲がなくなることがあります。このようなケースは、考えられるストレスの原因の除去が根本的な解決策となります。状況によっては、ほんの少しだけ、いつものフードに食欲が増すようなトッピングをして様子見するのもいいでしょう。

濃い味を知ってしまい、食べなくなる

「おやつは食べるけどご飯は食べない」という場合は、犬がワガママになっているのが原因かもしれません。おやつや味付けの濃いフード、人の食べ物などを与えていると、主食となるべきフードをなかなか食べてくれなくなることがあります。一度おいしいものを知ってしまうと、そのご飯が出されるまで頑なに待ち続けることも。

食べない原因が病気でもない限り、いずれお腹はすくので、与えてから1~2時間程度経過したらフードを下げ、次のご飯の時間まで何も与えないようにしましょう。このようなケースだと、これまで食べていたものを与え続けることで、元の食生活に戻ることもあります。フードは新しいものにせずに、根気よくチャレンジしてみてください。

シニア犬(7歳以上)がご飯を食べない原因&対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

加齢による食欲減少が原因かも?

犬は年齢を重ねると運動量が減り、消化吸収能力が衰えてくるため、食欲が落ちるのは自然なことです。そのためシニア期に入ると、食べる量が多少減っても大きな問題がないことが多いようです。逆に7才を過ぎても成犬期と同じフードを同じ量与えている場合は、肥満になりやすくなるので、ライフステージに合ったフードを適量与えるようにしましょう。

シニア期に入ったら病気を疑ってみるのも重要

ただし、食欲の低下を「ただの老化現象」と甘く見るのは危険。7才を過ぎると、犬は病気にかかりやすくなります。フードをほとんど食べないなど食生活に何らかの変化があった場合は、病気も疑ってみましょう。早期発見・治療につながります。

食欲が低下する病気としては、肝臓や腎臓、すい臓などの内臓疾患が考えられます。この場合は、嘔吐や下痢などの症状が見られるのが特徴です。また、食べるのを躊躇する、片方の歯を使って食べるような場合は、歯周病や口腔内腫瘍などの病気が原因かもしれません。どちらの場合も、すぐに動物病院を受診しましょう。

どの年代も注意!手作りはちょっと待って!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の主食は、「総合栄養食」と記載されたフードを与えることがベスト。犬のフードにはさまざまな種類がありますが、「総合栄養食」のフードは水とともに適量与えていれば、成長と健康が維持できるように調整されています。

主食となるべきフードを食べなくなってしまったからと、嗜好性の高いものや手作りのご飯などを毎日与えてしまうと、犬の健康が損なわれる危険性があります。動物の栄養学に関して高い知識がある人以外は、原則として「総合栄養食」のフードを与えるようにしましょう。またどちらも「総合栄養食」であれば問題ないので、ドライフードを食べないなら、ウェットフードに切り替えてみるのも一つの手です。

食欲以外にも、他の症状をチェックして!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は成長と共に食欲が落ち着く傾向にあることがわかりました。もし食欲がなくても、元気があってオシッコやウンチにも問題がなければ、数日様子を見てみるのもいいでしょう。ただし何か他に症状が出ていたり、飼い主さんが気がかりなことがあったりする場合は、すぐに獣医師に相談するのが大切ですよ。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」

出典元/『いぬのきもち』特別編集「子いぬと仲良くなる育て方(健康・お世話編)」(監修:小林豊和先生)
    『いぬのきもち』2017年11月号別冊「ドッグフード大辞典」(監修:徳本一義先生)
    『いぬのきもち』2016年10月号「“何か変!?”で気づく愛犬の病気」(監修:藤田佳一先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る