1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬のおやつにバナナは大丈夫? バナナの栄養素をチェック!

犬と暮らす

UP DATE

犬のおやつにバナナは大丈夫? バナナの栄養素をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘くておいしいバナナは、幼い子どもからお年寄りまで、多くの人に人気のある果物ですよね。季節を問わず店頭に並び、手頃な価格のバナナは、犬のおやつにもおすすめです。この記事では、バナナに含まれる栄養素やバナナを犬に与える際の注意点などを紹介します。

バナナに含まれる栄養素とは?

バナナで遊ぶ りくくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

バナナは人だけでなく、犬にとっても体に良い栄養素をたくさん含んでいます。

タンパク質

体をつくるとされるタンパク質は、筋肉や骨のほか内臓などに必要な栄養素です。特に成長期の犬は、タンパク質を多く必要とします。

カリウム

ナトリウムや老廃物の排出を促す働きをもつカリウムは、犬が生きていくために必要不可欠なミネラルの1つです。

マグネシウム

マグネシウムは、体内で補酵素としての役割をもつミネラルの1つ。エネルギー代謝や神経伝達、筋肉収縮には欠かせない成分です。

ビタミンB1 ビタミンB6

不足することによって、疲労回復に支障をきたしたり、皮膚や毛つやを悪くしたりすることがあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変換する働きをもちます。

ナイアシン

ナイアシンは、皮膚の健康維持には欠かせない栄養素です。主に、セラミドの合成を促す働きをし、皮膚を乾燥から守ります。

葉酸

神経組織の発達の手助けをする葉酸は、貧血予防にも効果があります。

食物繊維

便秘や肥満などを予防するとともに、お腹の調子を整えます。

ポリフェノール

歯周病予防が期待できる栄養素。抗菌化作用もあるため、特にシニア犬に摂取してもらいたい成分です。

バナナを与えるときの注意点

バナナ くーちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にとってプラスとなる栄養素をたくさん含むバナナですが、犬に与える際は注意も必要です。

カロリーオーバーに注意!

バナナ1本のカロリーは、およそ80~90カロリーです。そのため、犬にバナナを1本を与えるとカロリーオーバーになってしまします。そこで、1回で与える量の目安は、「バナナ1/4本(20g)程度」と、頭に入れておいてください。
なお、バナナを与えるときは、その分ドックフードの量を減らして、カロリー調節が必要になります。

また、同じバナナでも、バナナチップスやバナナケーキなどは砂糖や油が大量に使われているので、犬に与えてはいけません。

バナナアレルギーに注意!

バナナは、アレルギー反応が出にくい食材といわれています。しかし、タンパク質が含まれているため、アレルギーが100%出ないとはいえません。与えた際に皮膚を痒がったり、下痢や嘔吐などの症状が出たりした場合は、すみやかに獣医師の診察を受けましょう。

犬が食べられる果物・食べられない果物

いちごを食べる クレアちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が食べられる果物には、りんご、いちご、柿、梨、メロンなどがあります。そのほか、アセロラやクランベリー、アサイー、カシスなども与えて大丈夫です。ただし、与える量によってはお腹を壊すこともあるので、与えすぎには注意してください。

一方、犬が食べると危険な果物には、ブドウやレモン、グレープフルーツ、イチジクなどがあります。犬にとって危険な果物もあるということを覚えておきましょう。

栄養価が高くおいしいバナナは、犬のおやつにもピッタリです! 今日のおやつにいかがでしょうか。

いぬのきもち WEB MAGAZINE|【ペット栄養管理士が解説】犬にバナナをあげてOK?

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【ペット栄養管理士が解説】犬にバナナをあげてOK?バナナの効果とは』(監修:獣医師 ペット栄養管理士 酪農学園大学准教授 佐野忠士先生)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る