1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬にヨーグルトを与えるのはアリ?量や効果を解説!

【獣医師が解説】犬にヨーグルトを与えるのはアリ?量や効果を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人用の食べ物を犬に与えないのは基本ですが、中には犬にとってメリットのある食品もあります。では代表的な健康食品「ヨーグルト」はどうなのでしょうか?犬にヨーグルトを与えてもいいのか、与えるなら量は?効果は?注意点は?といった疑問にお答えします!

犬にヨーグルト、与えて大丈夫なんです!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人にとっては無害でも、犬にとっては有害!という食べ物、けっこうありますよね。ネギ類やチョコレートなどが有名でしょうか。人と犬とでは体のつくりが違うので、必要な栄養がそもそも異なりますし、分解できない成分なども異なるので、「人が食べられるから犬も食べられる」と思い込むことは危険なのです。

しかし、全ての食べ物がそうなのか?と聞かれたら、実はそうでもありません。ヨーグルトがその1つ。ヨーグルトは人にとっての健康食品ですが、犬にとってもメリットのある食材なんです!「犬に牛乳ってダメなんじゃないの?じゃあヨーグルトもダメじゃない?」そう思う飼い主さんもいるかもしれませんが、牛乳とヨーグルトでは成分が異なります。

たとえば、牛乳を飲んだらお腹を壊してしまうタイプの方がいますよね。これは牛乳に含まれる「乳糖」という成分を分解する能力が低いために起こると言われています。犬はこの乳糖を分解する能力が少なく、牛乳を飲むと下痢などの症状を引き起こすことがあるため、NGとされているのです。しかしヨーグルトは、発酵の過程で乳糖が分解されています。そのため、ヨーグルトを食べることは問題がない、というワケです。

ヨーグルトの健康効果は犬にも発揮される?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ヨーグルトは健康食品と謳われることが多いですが、犬にも効果が期待できるのでしょうか。

腸内環境が整う

発酵食品であるヨーグルトには、善玉菌であるビフィズス菌やガセリ菌が含まれています。そして、ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌が腸内フローラに作用し、腸内環境を整える効果が期待できます。

消化の助けになる

犬は雑食ですが、多くのドッグフードにも肉の成分が含まれています。体調が悪い時は、消化不良を起こしてしまう場合も。発酵食品であるヨーグルトにはさまざまな酵素が含まれていて、消化を助ける効果も期待できます。

口臭対策・予防

愛犬の口が臭い…と感じたことがある飼い主さんも多いかと思います。犬の口臭の原因のひとつに歯周病がありますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は歯周病菌にも効果を発揮!細菌の働きを抑え、口臭を抑制・予防する効果が期待できます。

ヨーグルトを与える量とタイミングは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

いくら体に良いといっても、与えすぎはNGです。人にとってのヨーグルト1人前は、犬にとっては多すぎます。犬に与えて良いヨーグルトの量は、健康な体重5kgの犬に対して「1日小さじ2杯まで」です。少なすぎない?と思うかもしれませんが、犬にとってはこれが上限。もともと必須ではないので、与えすぎには気を付けましょう。

食べさせるタイミングはあまり気にしなくても良いようです。しかし乳酸菌は胃酸に弱いため、胃酸が薄まっている食後に与えた方が、ヨーグルトの効果をより享受することができると言われています。参考にしてみてくださいね。

犬にヨーグルトを与える際の注意点!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

与えすぎはNG!

どんな良い食べ物でも、食べ過ぎは体に良くありません。ヨーグルトはカルシウムが多く含まれるため、摂りすぎると尿結石の原因になるおそれも。「量とタイミング」でご紹介した、1日に小さじ2杯までを必ず守るようにしましょう。

アレルギーがないか注意して

犬にもアレルギーは存在します。ヨーグルトにアレルギーを持っている可能性もあるため、初めて与えるときはごくごく少量から。大丈夫だったら翌日少しだけ量を増やして与えて、さらに問題なければまた翌日と、アレルギー反応が出ないか確認したうえで許容量を与えるようにしましょうね。

冷やしすぎはNG!

ヨーグルトは基本冷蔵保存ですが、冷蔵庫から出してすぐに与えるのはNG。体調を崩す場合があります。できれば少し部屋に置き、常温に近い温度になってから与えてください。電子レンジで加熱する方法もありますが、乳酸菌は熱に弱いため、加熱しすぎるとヨーグルトのメリットが消えてしまいますのでご注意を。

与えるヨーグルトの種類にも注意!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

基本は無糖のプレーンヨーグルトを選び、可能なら低脂肪や無脂肪のものを選びましょう。人も食べやすい甘いヨーグルトには砂糖がたくさん含まれているので、犬の体にはよくありません。かならず表示をチェックするようにしてください。

また、フルーツなどが入っているタイプのヨーグルトもNG。糖分が多いからという理由もありますが、果物の中には犬が中毒を起こすものも含まれています。ぶどう類やイチジクなどは、犬に絶対に与えてはならない食べ物の一例ですね。

・無糖
・できれば低脂肪or無脂肪
・プレーン(味なし)
・ヨーグルト以外何も含まれてない

これらのルールを守って、犬に与えるヨーグルトを選びましょう。

人にとっての健康食品であるヨーグルトが、犬にも良い効果をもたらすなんて驚きですね。ただしいくら健康に良いといっても、犬には合う合わないがあります。愛犬にヨーグルトを与える際は、適正をしっかりと見定めてあげてくださいね。

出典/『いぬのきもち』「与えてOK?NG?食べ物図鑑」(監修:高崎一哉先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る