1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. なぜ? 改めて愛犬の犬種の特性を知っておくべき理由とは

犬と暮らす

UP DATE

なぜ? 改めて愛犬の犬種の特性を知っておくべき理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を迎え入れる際に、愛犬の犬種の特性を知っておくべきといわれることがありますが、この記事ではその理由をご紹介します。

犬の大きさは飼育に関わる重要なこと

なんで?犬種の特性を知っておくべき理由
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬を迎え入れる際に、成犬になったときの大きさを知ることは重要です。例えば、大型犬が十分に過ごせる住環境が整っていないにも関わらず、どれくらいの大きさかになるかを把握せず犬を迎え入れると、人も犬も不幸になってしまいます。

また、飼育にかかる費用も犬の大きさで大きく変わってくるため、これから候補となる犬を探す際は、その犬種がどれくらいの大きさになるのか、体重はどれくらいになるのかなどをしっかり確認しておきましょう。

犬種の歴史から性質を知るため

なんで?犬種の特性を知っておくべき理由
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の犬種は、世界中で800を超える多くの種類が確認されています。共に暮らそうとしている犬がどんな目的で作られた犬種で、どのような仕事をしていたのかなどを知ることはとても大切です。

犬種の歴史を知ることで、大まかな性質や本能的にどんな欲求を持っている犬なのかがわかるため、牧羊犬などの運動量が多い犬、人と一緒にいるのが好きな犬や共に作業をしたい狩猟犬、愛玩犬として室内犬に向いている犬などの犬種選びの参考になります。

しつけを行う際の参考となるため

なんで?犬種の特性を知っておくべき理由
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬種の特性は、しつけを行う際にも参考になります。例えば、素早いネズミを捕らえるために作られた犬種は、小さいものが自分の周りを動いたときに衝動的に捉える性質を持っています。

このため、小さなおもちゃで遊ぶ人間の子供と暮らす場合は、衝動性を出さないような環境作りやトレーニングを行う必要があります。

既に犬と暮らしている方も、しつけに役立つ犬種の特性を再確認しておくとよいでしょう。

生活スタイルにあった犬種選びをしましょう

犬の性質には個体差があり、育った環境によっても変わるため一概にはいえないものの、傾向はあるといわれています。

命ある犬との生活をするために、犬種選びはよく検討してから決めましょう。ただ可愛いという理由だけでなく、候補となる犬種の特性や性質の傾向から、飼い主さんの生活スタイルに合っているかをしっかり考えた上で家族に迎えることが、人と犬が幸せに暮らすために大切なことです。

(引用)犬種の特徴を知っておいたほうがいい理由

ライフスタイルと犬種選びのポイント2| いいな!犬のいる暮らしって…


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る