1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬にさつまいもはOK?アレルギーの有無や注意点とは

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にさつまいもはOK?アレルギーの有無や注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘くてホクホクなさつまいも、おやつ代わりに愛犬に与えている人も多いですよね。しかし、甘みが強い分、健康面に問題がないか気になりませんか?今回は、さつまいもに含まれる栄養素や効果、与え方の注意点や起こり得る健康被害などについて解説します。


目次

愛犬にさつまいもを与えている飼い主はどれだけいるの?

犬にさつまいもは与えてもOK?含まれる成分とその影響について

犬にさつまいもを与えることで得られる健康面のメリット

さつまいもの正しい与え方と注意点

アレルギーも?さつまいもの食べ過ぎで起こる健康被害とは

犬にさつまいもを与える際は量や与え方に注意!

愛犬にさつまいもを与えている飼い主はどれだけいるの?

膝に抱かれているミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

そもそも、愛犬にさつまいもを与えているという飼い主さんは、どのくらいいるのでしょうか?いぬのきもちアプリユーザーに、「さつまいもは愛犬に食べさせてもいいか、ダメかご存知ですか?」というアンケートを行ってみたところ、下記のような結果になりました。

犬にさつまいもを与えていいと思っている飼い主の割合

なんと9割以上のものアプリユーザーが、犬にさつまいもを与えても問題ない、と認識しているという結果が出ました! 栄養豊富で使い勝手も良く、ドッグカフェなどでさつまいもを使ったメニューも多いので、飼い主さんには身近な食材なのかもしれませんね。

犬にさつまいもは与えてもOK?含まれる成分とその影響について

ごはんを待つMix犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

では本当に、さつまいもは犬に与えても大丈夫な食材なのでしょうか?結論から言うと、与えても問題はありません。ただし、量や与え方に注意が必要で、犬によってはアレルギーなどの健康被害を起こす恐れがある食材でもあります。詳しくは後述しますが、まずはさつまいもに含まれる栄養素と働きについて確認していきましょう。

炭水化物

さつまいもの主成分である炭水化物は、体を動かすためのエネルギー源になります。疲労がたまっている犬には、ぴったりの栄養素ですね。

食物繊維

腸内環境を整え、排便を促す働きがあります。体内の老廃物の排泄も促してくれるので、デトックス効果も期待できます。

ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンE

抗酸化作用があり、細胞のサビつきや破壊を防いで体を若々しく保つのに効果的です。また、たんぱく質の代謝をサポートして免疫力を高め、ガンや皮膚病などを抑制する働きも期待できます。

カリウム

体にたまった塩分を排出する働きがあり、血圧を安定・維持してくれます。利尿作用もあるので、代謝が良くなる効果も期待できます。

ヤラピン

ヤラピンは、さつまいもを切ったときに出てくる白い液体で、樹脂の一種です。腸のぜん動運動を促す働きがあり、便秘の改善に効果的です。

クロロゲン酸

ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用とメラニンの生成を抑える働きがあります。

犬にさつまいもを与えることで得られる健康面のメリット

カメラを見つめる黒柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

体に良い働きをする栄養がバランスよく含まれるさつまいもですが、実際に犬に与えることで、健康面にどのような効果やメリットをもたらしてくれるのでしょうか?

整腸&便秘改善

排便を促進させる働きを持つ食物繊維とヤラピンの相乗効果により、慢性的な便秘を改善してくれます。また、胃粘膜を保護する働きもあるので、弱った胃腸の調子を整える効果も期待できます。

デトックス&アンチエイジング

デトックス効果のある食物繊維や、抗菌作用を持つクロロゲン酸が、体のサビの原因になる老廃物を排出するので、老化防止に効果的です。また、メラニンの生成を抑えてくれるので、色素沈着によるシミを防ぐ効果も期待できます。

免疫力アップ

さつまいもに豊富に含まれるビタミン類が、病原菌の侵入を防ぎ、皮膚や粘膜を強化してくれます。それにより、風邪などを引きにくくなる、術後や病後のケアや治癒が早くなるなどの効果が期待できます。

さつまいもの正しい与え方と注意点

朝を堪能する横顔のシベリアン・ハスキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

消化不良を起こすかどうかは個体差もありますが、さつまいもは基本的に調理してから与えた方が良い食材です。以下の点に注意して、愛犬が食べやすいようにさつまいもを加工してあげましょう。

さつまいもの与える頻度や適量は?

栄養豊富なさつまいもですが、100gあたりのカロリーはだいたい134kcal。糖質も多いため、与えすぎは体に良くありません。1日に与えていい量の目安は15g程度です。毎日与えるよりも、特別な日のおすそ分けとしてフードにトッピングしたり、おやつに与えたりするのが良いでしょう。

生と加熱、どちらで与えるのがいい?

生のさつまいもは消化に悪いため、下痢や嘔吐などの症状を引き起こしかねません。ゆでたり蒸したりしてやわらかくし、喉につまらない程度の大きさにカットしてから与えてください。また、さつまいもの皮は、生の実よりも消化しづらいものです。加熱する前に取り除いておきましょう。

さつまいもの加工品は与えても問題ない?

加工品でまず思い浮かぶのは焼きいもや干しいもですが、こちらは量やこげなどに注意すれば犬に与えても問題ありません。やけどさせないよう、冷ましてから与えましょう。一方、スイートポテトやさつまいもチップスなどのスイーツ系は、砂糖や油、洋酒など、犬の健康を損なう材料が使われている場合があるので、与えるのは避けてください。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「この野菜、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない野菜」

アレルギーも?さつまいもの食べ過ぎで起こる健康被害とは

目を大きく見開くチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

健康に良いとされるさつまいもですが、含まれている栄養素の中には、病気を引き起こす働きをしてしまうものもあります。さつまいもには以下のような健康被害が起こるリスクがあることを、頭に入れておきましょう。

アレルギー

さつまいもはアレルギーが発症しにくい食材といわれていますが、稀にアレルギー症状が出てしまう犬もいるようです。少量与えてみて、下痢や嘔吐、目の充血や肌のかゆみなどが見られる場合はアレルギーを疑い、動物病院をすぐ受診しましょう。ただ、食物アレルギーはすぐに症状が出ない場合もあるので、愛犬に何を与えたか、いつ・どのような症状が出たかの経過を残しておくことをおすすめします。

肥満

前述したようにさつまいもは、カロリーも多く含まれおり、糖質も少なくありません。大量に与えてしまうと肥満になり、他の病気を併発する恐れもあります。適正量はしっかり守り、与える頻度にも注意しましょう。

結石

さつまいもに含まれているシュウ酸は、カルシウムと結合することで膀胱結石(シュウ酸カルシウム尿結石)を引き起こす恐れがあります。皮をむいてゆでこぼす調理を行えば、シュウ酸はほぼ除去されるので危険性は低いですが、焼いもと蒸かしいもではシュウ酸を除去することはできません。一度結石になったことがある犬には、念のため与えるのは避けた方が良いかもしれません。

消化不良

食物繊維が豊富に含まれるさつまいもで消化不良? と思いがちですが、食べ過ぎると逆に消化不良を引き起こしてしまう恐れがあります。また、生で与えたり、カットしないまま与えたりすると、消化不良だけでなく窒息を起こす恐れもあるので注意してください。

犬にさつまいもを与える際は量や与え方に注意!

ごはんを食べている白柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

さつまいもは甘くておいしいので、甘味を強く感じる犬はよく欲しがります。可愛いからと与えすぎてしまうと、肥満や消化不良を引き起こし、さまざまな病気を併発しかねません。さつまいものリスクも考慮した上で、正しい量と加工の仕方で与えてあげてください。さつまいもを与えた後に体調を崩す場合は、放置せず、すぐに動物病院を受診してくださいね。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『この野菜、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない野菜』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/pigeon
※グラフは、「いぬのきもちアプリ」ユーザーアンケート、2018年3月調査より参照。
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る