1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. もし愛犬がてんかんと診断されたら|てんかんで処方される薬について

もし愛犬がてんかんと診断されたら|てんかんで処方される薬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が突然発作を起こしても、すぐにてんかんと診断されるわけではありません。繰り返してんかんと思われる発作の症状が続いて初めて、てんかんと診断されます。犬のてんかんの原因はわからない場合も多く、一生薬と付き合っていく完治が難しい病気です。しかし、薬が効けば症状のコントロールを行うことができます。もし、てんかんと診断されたら、飼い主さんは、愛犬をしっかり観察しましょう。今回は犬のてんかんについてご紹介します。

犬の「てんかん」とは

いぬ・ねこのきもちアプリ

てんかんとは脳の神経回路がショートしてその電気的ショートが周囲の神経回路に広がってしまう状態のことを示し、その結果として生じる身体的な症状を「てんかん発作」といいます。てんかんの症状としてよく知られているのが「けいれん」です。てんかん発作が起きると多くの犬は四肢が急に硬直してしまい、犬かきや走るような動作をしながら横に倒れて全身性のけいれんを起こします。

発作の前兆としてヨダレをだらだら垂らす、けいれんと同時に意識がなくなる、無意識のうちに失禁する、口から泡を吹いたりする症状がみられます。初めての発作を目の当たりにすると、飼い主さんもパニック状になってしまうかもしれませんが、体を揺すって起こそうとしたり、犬を興奮させずに、まずは冷静に犬の様子を見守ること、発作の時間を記録することが大切だと覚えておいてください。

1度だけの発作ではてんかんとは言えません。てんかんは、さまざまな原因によっててんかん発作を繰り返す起こす脳の病気です。全身性のけいれんだけなく、からだの一部分だけの部分的な発作や顔面がピクピク動く人間のチックのような症状もあるので、飼い主さんの観察が、発作の状況を把握するためにも大切です。

てんかんの原因の種類

いぬ・ねこのきもちアプリ

てんかんの発作にはいくつかの種類があり、発作が起こる原因も異なります。

一般的にてんかんと呼ばれる発作「特発性てんかん」

一般的に「てんかん」と呼ばれているものは「特発性てんかん」に分類され、原因は不明でてんかん発作が周期的に起こります。特発性てんかんは、遺伝的要素が強いと考えられており、音や光、ストレスなど外的刺激が引き金となることがあるので飼い主さんは注意が必要です。獣医師によっては、原発性てんかん、真性てんかん、本能性てんかんと呼ぶ場合もあります。

明らかに脳の原因が疑わしいてんかん「症候性てんかん」

「症候性てんかん」は、頭部の外傷、脳炎や脳腫瘍、水頭症など脳の病気や脳の奇形が原因でてんかん発作を繰り返し起こします。獣医師によっては、二次性てんかん、続発性てんかん、反応性てんかんと呼ぶ場合もあります。

画像診断の技術で使われなくなってきている「おそらく症候性てんかん」(旧潜因性てんかん)

獣医学の進歩で最近は、てんかんの種類としてはあまり使われなくなった「潜因性てんかん」もてんかんの種類の1つです。原因が不明の特発性てんかんが疑われたが、検査をしてもわからず、死亡後に解剖を行ってみたら脳に原因不明の損傷があり「症候性てんかん」と診断されるケースです。近年MRIなどの精密な画像診断で早期に脳の損傷を確認できる正しい診断ができるようになりました。

てんかん発作の症状例(動画)と発作が起きたとき飼い主がすべきこと

いぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬がガクガクと震えだし、初めてけいれん発作を起こした時は、その症状に驚いてショックを受けてしまうかもしれません。てんかんなのか他の病気なのか、獣医師に判断してもらうためにも、辛いですが発作の様子から目を背けずに時間や発作の程度を記録しておくか、スマートフォンで動画を撮影しておくことが、治療への第一歩となります。

今回ご紹介する動画には動物好きな方には辛い映像が含まれます。もしもの時のため、愛犬にてんかん発作の可能性がある場合、現在てんかんの投薬治療を行っているワンちゃんの飼い主さんなどへの参考となればと思います。閲覧はご自身の責任で十分にご注意ください

ジャックラッセルテリアのてんかん発作

https://www.youtube.com/watch?v=zjsB4DNa65E
なお、投稿された方によると、こちらの動画は動物病院で説明するために撮影したもので、現在は薬により発作は治まっているとのことです。

てんかんの症状

てんかんはかかりやすい犬種の傾向があるともいわれますが、若い犬から老犬まで、起こる可能性のある病気です。てんかんの症状は犬によって異なりますが、その多くが、鼻を鳴らしながらクルクルと歩き回るといったアウラと呼ばれる前兆の後、体を硬直させて意識を失い、排尿をしてヨダレを垂らしながら断続的にひきつけや犬かきの様な動作を1〜5分程度繰り返し、その後回復します。回復後は、ぼーっとしていたり、呼吸が荒く落ち着きなく歩き回る、あるいはぐったりするという行動がみられます。

その他には、虫を捕まえるような動作(ハエ咬み)、首を驚いた時のように上下させる、手足や顔といったからだの一部だけがけいれんするという部分的な発作(焦点性発作)もあります。

愛犬にてんかん発作が起きたとき飼い主がすべき対処法

通常はてんかん自体が命に関わる病気ではありません。しかし、てんかんは発作を繰り返す群発発作や発作重積と呼ばれるより頻度が増え、大きな発作が長く続く状態となると、愛犬の寿命にも関わってくる病気です。愛犬がてんかん発作を起こした際は、迅速かつ正確な対処が求められます。

・前兆があれば見逃さないようにする
クルクルと家の中を歩き回る、急に心配そうに甘えてくる、分離不安のような状態が強くなる、口からよだれが垂れるといった症状は、てんかん発作の前兆(アウラ)の可能性があるので、発作に備えて階段へのドアや開いている扉を閉め、ぶつかって怪我をする可能性のあるものを移動させ、転落などの事故をできる範囲で防ぎます。

・発作後は冷静に見守る
大きな声を出したり、愛犬を起こそうと名前を呼んで興奮させることも脳を刺激させるため冷静に見守りましょう。

・愛犬の身体には触れない
発作中に意識がない愛犬や錯乱状態になっている場合、手を出すと噛まれる危険性もあります。

・近くに危険なものがないか確認し、愛犬の周りの安全を確保する
てんかん発作中は、愛犬が思いもよらない行動をとることがあるので、日常での発作はもちろん、お留守番中のてんかん発作に備えて、事故や怪我を防ぐために、障害物をどかすなど、愛犬が過ごすスペースの安全を確保しましょう。

・獣医師に相談できるように、状況をメモしておく
どの程度の発作が起きているかを獣医師に伝えるためにも、発作の長さや時間、どのような状況で起こったか、全身性のけいれんなのか部分的なけいれんなのかなど、わかる範囲でメモをしておきましょう。てんかん発作は、特に天候や気圧の変化と関連しているともいわれているので、その日の天気や愛犬の様子などを記録しておけば、治療の手助けになるかもしれません。

発作が起こった時は、辛いですが、愛犬の治療のためにスマホで動画を撮影しておくのが一番簡単でおすすめの方法です。

愛犬が急に発作を起こした際には、上記した点について気を配りましょう。愛犬が苦しむ様子に「何かしてあげたい」と思うことは飼い主さんとして当然なことですが、まずは冷静になって対処することが、愛犬の命を救う手立てになります。もし愛犬の発作が長引いたり、意識が戻らないうちにまた発作を繰り返した場合は、一刻も早く動物病院へ連れて行きましょう。治療が遅れることで障害が残ったり、場合によっては命を落とすこともあります。

てんかんの診断と治療法

いぬ・ねこのきもちアプリ

てんかんの診断方法としては、全身性の疾患を判別し除外するために血液検査を実施します。もし頭蓋内疾患が疑われる場合は、MRI検査を実施することもありますが、てんかん発作の原因が病気によるものだとわかれば、その病気の治療を優先的に行います。

てんかん発作に対しては、発作の頻度を減らす薬を使って対処します。もし投薬後に興奮が激しくなったり発作の時間が長引くようなら、獣医師にすぐに相談してください。特発性てんかんを患っているときは、犬の体質に合わせた抗てんかん薬を探りながら投与して治療することもあります

てんかんの発作を減らす薬、投薬治療について

てんかんの種類によっても治療方法は異なりますが、明らかに脳に原因のある「症候性てんかん」で、脳圧が高くなることで発作を起こす場合は、脳圧を下げる薬や脳の炎症を抑える薬を使用します。原因不明の「特発性てんかん」では、抗てんかん薬によって、症状の頻度や発作の程度を少なくしてダメージを抑える治療となります。

てんかんと長く付き合うための投薬治療の注意点

抗てんかん薬の投薬治療は一生続き、継続することで効果が出る治療です。投薬を忘れてしまったり、しばらく発作が起きなかったからといって飼い主さんの判断で医師の指示なく勝手に減薬や断薬すると、大きな発作が起こる可能性があるので注意してください。症状によっては発作を抑える座薬を使うこともあります。

抗てんかん薬は下記のようなものがあります
・フェノバルビタール
・臭化カリウム
・ジアゼパム
・ゾニサミド
・コンセー
・ガバペンチン

どの薬が愛犬に合うのかは、他の薬との組み合わせなど試してみないとわからないことが多く、肝臓に負担がかかるなど薬の副作用がある場合もあります。

てんかん発作の予防法

いぬ・ねこのきもちアプリ

てんかん発作を予防することは、一般的には難しいとされています。しかし特発性てんかんの場合には、生活環境を整備することで余計なストレスを減らし、引き金となる音や匂い、光などを愛犬から遠ざけてあげるようにしましょう。最大の予防法は、犬のストレスを減らし、計画的な投薬治療で発作を抑えてコントロールすることです。

まとめ

もし急にてんかん発作が起きたとしても、落ち着いて対処すれば最悪のケースは防げるかもしれません。てんかん自体の完治は難しいですが、飼い主さんの日々の心がけが重要です。てんかん治療に不安を感じる方も多いですが、薬が効けば発作をコントロールできます。大好きな愛犬の発作を目の当たりにすることは辛いですが、少しずつで良いので、まずは病気を受け入れることから始めてみてください。

てんかんのほか、愛犬の病気には、長く付き合っていかなければならないものも。愛犬との暮らしのために、ペット保険への加入を検討してみてもいいでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(てんかん)」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A(脳、脊髄、神経)」

【獣医師が解説】犬が痙攣したときの正しい対処法とは|NG行動も

【獣医師監修】犬はどうして震えるの?その原因と対処法とは

出典元/『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(てんかん)」
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/maki

※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る