1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. 獣医師監修|犬のてんかんとは?発作の種類や症状、原因、治療法など解説

犬と暮らす

UP DATE

獣医師監修|犬のてんかんとは?発作の種類や症状、原因、治療法など解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のてんかんとは、どのような病気なのでしょうか? 今回は犬のてんかんの原因や症状、注意点をはじめ、検査法や治療法、予防法などについて解説します。てんかんは一生付き合っていく必要のある病気ですから、正しい知識をもって対処しましょう。

この記事の監修

犬のてんかんってどんな病気?

Mix小型犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

てんかんとは、脳の神経細胞が突然過剰に放電することで起こる、けいれん・発作を繰り返す脳の病気のことです。

もともと、犬の脳の神経細胞には、興奮を伝える細胞(興奮性神経細胞)と興奮を抑える細胞(抑制性神経細胞)があり、通常はお互いにバランスを取り合って情報を伝達しています。しかし、何らかの異常でそのバランスが乱れると過剰な放電(興奮)が起こり、てんかん発作の症状が見られるようになるのです。

なお、てんかん発作は、脳が原因で起こるけいれんや発作のこと。脳以外の原因で起こるものはてんかん発作ではなく、単にけいれん、けいれん発作、発作といいます。低血糖が原因であれば、低血糖性けいれんです。

けいれん(痙攣)とは?

てんかん発作を起こすと手足がガタガタと震えることがよくあります。この症状がけいれん(痙攣)です。

ただし、けいれんはてんかん以外の病気でも見られる症状であり、また、てんかんをもつすべての犬にけいれんの症状が見られるとは限りません。

犬のてんかんの原因

トイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬のてんかんには大きく分けて2つの原因があるとされ、原因によって以下のように分類されます。

特発性てんかん

「特発性てんかん」とは、検査上では異常が見られないのにもかかわらず、てんかん発作を周期的に起こしてしまう病気です。原因は明らかではないものの、遺伝的要素が強いと考えられており、音や光、ストレスなど外的刺激が引き金となることも。ほかにも「原発性てんかん」「真性てんかん」「本態性てんかん」と呼ぶ場合もあります。

症候性てんかん

「症候性てんかん」は、頭部の外傷、脳炎や脳腫瘍、水頭症など、脳の病気や脳の奇形が原因でてんかん発作を繰り返し起こします。「二次性てんかん」「続発性てんかん」「反応性てんかん」と呼ばれることもあります。

犬のてんかん発作の症状(症例動画つき)

日本スピッツ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

てんかん発作のあらわれ方は犬によって異なりますが、最初は突然鼻を鳴らしながらクルクルと歩き回ったり、ソワソワするなどの前兆が見られ、その後けいれんするなどのてんかん発作を数秒~2、3分程度繰り返し、回復するといったケースが多いです。
回復後は、意識がもうろうとしたり、ぐったりしたりするほか、呼吸が荒く落ち着きなく歩き回ったり、急にご飯を食べだすなどという様子が見られるでしょう。

なお、犬のてんかん発作は、症状の出方によって「全般発作」と「部分発作」という型に分類されます。

全般発作

全般発作とは脳の全体が異常に興奮している状態で起こる発作で、主に以下のような症状が見られます。

全般発作の症状

  • 意識を失い倒れ、体がのけぞるように突っ張る(強直発作)

  • 意識を失い倒れ、手足のけいれんや空中で足かきの動作(遊泳運動)が続く(間代発作)

  • 強直発作のあとに間代発作を起こす、また強直発作と間代発作の症状が混ざる

  • 短時間の脱力や意識消失 など

部分発作

部分発作は脳の一部のみが異常に興奮しているときに起こる発作です。部分発作の症状としては、以下のようなものが考えられます。

部分発作の症状

  • 顔面や前足など、部分的なけいれんを起こす(運動発作)

  • 一点をじっと見つめる、口をくちゃくちゃする、ハエを追うように空中を噛む、短時間だけ攻撃的になる(性格の変化)などの行動異常(行動発作)

  • 落ち着きがなくなる、よだれを多量に垂らす など

「重積発作」や「群発発作」はとくに注意が必要

先述のとおり、通常このようなてんかん発作は長くても2~3分程度で治まりますが、まれに5~10分以上継続することもあります。これを「重積(じゅうせき)発作」といい、脳などへの後遺症のリスクが高まるほか、さらに長く続けば命を落とす危険もあるため注意が必要です。
また、24時間以内に2回以上てんかん発作が起こる「群発発作」も緊急性の高い発作といえますので、すぐに動物病院を受診してください。

てんかんの症例動画(閲覧注意)

以下でご紹介する動画には、動物好きなかたには辛い映像が含まれていますが、愛犬にてんかん発作の可能性がある場合や、現在愛犬のてんかんの投薬治療を行っているかたなどへの参考となればと思いご紹介します。閲覧はご自身の責任で十分にご注意ください。

ジャック・ラッセル・テリアのてんかん発作

なお、投稿されたかたによると、こちらの動画は動物病院で説明するために撮影したもので、現在は薬により発作は治まっているとのことです。

犬にてんかん発作が見られたときの注意点

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がてんかん発作を起こした際は、以下のようなポイントに注意しましょう。

前兆があれば見逃さないようにする

クルクルと家の中を歩き回る、急に不安そうに甘えてくる、分離不安のような状態が強くなる、口からよだれが垂れるといった症状は、てんかん発作の前兆の可能性があります。すぐに冷静な対処ができるよう、愛犬の様子をよく観察するようにしてください。

まわりに危険なものがないか確認する

てんかん発作の前兆が見られたら、階段に続くドアを閉めたり、ぶつかってケガをするおそれのあるものを移動させたりするなどして、事故やケガを防ぎましょう。なお、一度てんかん発作を起こしたことのある犬の場合は、障害物になりそうなものを片付けるなど、日常的に愛犬が過ごすスペースの安全を確保することが大切です。

犬の体に触らない

愛犬に意識がないときや錯乱状態になっているときに、むやみに手を出すと噛まれる危険性があります。また、発作が治まった後に大きな声を出したり、愛犬を起こそうと名前を呼びながら体を揺らしたりすると、脳を刺激させてしまうおそれもあるので、まずは冷静に愛犬の様子を見守ってください。

獣医師に相談できるように状況をメモしておく

愛犬がてんかん発作を起こしたときは、できるだけ明確に発作の様子を獣医師に伝えるためにも、辛いですがスマートフォンなどで動画を撮影しておくことをおすすめします。それが難しい場合は、発作の長さや発作が起こった時間帯・状況、発作の様子などを、わかる範囲でメモしておきましょう。
また、てんかん発作は、天候や気圧の変化と関連しているともいわれているので、その日の天気や愛犬の様子などを記録しておけば、治療の手助けになる場合もあります。

犬のてんかんの診断法と治療法

Mix犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬のてんかんの診断法(検査法)

まずは、問診や身体検査、発作の様子を撮影した動画などをもとに、それが何らかの発作であるかどうかを判断します。そして、何らかの発作である可能性が高い場合は、発作の原因が脳にあるのか、脳以外にあるかを調べるため、血液検査や神経学的検査、レントゲン検査、超音波検査など必要に応じて検査を行うことが一般的です。

これらの検査で原因が特定できない場合や、頭蓋内疾患が疑われる場合は、MRI検査や脳脊髄液検査などを実施し、その結果、とくに何も異常が発見されなかった場合は「特発性てんかん」、異常が認められた場合は「症候性てんかん」と診断します。

しかし実際のところ、MRI検査にはコストの問題や全身麻酔のリスクがあることなどから、発作以外の神経学的な異常がなく、かつ脳以外の異常が認められなかった場合は、「特発性てんかん」と仮診断して治療を始めるケースも少なくないようです。

犬のてんかんの治療法

「症候性てんかん」の場合は、それぞれの原因に応じて内科治療や外科治療を行います。

一方、原因不明の「特発性てんかん」では、抗てんかん薬によって症状の頻度や発作の程度を少なくし、脳へのダメージを抑える治療を行います。

抗てんかん薬を使用する際の注意点

抗てんかん薬による投薬治療は一生続き、継続することで効果が出る治療です。投薬を忘れてしまう、あるいは、しばらく発作が起きなかったからといって飼い主さんの判断で勝手に減薬や断薬すると、大きな発作が起こる危険性も。抗てんかん薬を与えるときは、必ず獣医師の指示に従うようにしてください。

ちなみに、犬に用いられる主な抗てんかん薬としては、ゾニサミド、臭化カリウム、フェノバルビタール、ガバペンチン、ジアゼパムなどがあります。どの薬が愛犬に合うのかは、ほかの薬との組み合わせなど試してみないとわからないことが多く、肝臓に負担がかかるなど薬の副作用が出る場合もあるので、獣医師とよく相談することが大切です。

なお、投薬後に興奮が激しくなったり、発作の時間が長引くようになったりしたら、すぐに獣医師に相談しましょう。

犬のてんかん発作の予防法

Mix
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

てんかん発作の最大の予防法は、計画的な投薬治療で発作を抑えてコントロールしてあげることです。

また「特発性てんかん」の場合は、生活環境を整備することで余計なストレスを減らし、引き金となる音やニオイ、光などを愛犬から遠ざけてあげることも、予防につながる可能性があるでしょう。

犬のてんかんは落ち着いて対処しよう

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

このようにてんかんは、長く付き合っていかなければならない病気です。愛犬が発作を起こしたときに冷静に対処し、その後もきちんと治療を続けていけば、薬でコントロールできるようになるケースも珍しくありません。愛犬がてんかんと診断されると、最初は戸惑うかもしれませんが、獣医師に相談しながら前向きに付き合っていくことが大切です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A(脳、脊髄、神経)」

監修/石田陽子先生(石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る