1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 「老いていく愛犬への接し方」について考える 老いに気づくサインとは

犬と暮らす

UP DATE

「老いていく愛犬への接し方」について考える 老いに気づくサインとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「犬の寿命は人よりも短い」ということは十分にわかっていても、実際に愛犬が老いていく様子に対して、どう接してどうサポートしたらよいのか、戸惑いを感じる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

「愛犬の老いと接し方」について、いぬのきもち獣医師相談室の丸山知美先生に話を聞きました。

愛犬の老いに気がつくサインがある

老いていく愛犬への接し方について考える
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
シニア期を迎えた犬たちは、見た目は元気でイキイキしていているようにみえても、加齢によって体にいろいろな症状が出てきます。

たとえば、普段より食が細くなった、食べるのが遅くなった、お散歩がゆっくりになった、散歩に行きたがらない、寝ている時間が増えた、床で滑りやすくなった、段差の上り下りがしにくくなったというような変化もみられるようになるでしょう。

加齢による犬の目の見えにくさは、飼い主さんが気がつきやすい変化といえますが、音の聞こえにくさは気がつきにくい飼い主さんが多いように感じます。

生活音のなかで犬の耳が動くのは「音が聞こえているサイン」でもありますが、愛犬の耳が動かなくなってきたら聞こえにくくなってきているサインかもしれませんね。

愛犬の老いを感じたときにできること

老いていく愛犬への接し方について考える いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬の「老い」を感じたとき、飼い主さんができるサポートとしては、食べるものを柔らかくしたり温める、食器を置く位置や高さを変える、安心できるベッドを準備する、関節や首に負担のかかりにくいハーネスなどにする、滑りにくい素材の床にするなどの方法もよいですね。

今は、ペットのシニアフードやシニアケア用品がとても充実しています。これからやってくるシニア期に備えて、飼い主さんが事前にリサーチをしておくこともよいと思います。

愛犬の老いとどう向き合っていくべきか

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
老いていく愛犬に対して、いつの日かやってくるお別れについても向き合わなければならないタイミングがあるかと思います。

犬の老いへの向き合い方として、全力で愛犬を愛してあげてほしいと思います。また、愛犬の困っていることにできるだけ耳を傾けてあげてください。

そのコに適したお世話の方法はそれぞれ異なります。

人間もそうですが、年を重ねると少しずつ心や体に変調がみられることがあります。愛犬にとってできるだけ快適な空間と時間になるように、毎日の行動や変化を感じたらそのたびに対策を取ってあげられるとよいのではないでしょうか。

愛犬とのお別れは目を背けたいことではありますが、全力で愛することがいつの日かやってくるお別れに後悔がないように思います。

愛犬と一緒に過ごすことのできる時間を大切にしたいですね。
(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・丸山知美先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る