1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 【獣医師監修】犬にブルーベリーを与えるときは注意が必要。与えるメリットとデメリットを解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にブルーベリーを与えるときは注意が必要。与えるメリットとデメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーベリーにはポリフェノールや食物繊維など、犬の健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。犬に与えてはいけないぶどうは「ブドウ科」ですが、ブルーベリーは「ツツジ科」なので、犬がブルーベリーを食べても問題ありません。ただし、不溶性食物繊維が多く、カロリーも高めなので与える量には注意が必要です。

佐野 忠士 先生

犬にブルーベリーを与えるときは過剰摂取に要注意

たくさんのブルーベリー
BrianAJackson/gettyimages

犬に与えてはいけない食べ物のひとつに、ぶどうがあることを知っている飼い主さんは多いようです。形状が似ているからなのか、「ブルーベリーも犬に与えてはいけないのでは?」と思ってる飼い主さんも。
じつは、ぶどうはブドウ科、ブルーベリーはツツジ科。ぶどうとブルーベリーはまったく異なる食べ物で、ブルーベリーには犬に中毒を引き起こすような成分は含まれていません。

ブルーベリーには、抗酸化作用を持つアントシアニンやルテイン、ビタミンE、腸内環境の正常化や便秘の解消、デトックスなどに役立つ食物繊維などが多く含まれています。いずれも犬の体を病気や老化の原因から守る働きが期待できるものなので、愛犬の健康サポートに取り入れてみるのもよいかもしれません。

ただし、ブルーベリーは意外と糖分が多く、カロリーが高めのフルーツなので、与え過ぎは肥満や糖尿病の原因になりかねません。また、便の量を増やして排便を促す不溶性食物繊維が豊富なので、過剰摂取すると便秘の解消どころか、かえって便が出にくい状態になることもあります。

愛犬の健康を守るために、まずは犬にブルーベリーを与えるメリットとデメリットを知っておきましょう。

ブルーベリーのおもな栄養素|約13%が炭水化物で高カロリー

くりくりっとした丸い目で斜め上を見上げるようにカメラを見つめる茶色い小型犬(Mix)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ブルーベリーに含まれるおもな栄養素 ※数値は可食部100gに含まれる成分

エネルギー48kal
水分86.4g
タンパク質0.5g
脂質0.1g
炭水化物12.9g
灰分(無機質)0.1g

文部科学省「食品データベース」https://fooddb.mext.go.jp/index.plより参照

犬がブルーベリーを食べるメリット|強い抗酸化作用で病気の予防とアンチエイジング

紺色の毛布の上に腹這いに座り、後ろを振り返っている黒いラブラドール・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ブルーベリーに含まれる栄養素のなかでも、とくに犬の体に役立つものを以下に紹介します。

アントシアニン|抗酸化作用と抗炎症作用、血糖値の上昇も抑制

健康志向の高まりのなかで、ポリフェノールが持つ抗酸化作用が注目されています。

ポリフェノールは、現在のところ約8000種類もあるといわれており、なかでも大豆の含まれるイソフラボンや緑茶に含まれるカテキンはよく知られているところです。
ブルーベリーの代表的な栄養素して挙げられるアントシアニンも、そんなポリフェノールの一種。犬の体内で毛細血管を強化したり、細胞の酸化を防いだりして、犬の健康維持と病気の予防、若さの維持に役立ってくれます

また、一般的には「ブルーベリーは目によい」というイメージがあるようです。たしかに、ブルーベリーの主成分である「アントシアニン」には、目の網膜の血管や神経の細胞を保護する働きがあるという実験結果が報告されています。しかし、これは人間に関する研究結果であって、同様な効果が犬の目にも有効かどうかは、今のところ明らかにはなっていません。犬の高齢化が進むなかで、アントシアニンを成分とする犬用サプリも市販されていますが、白内障の予防や視力維持に直接効果があるかどうかは残念ながら不明です。

ルテイン|抗酸化作用、皮膚の健康効果も

ブルーベリーには、アントシアニンと同様、目によいといわれている成分「ルテイン」も多く含まれています。
ルテインには、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用のほかに、炎症を抑制する作用があります。人間も犬も、目の中に入ってくる光の屈折を調節して網膜に映し出すことで、面前のものが「見える」わけですが、強い紫外線を浴び続けることや老化によって、水晶体の細胞が酸化して機能が衰えたり、白く濁ったりしてしまいます。ルテインには、その原因となる細胞の酸化を防ぐ作用があることから、視力の維持や白内障の予防に役立つと考えられています。

ただし、ルテインが人間の目に及ぼす有効性については証明されていますが、同様の効果が犬の目にも当てはまるのかどうかは、今のところわかっていません。もともと水晶体にはルテインが含まれていますが、加齢によってその量は減少していくことは事実なので、効果を期待して食べ物やサプリメントを与えてみるのもよいかもしれません。

また、ルテインには皮膚表面水分量や脂質量を増やす効果も報告されています。皮膚が乾燥しがちな犬にルテインを多く含むブルーベリーはおすすめです。

ビタミンE|抗酸化作用、免疫力UP

ビタミンEは、「トコフェロール」とも呼ばれている栄養素で、細胞膜が酸化するのを防ぐ作用があり、愛犬の健康維持と病気予防、アンチエイジングに役立つと考えられます。
ビタミンEがより効率的にその作用を発揮するためには、ビタミンCと一緒に摂取することが必要ですが、ブルーベリーにはビタミンEとCの両方が含まれているのでより効果が期待できそうです。

犬がブルーベリーを食べるデメリット|過剰摂取は便秘や肥満、糖尿病の原因に

上を見上げてつぶらな瞳でカメラをじっと見つめている茶色い耳の大きなチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

抗酸化作用や免疫力アップなど、犬の体にいい成分が豊富なブルーベリーですが、多量に摂取すればかえって健康を損ねる原因にも。ブルーベリーの過剰摂取によるデメリットを知っておきましょう。

食物繊維|不溶性食物繊維は摂りす過ぎると排便困難に

腸内環境を健康に保ち、正常な便通を維持するために、食物繊維が大事なことはよく知られています。しかし、食物繊維には2種類あり、そのバランスが大事であることを知っている飼い主は意外に少ないようです。

じつは、食物繊維には水に溶ける性質の「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」があり、その両者をバランスよく摂取することが、腸内環境を正常に保ち、便秘や下痢の予防につながります。

ブルーベリーには、これら2つの食物繊維が含まれていますが、可食部100gに含まれる量を比較すると、不溶性食物繊維は水溶性の約6倍。不溶性食物繊維は腸の中で水分を吸って大きくなり、便のかさを増やすことで腸を刺激し排便を促す作用があります。不溶性食物繊維が多くなり過ぎると、便が大きくなり過ぎたり、固くなり過ぎたりして、かえって排便が困難になってしまいます。愛犬にブルーベリーを与えるときは、不溶性食物繊維の過剰摂取にならないよう注意が必要です。

高カロリー|糖分が多く高カロリー

ブルーベリーは可食部100gあたり48kcalと、比較的ハイカロリーな果物です。犬は甘いものを好むので、ブルーベリーのおいしさを知った愛犬が「もっとほしい」とねだるかもしれませんが、与え過ぎは肥満や糖尿病などの原因になります。おやつで与えるときは、一日に必要なカロリーの1割を超えないようにし、ブルーベリーを与えた分、主食の量を減らして、1日の必要摂取カロリーを超えないようにしてください。

食物アレルギー|タンパク質にアレルギー反応を示す場合も

ブルーベリーにはタンパク質が含まれています。食物アレルギーは、タンパク質に免疫機能が過剰に反応して起こるものなので、ブルーベリーを食べてアレルギーを起こす犬が稀にいます。
もし、ブルーベリーを食べたあとに、愛犬がやたら体を掻いていたり皮膚が赤くなっていたりするのを発見したら、アレルギー(性皮膚炎)を疑いましょう。

とくにコッカー・スパニエルやスプリンガー・スパニエル、ボクサー、コリー、ダルメシアンなどの犬種に食物アレルギーが出やすいという報告があるので、該当犬種の飼い主さんはとくに注意が必要です。

また、食べたあとに下痢や嘔吐があった場合も、アレルギーかもしれません。その後はブルーベリーを与えるのをやめてください。

ブルーベリーを食べると腎不全になるってホント?

インターネット上で、「ブルーベリーを与えると中毒症状(急性腎不全)が起きる」という情報を見かけますが、そのような報告は数件あるものの、その原因となる物質や量は判明しておらず、、現時点で科学的証拠となる情報は得られていません。
腎疾患の治療中、高齢で腎臓機能が低下している犬の場合は、念のため、与えてよいか獣医師に相談してみることをおすすめします。

犬にブルーベリーを与えるときの注意ポイント|与える量に注意。加工品は与えないで

畑の脇で横を向いて口を開けて微笑んでいるような茶色の柴犬上半身アップ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬にブルーベリーを与えるときは、以下のことに注意してください。

与えてよい部位

愛犬にブルーベリーをあげる際には、皮ごと1粒ずつ皮ごと与えても大丈夫です。

ただし、チワワなどの超小型犬はしっかり咀嚼できずブルーベリーを丸呑みしてしまい、喉に詰まらせてしまうケースも報告されています。ブルーベリーは愛犬のサイズに応じてカットしてあげると安心です。

与えるときの適量

犬にブルーベリーを与える場合は、体重に合わせて以下の量を目安にしてください。ただし、あくまでもカロリー上の算出値なので、主食(総合栄養食)の摂取を阻害しない量にとどめることが大切です。
また、犬の年齢や健康状態によっては、特定栄養素の過剰摂取につながることもあるので注意しましょう。

犬の体重目安1日あたりの接種可能目安
小型(2~5kg)39g~78g(30粒~60粒)
中型(6~15kg)89g~178g(74粒~150粒)
大型(20~50kg)221g~439g(190粒~365粒)

※数値は、避妊・去勢済みの犬で体重相応のおやつ(1日の総摂取カロリー目安の1割)として算出

調理方法

ブルーベリーは洗って生のまま与えて大丈夫です。
過熱して与える場合は、砂糖などの糖分は加えないでください。

ブルーベリーの加工品は与えても大丈夫?

ブルーベリーには、ジャムやヨーグルト、ケーキなどさまざまな加工品があります。それらの人間用に加工された食品には、砂糖などの糖分を加えてあるものが多いので、愛犬に与えてはいけません。
とくに、ブルーベリージャムはたくさんの糖分を加えてあるので、安易な気持ちで舐めさせたりしないようにしましょう。

また、冷凍のブルーベリーをそのまま愛犬に与えると、お腹を冷やしてしまい、下痢の原因になりかねません。夏季以外は生のブルーベリーが手に入りにくく、冷凍を利用する場合は、必ず常温に戻してから与えてください。

ブルーベリーは犬が食べてもOK! ただし、与え過ぎないよう気をつけて

「目にいい食べ物」として人気のブルーベリー。犬の目に及ぼす効果はまだ明らかになっていないものの、アントシアニンやルテイン、ビタミンEなどの抗酸化作用のある成分が豊富なので、犬の体によい果物だといえるでしょう。ただし、体によい食べ物でも、食べ過ぎればかえって体によくない作用を及ぼすこともあるので、与え過ぎには要注意。適量を守って愛犬の健康をサポートしてあげましょう。

犬には与えてはいけない食べ物や、注意したい食べ物があります。確認しておきましょう。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医学類准教授)
文/村田典子
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る