1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬にパンを与えるのはOK?栄養素や含有物から解説

【獣医師が解説】犬にパンを与えるのはOK?栄養素や含有物から解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽に食べることができて味も香りも魅力的なパンは、人にとって主食のひとつです。しかし犬にとっても魅力的なのでしょうか?今回は、犬にパンをあげることの是非や与える際の注意点、食物アレルギーにくわえて、おすすめパンのレシピもご紹介します。

犬にパンを与えるときには注意が必要!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

時間が無く慌ただしい朝は、手軽においしく食べられるパンを朝食にするといった方も多いと思います。最近では食パンだけでなく、菓子パンや総菜パン、米粉を使ったパンなど、さまざまな種類を楽しむことができるので、オヤツ代わりにパンを食べている人もいるでしょう。

そして、香ばしく焼きあがったパンのニオイにつられた愛犬に、パンをおすそ分けする飼い主さんもいますよね。しかし人が食べているパンをそのまま犬に与えるには、いくつか注意点があるのをご存知でしょうか。

与えてはいけないパンの種類

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

調理パン・総菜パン

サンドイッチや焼きそばパン、ホットドッグ、ピザパンなど種類も豊富で、コンビニなどで購入して朝食や昼食に食べる方も多いでしょう。人にはおいしく手軽に栄養が取れる調理パンと総菜パンですが、犬にとって危険な食材が含まれていることが多いので注意が必要です。犬が中毒症状を引き起こす恐れのある「タマネギ」も、よく使われている食材の一つです。サンドイッチやピザパン、カレーパンなどに使われていることが多いですよね。カレーなどに含まれる香辛料も胃腸に刺激を与え、嘔吐、下痢などを引き起こすことがありますので注意が必要です。

また、焼きそばパンやホットドッグ、ハンバーガーなど味の濃いパンも与えるのはやめましょう。調理をする過程で油分や塩分、調味料などを多く含んでいるうえ、ハンバーグには先にあげたタマネギが入っている可能性大です。

菓子パン

菓子パンは、あんこやクリーム、ジャムにチョコレートなどをパン生地で包んだり、パンに詰め込んだりした、人にとって魅力的な食品ですよね。メロンパンやクリームパン、チョココロネ、シナモンロール、アップルパイなど、甘いものが多いのが特徴です。

菓子パンには糖分が多くカロリーも非常に高い傾向にあり、菓子パンに使われることの多いチョコレートやココアの中には「テオブロミン」という成分が含まれています。テオブロミンを犬が摂取すると中毒症状を起こし、嘔吐やけいれん、発熱、心不全をまねき、最悪死に至ることもあります。絶対に与えないようにしましょう。

パンの材料にも注意!アレルギーの恐れも

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

パンの原材料は、小麦粉・イースト菌・塩・砂糖・バターなどが一般的です。スーパーなどに並んでいるパンには、保存料が使われていることもあるでしょう。まず注目すべきなのが、塩や砂糖、バターです。ロールパンなどのシンプルなパンでも、風味を加えるために塩や砂糖、バターがふんだんに使用されています。

過剰な塩分や糖分、脂質を犬に与えてしまうと、心臓や肝臓、腎臓などに負担をかけ、糖尿病や歯周病、代謝異常などの疾患を引き起こす恐れがあります。そもそも人と犬は、体の構造が違います。人にはおいしいと感じられる塩分や糖分、脂質の量は、犬にとっては病気の原因になりかねないのです。

アレルギー源に注意な食材

一般的に犬の食物アレルギーとなりやすい食材は牛肉、チキン、ラムなどの動物性タンパク質、大豆、卵、乳製品、とうもろこし、小麦などとなっています。また、添加物やスパイスなどがアレルゲンとなることもあります。まずは獣医師にアレルギー検査をしてもらいましょう。アレルギーを持っている場合はその食材を避けるよう、注意しなくてはなりません。

与えても大丈夫なパンはあるの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

市販の調理パンや総菜パン、菓子パンを犬に与えることはNGですが、砂糖やバターなどを抑えて作るカロリー控えめの食パンならOKです。皮は固くて高カロリーなので取りのぞいてから、内側の白い部分を体重5kgの犬なら5cm角ほど与えましょう。

犬用のパンを手作りしよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

自然派志向の犬用パン

【材料】
・小麦粉(強力粉)・・・300g
・ドライイースト・・・6g
・オリゴ糖・・・大さじ1
・豆乳・・・200㏄
・エキストラバージン オリーブオイル・・・大さじ1

【作り方】
1. ボウルに小麦粉、ドライイースト、オリゴ糖、オリーブオイルを入れ、豆乳を注ぎ込みながら混ぜます。固まりになったら手で折りたたんだり、ボウルの底に叩きつけたりしながら15分程度こねましょう。
2. 生地がなめらかになり薄く伸びるまで引っ張ることができたら、生地をまとめて休ませます。ボウルにラップをかけ、1時間ほど室温で一時発酵させましょう。
3. 休ませていた生地が2倍程度まで膨らんだら、広い場所に小麦粉を敷いてガス抜きのためつぶします。8等分に切り分けて丸めたら、その上にぬれ布巾をかけてさらに15分ほど休ませます。
4. 15分経ったらもう一度つぶして、丸め直しながら形を整えます。
5. 再び室温で30分程休ませ、二次発酵させましょう。
6. 最後は180℃のオーブンで20分程度焼いて完成!

パンケーキツリー

【材料(直径6cm×高さ10cm 1個分)】
・小麦粉・・・50g
・卵(L)・・・1個
・イチゴ・・・1/4個
・ブルーベリー・・・3粒
・ラズベリー・・・1個
・スキムミルク・・・適量
・ヨーグルト(1~2時間水切りしたもの)・・・15g
・エキストラバージン オリーブオイル・・・大さじ1/2
・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)・・・小さじ1/2

【作り方】
1. 卵とオリーブオイルを混ぜ合わせ、小麦粉ベーキングパウダーを振るい入れます。
2. 1をダマが無くなるまで混ぜ合わせます。
3. テフロン加工のフライパンを熱し、ぬれ布巾の上に乗せて2の生地を流し込みます。
4. フタをして再び火にかけ、表面に気泡ができたらひっくり返しましょう。その後、両面に焼き色が付くまで焼きます。
5. サイズ違いの星型を用意し、大2枚・中2枚・小1枚にくりぬきます。
6. パンケーキとヨーグルトを交互に重ね、ラズベリーを乗せます。周囲にブルーベリーとイチゴを散らし、仕上げにスキムミルクを振れば完成!

犬にパンを与える習慣がなければ無理に与える必要はありませんが、気分転換やお祝いごとのときに作ってみるのもおすすめですよ。繰り返しになりますが、少量の食パンだったらOK。しかし、その他のパンは与えないほうが無難です。どうしても与えたいときは、原材料の分かる手作りパンがおすすめですよ!

出典元/『いぬのきもち』2017年3月号「ふだん使いの健康食材 犬に与えてOK?NG?」(監修:高橋一哉先生)
    『いぬのきもち』2017年5月号「愛犬の栄養学辞典」
    『いぬのきもち』16年6月号別冊『手作りレシピBOOK』(レシピ考案:いちかわあやこ先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る