1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬が吐いた!症状や吐瀉物の色から原因を徹底解明!

【獣医師が解説】犬が吐いた!症状や吐瀉物の色から原因を徹底解明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛犬が急に吐いた!」こんなとき、飼い主さんは本当に不安ですよね。あまり心配しなくても大丈夫な嘔吐もありますが、場合によっては怖い病気が隠れていることも。犬の症状や吐いたモノの色などから、嘔吐の原因を探っていきましょう。

嘔吐には3つの種類がある!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は四足歩行の動物です。そのため胃が横向きになっているので、もともと人より吐きやすいと言われています。犬の「吐く」には、実は3つの種類があることをご存知ですか?まずはその3種類の「吐く」を解説します。

嘔吐

食べてから時間が経った後に吐くことを、「嘔吐」と言います。吐いたモノがある程度消化されているので、吐きだしたものをまた食べることはあまりしません。胃液のみ吐くこともありますが、それも嘔吐の一種です。原因は胃や腸にあるとされます。

吐出・嚥下困難

食べ物を飲み込んで、すぐに吐くのが「吐出」。食べたものを飲み込めずに吐きだしてしまうのが、「嚥下困難」です。消化されていないので、吐いたモノをまた食べてしまう子もいます。何の前触れもなく起こったり、強く飛ばすように吐いたりするのが特徴です。原因は胃腸ではなく、喉や食道にあるとされています。

食べたものを飲み込めずに吐きだしてしまうのが、「嚥下困難」です。上手く飲み込めていないので、食べ物は消化されずに出てきます。原因は口腔内や喉、食道にあるとされています。

吐いたモノの色別に危険度をチェック!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬が嘔吐した際は、何を吐いたのか、何回吐いたか、そして吐いたモノが何色なのかを総合的に観察すると、その後の対処法が見えてきます。

透明~白いモノを吐いた場合

水・唾液・胃液は、基本的に透明です。これらのモノを吐くときは、空腹やストレス、胃酸過多や逆流性食道炎が考えられます。

黄色~緑色のモノを吐いた場合

人間もそうですが、胆汁は黄色や緑色をしています。空腹によって胆汁が逆流した場合や、胃腸の働きが悪くなっているのだと考えられます。

ピンク色~薄い赤色のモノを吐いた場合

吐いたモノがピンクがかっている場合、ほとんどの場合が血液です。口の中が切れているだけならあまり問題がありませんが、食道炎になっているおそれもあるので注意が必要です。

濃い赤色~赤黒い・黒いモノを吐いた場合

赤や黒も、血液だと思ってほぼ間違いありません。胃潰瘍や腫瘍、胃の粘膜からの出血などが考えられます。特に黒くなっているなら要注意。すぐに動物病院を受診しましょう。

犬が吐く原因とは?問題があるときは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

はじめにご紹介した通り犬はわりと吐きやすい動物なので、「吐いた=病気」とは限りません。しかし吐く回数や状態、吐いたモノによっては、何かしらの病気を患っている場合も。飼い主さんの判断が重要になってきます。

あまり問題がない場合

・空腹
・食べ過ぎや早食い
・車などの乗り物酔い
・不安感やストレス
・吐いたあと元気で、連続して吐く様子がない

これらの場合は、安静にさせてしばらく様子見でOKです。ただし、体調がおかしいと感じたらすぐに動物病院に連絡を。病院にかかる準備だけはしておきましょう。

すぐに動物病院に行った方が良い場合

・ぐったりしていて明らかに元気がない
・熱が出ている、下痢をしているなど、嘔吐以外の症状がある
・1日に何度も吐いてしまう
・吐いたモノに血が混じっている
・吐いたモノから、便臭などの異臭が漂っている

こういった場合は、何か病気などの要因が考えられるので、すみやかに動物病院を受診しましょう。病院に行く際は、吐いたモノを容器に入れて持っていきましょう。診断時に役に立ってくれるはずです。吐いたモノの写真でも良いですが、臭いも重要なヒントになるので、出来ればそのまま持って行くのをおすすめします。

嘔吐から考えられる犬の病気

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

誤食・誤飲

うっかり異物を飲み込んでしまって、異物の胃内停滞、腸閉そくによる嘔吐の場合もあります。かなり危険ですので、すぐに動物病院に向かいましょう。

ねぎ類やチョコレートなど、犬にとっては毒になるものを食べてしまうと、中毒を起こして嘔吐することがあります。この場合も危険です。食べたものの量によっては命に関わるので、すみやかに動物病院へ。

胃拡張・胃捻転症候群

胃の中でガスが大量に発生し胃を膨らませ、その影響で胃がねじれてしまう病気です。嘔吐、げっぷ、痛みなどの症状があり、放置すると倒れて動けなくなり、内臓の壊死や多臓器不全で死に至る危険な病気です。

原因として、
・大型犬
・加齢
・ストレス
・食後の急な運動
・食べ過ぎ、早食い
などがあります。

緊急性が高く、命に関わる病気のため、一刻も早く動物病院を受診しましょう。

ウイルスや細菌による感染症

犬がウイルスや感染症にかかることで、症状の1つとして嘔吐が現れることがあります。「コロナウイルス性腸炎」「レプトスピラ症」「犬パルボウイルス感染症」などがありますが、こじらせると死を招く危険な病気です。しかし、上記3つの病気はいずれもワクチンが存在します!愛犬を守るためにも、必ず予防接種をおこないましょう。

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)

嘔吐の原因としてはそれほど多いケースではありませんが、「胆嚢粘液嚢腫」は、飼い主さんが見逃しやすく、危険な病気の1つです。胆嚢内の胆汁が泥のような状態になって、胆嚢内部に張り付いてしまいます。病気が進行すると、食欲不振や嘔吐、黄疸の症状がでることも。しかし症状が出にくいうえ、血液検査の数値だけでは発見しにくいので、見逃されがちな病気なのです。

対策としては、年に1回のエコー検査をおすすめします。ミニチュア・シュナウザー、ポメラニアン、ビーグル、シェットランド・シープドッグなどの犬種に起こりやすいとされているので、愛犬が該当する犬種の場合は気に留めておいてくださいね。

他にも腎臓や肝臓、すい臓の病気で吐くことも。いつもと様子が違う場合は早めに受診しましょう。

犬が吐いたときの対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬が吐いた後は、基本的には半日くらい飲まず食わずで安静に過ごさせましょう。吐き気がおさまっているようなら水や消化の良い物から少しずつ与えてください。お腹が空いているだろうといきなりたくさん食べさせてしまうと、また吐いてしまうおそれがあります。

なお、危険と思われる吐き方をした場合は、すみやかに動物病院へ。「ちょっと心配だけど…どうしようかな…」と悩んだときは、とりあえずかかりつけの獣医さんに電話をするなど、専門家の判断を仰ぐようにしましょう。

万が一、タバコなどの中毒を起こすものを誤飲して吐いている場合は、すぐに吐きださせたほうがよいこともあります。一刻を争うので、すぐに動物病院に連絡して指示に従いましょう。

犬の嘔吐は、状況によっては危険を伴うことも大いにあります。心配な場合は飼い主さんだけで判断することは避け、かかりつけの獣医さんに相談して、対処をするようにしましょうね。

出典元/『いぬのきもち』2016年10月号「なにか変で気づく愛犬の病気」(監修:藤田桂一先生)
    『いぬのきもち』2017年2月号「飼い主さんが気づきにくい犬の病気15」(監修:南直秀先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る