1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が散歩で歩かない理由と対処法

犬が散歩で歩かない理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬にとって散歩は、運動不足解消や情報収集、ストレス発散などのためにも大事です。しかし、「愛犬は散歩が嫌い」「愛犬は散歩に行きたがらない」という飼い主さんの声もよく聞かれます。ひょっとしたら、散歩中の飼い主さんの対応が間違っているのかも? いつもの対応を見直して、愛犬も飼い主さんも楽しく散歩できるように、散歩中の困りごととその対処法をご紹介します。

散歩デビューのとき犬が歩きたがらない理由と対処法

散歩デビューする子犬にとっては、外の世界は初めての情報だらけ。車の音やすれ違う自転車や人、犬、これまで経験したことのない地面(アスファルト、マンホール、グレーチング<金属製の溝蓋>など)の感触も、怖いと感じる犬は少なくありません。しばらくは、歩けるようになることを焦らずに、外のいろいろな刺激に慣らすことから始めてみましょう。

抱っこしたりカートに乗せたりして、家の近所に行く

最初は、家の近所で外の刺激を感じさせるだけでOK。犬は風や外のニオイなど、いろいろな情報を感じ取ります。「気持ちいいね」など、やさしく声をかけると、愛犬の恐怖心を和らげることができます。

歩かなくていいので、地面に下ろしてみる

感触を覚えさせるために、その場で地面に下ろしてみましょう。できれば、感触が違う地面(アスファルト、土、芝、マンホール、グレーチングなど)に下ろしてみます。その場に立てたら、ほめておやつを与えて。ただし、夏場のアスファルトやマンホールなどは高温になっているので、肉球をやけどしないように要注意。最初は、歩かせなくてもOKです。

車や人とすれ違ってみる

最初は抱っこやカートに乗せた状態でかまわないので、車やバイクの音を聞かせたり、自転車や人とすれ違ったりする練習を。万が一吠えたら、愛犬に相手を見せないように視野をさえぎりましょう。すれ違いの練習は、知り合いに協力してもらうのも手です。

外でアイコンタクトを試してみる

犬が極度に緊張した状態だと、名前を呼ばれても飼い主さんの顔を見ることができません。さまざまな刺激のある外でもアイコンタクトできたら、ほめておやつを与えましょう。

歩かなくても無理にリードを引っ張らない

散歩が苦手な犬にとっては、リードを強く引っ張られることで嫌な思いをし、さらに散歩に対して悪い印象をもってしまいます。歩かないときは、愛犬が歩き出すまで待って、また立ち止まったら歩き出すのを待つ、ということを繰り返しましょう。首への負担にもなるので、無理にリードを引っ張らないで。

愛犬が怖がっているなら、無理をしないで帰る

愛犬にフードやおやつを与えてみて、食べられなければかなり緊張状態です。散歩嫌いを助長しないために、愛犬が緊張していたら帰りましょう。

上記のようなことを繰り返し、少しずつ外の刺激に慣らしていき、恐怖心を取り除くと、その後の散歩がスムーズになります。抱っこやカートで外出する際も、必ずリードはつけておきましょう。

犬が散歩中に歩きたがらない理由と対処法

犬が歩きたがらない理由として、過去に散歩で嫌な経験をしていたり、散歩のルートを犬自身が決めたがっていたりする、などが挙げられます。散歩ルートを見直すと解決できることもあるので、試してみましょう。また、歩くとおやつがもらえる、散歩中にアイコンタクトしたらおやつがもらえるなど、犬にとってイイコトを増やし、散歩の印象をよくするのが、歩かせるための近道です。

車や人通りが少ない散歩ルートを見直す

怖がりの犬にとっては、車やバイクが走る音、前方から来る知らない人なども恐怖の対象に。いきなりにぎやかな道で練習をしないで、はじめのうちは、車や人通りの少ないルートを検討しましょう。

散歩ルートから愛犬が苦手な場所を外す

散歩のルートが決まっていると、その先に苦手な場所や嫌な経験をした場所があることを思い出し、歩かなくなることが。どこで止まってしまうか、愛犬が苦手な場所はどこかを改めて思い出し、苦手な場所を避けるルートを再検討しましょう。また、散歩のルートを決めずに、いつものルートを逆回りしたり、違う道を通ってみたりするのも手。愛犬が歩ける道を徐々に増やすことにもつながります。

散歩中におやつを与えるタイミングを増やす

犬に「歩けばおやつがもらえる」と散歩にいい印象を与えるために、慣れるまでは犬が帰りたがらないよう、こまめにおやつを与えましょう。慣れてきたら、おやつの回数を徐々に減らしていきます。

アイコンタクトできたら、ほめておやつを与える

散歩中、名前を呼んで飼い主さんに注目できたらほめておやつを与えます。飼い主さんの顔を見られないのは、緊張しているか、ほかのものに興味津々だから。飼い主さんに注目すればイイコトがあると覚えさせるようにしましょう。

おやつを与えるときは、難しいしつけを指示しない

散歩中に指示しつけの練習をして、そのごほうびとしておやつを与える場合、その犬にとってまだ難しい指示だと、ごほうびになかなかありつけずに犬のやる気がダウン。散歩にも悪い印象をもちかねないので、難しいしつけの練習はできるだけ避けましょう。

無理やりリードを引っ張らない

散歩中に嫌な思いをしたという記憶を植えつけることになりかねないので、リードを引っ張るのはNGです。ただし、愛犬が行きたい方についていくと、「自分で行きたい場所を決められる」と思い込み、飼い主さんの横について歩くまでに時間がかかることも。飼い主さんの行きたい方向に歩き出すまでは、その場で止まり、愛犬が歩きだすのを待ちましょう。

犬がニオイかぎをやめてくれないときの対処法

ニオイかぎは犬にとっての情報収集。散歩中、まったくニオイかぎをさせないと、犬はストレスをためてしまいます。とはいえ、少し歩いてはまたニオイかぎ、を繰り返されると、飼い主さんも困りますよね。次のような方法で、対処してみましょう。

リードの長さを見直し、犬を制御しやすくする

リードが長すぎると、愛犬は自分の気になる方向へあちこち動き回ってしまいます。リードを持った左手を腰に当てたとき、たるみなく張るくらいがちょうどよい長さです。

アイコンタクトで気をそらす

電柱や木など、犬がニオイかぎをしそうなポイントが見えたら、そこからできるだけ離れ、名前を呼んでアイコンタクトしながら歩きます。ニオイかぎを回避したいときに有効です。

ニオイかぎをしていい場所を設ける

ただ歩くだけでなく、ニオイかぎをしていい場所を散歩ルートの中に設けます。ただし、飼い主さんの「ニオイかぎ終了」の合図でやめられるのが理想。名前を呼び、「行くよ」などのはっきりとした声かけで、歩き出せるように練習しましょう。なかなかニオイかぎをやめないときは、小型犬なら抱っこで、中・大型犬ならおやつで誘導してその場から離れましょう。

ニオイかぎは散歩の後半に

散歩を始めてすぐにニオイかぎをさせると、あり余ったパワーが「ニオイをかぐ」行為に注がれます。犬にとってニオイかぎは、ストレス発散にもなるため、散歩の序盤にさせるといつまでもかぎ続けてしまいがち。犬がパワーを十分発散した散歩の終盤にニオイかぎの時間を設けると、しつこくかぎ続けにくくなります。

すれ違い時の吠え・飛びつきグセの対処法

すれ違い時、吠えたり飛びついたりすると、相手にけがをさせたり、迷惑をかけてしまうことに。犬を飼う人のマナーとして、吠えたり、飛びついたりさせないように練習しておきましょう。

すれ違い時の吠えへの対処法

① リードを短めに持ち、ほかの犬を愛犬に見せないようにその場を離れます。
② ほかの犬がいても愛犬が吠えないで落ちついていられる位置まで離れ、距離をとります。
③ 相手の犬が通り過ぎるまでアイコンタクトをして、愛犬の目線を飼い主さんに注目させます。
④ 相手の犬が通り過ぎるまでアイコンタクトできたら、ほめておやつを与えましょう。

できないときは、小型犬なら抱っこをして相手の犬を見せないように背を向けて。中・大型犬は、おやつで誘導して方向転換したり、愛犬の前に立って視界をさえぎり、相手の犬を見せないようにしましょう。

すれ違い時の飛びつきへの対処法

※最初は友人など、飛びつきの練習につきあってもらいやすい人に協力してもらうのが理想です。
① 正しい持ち方(輪に親指をかけ、しっかり握る)でリードを持ち、前方に通行人が来たら、その場でリードをおへその位置に(ヘソ止まり)。協力者が友人の場合は、愛犬から目をそらしてもらいます。
② 愛犬の動きが止まったら、オスワリさせてアイコンタクトをします。飼い主さんに注目していられたら、ほめましょう。
③ アイコンタクトできず、飛びつこうとしたら、すぐにヘソ止まりをして犬を引き戻し、再びアイコンタクトを。飛びつこうとしたら、協力者には背を向けてもらいましょう。
④ 犬が落ち着いていられたら、「OK」などの声かけをして、相手にほめてもらいましょう。「落ち着いていたらほめてもらえる、かまってもらえる」と犬に理解させましょう。

犬が急に散歩に行きたがらなくなったとき

急に散歩に行きたがらなくなったら、不調のサインかもしれません。考えられる理由は以下のとおりです。気づいたことがあれば、念のため動物病院に相談しましょう。

シニア犬になり、散歩で疲れてしまう

シニア犬になっても、適度な運動は必要です。ただ、体力が落ちてくるので、これまで通りの散歩量だと疲れてしまいます。疲れると、その場でオスワリをして動かなくなることが。シニア犬といっても個体差がありますので、必要な散歩量はかかりつけ医などにも相談しましょう。また、これまで「散歩」という言葉で喜んだり、リードを持つと散歩に行けるサインとわかってはしゃいでいた犬が、そうした言葉や行動に反応しなくなったら、認知症の症状かもしれません。

関節に痛みや異常がある

関節に痛みや炎症を起こしていると、歩くことを嫌がります。また、スキップするような歩き方をしたり、腰をくねくねと振って歩いたり、急にその場にへたり込むようなことも。こうした様子が見られたら、股関節、膝蓋骨、椎間板などに異常がないか、検査をしましょう。

心臓など呼吸器系の病気の可能性

以前より、散歩中にゼエゼエ、ハアハアするようになった場合は、呼吸器系に異常がある可能性があります。太ったからというケースもあります。

出典:『いぬのきもち』2013年2月号、2013年5月号「しつけのお悩み相談室」(監修 ナカムラ・ドッグ・スクール主宰 中村太先生)、同2016年12月号「散歩中の困りごと、リード使いで解決します」(監修 ドッグトレーナー戸田美由紀先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る