1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬の鼻水の色で病気が分かる?原因や予防法とは

【獣医師が解説】犬の鼻水の色で病気が分かる?原因や予防法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常犬の鼻は濡れていますが、鼻からたらりと鼻水を出した状態が続くときは、何かの病気の可能性もあります。今回は、鼻水をたらす2つの原因や、鼻水の色別で考えられる病気、危険な鼻水、飼い主さんのできる予防法について解説します。

犬が鼻水を垂らすのはなぜ?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

1. 生理的要因

犬の鼻水は、大きく分けて2つの原因が考えられます。1つ目は、異物や寒さなど、生理的要因で出てくる鼻水です。犬は鼻で呼吸をするとき、冷たい空気がそのまま肺に入ることが無いよう、鼻の奥の方で空気を温めてから肺へ送ります。この作用によって鼻水の分泌を促し、鼻水の量が多くなるのです。

また、人と同じように鼻に異物が付くと、鼻水を多く出して排出しようとします。室内の温度設定や、飼育環境をきれいに保つことが重要です。

2. アレルギーや病気

2つ目の原因として考えられるのが花粉などのアレルギー、または何らかの感染です。アレルギーなどの炎症で鼻の粘膜が敏感になると、鼻水の量も増えます。また、実際には鼻の粘膜のトラブルではなく、主に眼のトラブルによって鼻水として鼻から出てくることもあります。

これは鼻の奥が、喉や気管、副鼻腔などとつながっているためで、副鼻腔炎で液体が溜まっていたりすることが原因として考えられます。それ以外には、歯周病や腫瘍などが原因で鼻水が出ることもあります。

鼻水の色でわかる病気

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

さらさら鼻水でも危険?

犬が流す鼻水に、色が付いていることがありますよね。さらさらとした透明な鼻水は、ほこりなどの異物を鼻水を伴ったくしゃみで排出していたり、鼻の炎症が比較的軽い状態だったりするときに見られやすい傾向がありますが油断は禁物です。透明の鼻水も何らかの病気が関わっていれば重症化すると色や粘り気などが変化することもあります。

黄色の鼻水

犬の鼻水が黄色くなるのは、侵入してきた細菌やウイルスに身体が反応し、戦っている証拠。白血球との戦いに敗れた細菌やウイルスの死骸、役目を果たした血しょうの色が、鼻水を黄色く見せているのです。

つまり、黄色い鼻水が出ている状態は、何らかの細菌やウイルスに感染しているのだと考えられます。放置しておくと体調不良を助長させるほか、蓄膿症になってしまうおそれもあります。蓄膿症は治療がしづらい症状でもあるので、早めの対処が必要です。

緑色の鼻水

緑色の鼻水は、黄色の鼻水が出る状態から、さらにウイルスや細菌の攻撃が進行している状態のときに見られます。細菌やウイルスの量が増えると、必然的に死骸や壊れた白血球が増えますが、それらが増えると黄色の鼻水から緑色の鼻水へと変化していきます。もし緑色の鼻水が続くようなら蓄膿症になっていたりする可能性もあります。

茶色い鼻水

茶色い鼻水は、主に鼻の粘膜から出血したときに出ます。風邪などで鼻の粘膜が弱まると、もともと細い鼻の粘膜の血管は切れやすくなります。出血したばかりのときは赤い色をしていますが、出血してから時間が経つと黒っぽい色になり、それが鼻水と混ざることで茶色っぽく見えます。

鼻の粘膜は切れやすい一方で回復も早いため、出血も止まりやすく、茶色い鼻水もあまり長く続くことはないでしょう。しかし茶色い鼻水も長引くようならば、やはり注意が必要です。緑色の鼻水のときと同様に、副鼻腔炎や蓄膿症になってしまっている場合があります。

こんな鼻水は要注意!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

透明でさらっとした鼻水を流しているうちは、温度管理や清潔、または適切な治療を受けるなどに気をつけて対応すれば大きな体調不良を招くことは少ないでしょう。しかし同時にいつもと違う様子が見られたら、次のような病気の可能性もあるので注意が必要です。

腫瘍の可能性がある場合

鼻の中の出血は、風邪などによる鼻炎だけでなく、鼻の奥にあるガンなどの腫瘍が原因かもしれません。鼻腔内の腫瘍は、特に鼻の長い犬種に多く発生しやすいといわれています。茶色い鼻水が続く場合は早めに動物病院で相談し、場合によっては鼻の奥の検査を検討しましょう。

また、鼻の奥ではなく、歯周病の悪化が原因で歯ぐきに菌が蔓延してしまい、鼻血や膿が出ることがあります。このような症状が出たときも、身体検査、レントゲン撮影などで詳しく調べる必要が出てきます。

いずれにしても、病気が悪化すると全身に影響を与えてしまうので、早めに動物病院へ連れて行きましょう。特に子犬が鼻水を垂らしているときは、他に目立った症状が無くても、念のため獣医師に相談すると良いでしょう。

飼い主さんができる予防法と対策

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の鼻水の原因は一つではありません。鼻水の予防対策としては、まずは適切な温度管理、さらにこまめに掃除をして、清潔な清潔環境を守りましょう。特に冬の寒い時期や、花粉などで空気がほこりっぽくなる時期は注意してあげてください。

初めはサラサラとした透明の鼻水でも、後に症状が悪化してドロっとした鼻水に変化することもあります。鼻水の変化は健康のバロメーターでもあるので、いつもと違う様子が見られたら、油断することなく動物病院へ相談してくださいね。生活環境を清潔に保つことは、愛犬の鼻水の原因予防にはもちろん、飼い主さんの健康対策にもなりますよ。

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る