1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 犬が「ガツガツ」早食いをするリスク

犬と暮らす

UP DATE

犬が「ガツガツ」早食いをするリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛犬がごはんを食べてくれないという状況よりも、毎食しっかり食べてくれる状況の方が飼い主さんとしては嬉しいことかもしれません。

しかし、ごはんを食べるスピードがあまりに早く、一気にガツガツと食べ物を飲み込んでしまう「早食い」の習慣がある犬には病気のリスクなどがあるそうです。

「犬が早食いをするリスク」について、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に話を聞きました。

犬の早食いとは?

犬が「ガツガツ」早食いをするリスク いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬の「早食い」とは、食べ物の咀嚼をしたり、小休憩したり、顔を器から離すことなくガツガツと一気に完食する食べ方のことをいいます。

犬種によって早食いをしやすい傾向がみられることも

犬が「ガツガツ」早食いをするリスク いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬の食べるスピードについては、犬の性格や体調、食への興味などによっても異なるので一概にはいえませんが、一般的にビーグル、レトリーバー種、テリア種、ブルドッグ種は、早食いをする犬が多くみられる傾向があります。

この理由としては、これらの犬種が食欲旺盛で、食事に執着する性質の子が多いからだと考えられています。

犬の早食いは健康に関わる問題が起こることも

小型犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬がごはんを早食いすると、食べる際に空気を飲み込みすぎることで胃がびっくりして嘔吐をしてしまったり、喉や食道に食べ物を詰まらせてしまうといったリスクがあるなど、早食いは健康に関わる問題が起こる可能性があります。

愛犬が早食いをする場合の対処法

パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
もし、愛犬に早食いをする習慣がみられたら、そのままにせず早食いの対策を検討しましょう。

対処法としては、たとえば、
  • 早食いを防止する食器を使用する

  • フードを水に浮かべることで食べにくくする

  • 知育トイを用いてゆっくり食べさせるようにする

などの方法があります。

また、同居犬がいて早食いをしている場合は、食器を近くに置いたり並んで食べさせるのではなく、それぞれの食事をする場所を分けるなどの工夫をすることで、「ごはんを誰かに取られてしまう」という心配を愛犬にさせることなく、お互いが安心した気持ちで食事の時間を迎えることができるようになります。

愛犬の早食いが気になる飼い主さんは参考にしてくださいね。
(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・岡本りさ先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る