1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 楽しそうな犬の歩き方に注意して! 実は病気やケガの可能性も

犬と暮らす

UP DATE

楽しそうな犬の歩き方に注意して! 実は病気やケガの可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日一緒に過ごしていると、犬の歩き方のクセがあっても見落としがちになってしまいます。愛犬の歩き方に違和感を感じたら、体に痛みが出ている可能性があるのでよく観察してください。今回は、犬の関節の病気についてご紹介します。

スキップ歩きをするクセが「膝蓋骨脱臼」だった

お散歩楽しいな♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「うちの子はお散歩の時、嬉しそうにスキップをして歩くの」と思っていたら、膝蓋骨が慢性的に脱臼を起こしていたというケースもあります。

膝蓋骨脱臼とは、外傷や先天的な異常によって、膝の関節のお皿(膝蓋骨)がずれてしまう症状をいいます。痛みがほとんどないものから、痛みや腫れを伴うもの、膝が動かず足を引きずって歩く、スキップをする、階段を嫌がるなど、症状はさまざまです。

膝蓋骨脱臼の対策と予防

朝のお散歩中の1枚
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の膝蓋骨脱臼は、ケガや事故でも起こりますが、小型犬や生まれつきのX脚、O脚の犬に多いです。脱臼の対策としては、床で滑らない工夫をする、飛び跳ねる動作をさせない、肥満予防などがあります。

体に痛みがない場合は、そのまま経過をみることが多いですが、犬の日常生活に支障が出ている場合は、お皿を元の位置に戻す手術を行う場合もあります。

お尻をフリフリして歩く犬が「股関節形成不全」だった

リラックス中のわんこ

「若い頃から腰をクネクネさせて歩いている」というクセが、実は股関節形成不全の症状だったということもあります。

股関節形成不全は、股関節がゆるみやすくなる病気で、レトリーバーなどの大型犬種に先天的に発症することが多いです。重症の場合の多くは、1歳頃までに発症しますが、シニア犬になって筋肉が落ちてきたことで症状がみられるケースもあります。

腰やお尻を左右に揺らすようにして歩く「モンローウォーク」は、股関節形成不全の有名な症状ですが、他にも後ろ足を引きずる、立ち上がりが遅いなどがみられます。

股関節形成不全の対策と予防

軽度の股関節形成不全の場合は、運動を制限して安静にさせ、関節にできるだけ負荷をかけないようにします。重度の場合は、抗炎症薬や鎮痛剤で痛みをやわらげたり、手術を行うケースもあります。

予防としては、症状が出ている犬を繁殖に使用しないこと、犬を肥満にさせないことが大切です。

犬の体の痛みや関節の病気に早く気がついてあげるためにも「愛犬に歩き方の変なクセがある」「最近歩き方が変わった」と感じたら、動物病院を受診しましょう。

いぬのきもち病気・症状データベース 膝蓋骨脱臼

いぬのきもち病気・症状データベース 股関節形成不全


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る