1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 犬を人と同じように扱うリスクとは? 大切に思う気持ちでも、愛犬を苦しめる結果に? 

犬と暮らす

UP DATE

犬を人と同じように扱うリスクとは? 大切に思う気持ちでも、愛犬を苦しめる結果に? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のことを家族同然と思い、大切に育てている飼い主さんは多いと思います。しかし、犬と飼い主さんの距離が近すぎて、人と同じように接してしまうと、犬にとってはさまざまな悪影響が出ることもあるようです。

この記事では、犬のことを人のように扱ってしまうリスクについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬を人のように扱うことのリスクとは?

飼い主さんと犬
getty

ーー昨今、愛犬を「家族」と大切に育てる飼い主さんが多いと感じます。大切で家族だと思うがあまり、犬との距離感が近すぎて、まるで人のように扱う飼い主さんもいるのでしょうか。

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「よく見られる犬を人のように扱うことの具体例としては……

  • 犬優先の生活を送る
  • 人の食べているものを与えて、一緒に食事をする
  • 愛犬が欲しがるままに食べ物を与えて、結果的に栄養バランスを考えていない
  • 物理的にも精神的にも、人と犬が密着しすぎている

などですね」

ーー上記のような飼い主さんの行動は、飼い主さんとして自分もそうかも…と当てはまる人もいるかもしれませんね。なにか犬にとってリスクがあるのでしょうか?

獣医師:
「まず、人と同じ食べ物を与えることについてですが、犬には与えてはいけない食べ物があります。一緒に食事をしていて、『少しならいいよね』と与えてしまった飼い主さんが実際にいました。

私が見た例でいうと、人と同じように手作りの食事がいいと信じて与え、栄養バランスが悪くなった犬がいました。ほかにも、人には問題のないものの、犬には中毒を起こすとされているチョコレートやブドウをおやつとして与えられていた犬がいましたね」

ごはんを食べる犬
getty

ーー手作り食はよさそうに思えますが、そのコに必要な栄養素やカロリーなどを計算した上で与えないといけないので難しいですよね…。また、犬が食べると危険なものを飼い主さんが勉強しておかないと、誤って与えてしまうこともありますよね。

獣医師:
「そうですね。私が見た飼い主さんには早めに気づいてやめるよう伝えたので、運よく犬には影響がありませんでした。

また、人の食べ物がよくないこととして、犬にとっては味が濃すぎるため塩分や糖分、脂肪の摂りすぎになります。濃い味に慣れてしまうとフードが味気なく感じられ、食べることを嫌がることも。そうなると、飼い主さんも愛犬が食べる人の食事を与えることになってしまう場合もあります。

おやつにも同じことがいえますが、犬としての食事をきちんとさせないと、病気になるリスクが高くなります」

ニオイを嗅ぎ合う犬
getty

ーー先述の「人と犬が密着しすぎている」という点では、犬にどのような悪影響がありますか?

獣医師:
「人と密着しすぎた生活を送っていると、犬が分離不安になってしまう恐れがあります。なにか問題行動を起こすようになってから、初めて愛犬が分離不安だと気づく飼い主さんもいます。

また、人と同じように扱っていると、犬は自分のことを『人間たちの中の一員』だと考え、犬同士のかかわりができないコになってしまいます。社会性の乏しい犬になるリスクが高くなるといえるでしょう」

犬にとっての幸せを考えよう

くつろぐ犬
getty

ーー犬を人のように扱ってあげることが犬にとっても幸せではないか、と考える人もいるかもしれません。犬にとっての幸せを考えた場合に、飼い主さんが心得ておきたいことはなんでしょうか?

獣医師:
「愛犬を人のように大切に思う気持ちは理解できますが、その行為が人の幸せなのか、犬の幸せなのかを考える必要があります。『責任をもって犬を大切に飼うこと』と『人と同じように扱って飼うこと』は、大事にする思いは同じであっても、じつはまったく別の結果になってしまいます。

人と同等に扱いすぎてしまうと、『愛犬を人のように扱う=人と同じことができる、人の常識が通じるのが当然』という認識になってしまう飼い主さんもいるので、気をつけたいですね」

ーー具体的にはどのようなことでしょうか?

獣医師:
「たとえば、愛犬がトイレで排泄できないことを、『いつまでもトイレを覚えられない(=トイレを覚えるのは当然)』という思考になってしまいます。しかし、犬の生態として考えてみると、自然界では毎回同じ場所でトイレはしません」

ーー人目線で考えてしまうと、「なんでこんなこともできないんだ!」と思ってしまうかもしれないですが、犬にとって同じ場所で排泄をすることは当然のことではないのですね。

獣医師:
「そうですね。そのほかにも、重心が前足にある犬を立ち上がらせて、不安定な後ろの二本足で歩かせている人を見かけることもあります。

飼い主さんが喜ぶ姿を見たり、二本足で歩いたときにご褒美をもらえたりすることで、犬がその行為を覚えるようになりますが、犬にとって好ましい行動ではありません」

ーー犬が二本足で歩くのは、体に負担がかかるんですよね…。

獣医師:
「犬は人と同じ生き物ではないので、人のような行為を求めることは愛犬から犬らしさを奪い苦しめることもあります。人の子のように大切な存在ではあるけれど、人と犬は生態も解剖学的にも知能もまったく違う生き物であることを理解しましょう。

犬という動物としての健康面や精神面をきちんと人が管理してあげないと、犬が犬として生きていく楽しみや経験を奪ってしまうことになります。愛犬は犬らしく、人は人らしい生活を送ることが、お互いを思いやり、幸せにつながるのではないでしょうか」

犬種や年代によっても、犬との接し方に注意点はある?

走る犬
getty

ーー犬への接し方について、もう少し教えてください。犬種によっては、「ベタベタのスキンシップが苦手」「飼い主さんと遊ぶのが大好き」など、人との距離感もさまざまですよね。犬種によって接し方に気をつけるべき点はありますか?

獣医師:
「一般的に、日本犬は独立心が強く、あまりベタベタしないコが多いとされています。一方で、洋犬の小型犬はわりと飼い主さんと遊ぶのが好きなコが多いような気がします。

犬種もですが個体差もありますので、愛犬の性格からスキンシップが好きかどうかを見極めて、距離感を保てばいいと思います」

ーー子犬期、成犬期、シニア期といった年代によっても、接し方の注意点はありますか?

獣医師:
「子犬や成犬はスキンシップの好きなコも苦手なコもそれぞれいますが、シニアになると心身の衰えから心細さや不安が顕著になってきて、飼い主さんとのスキンシップやそばにいてもらうことを望むコが多いようです。

そのため、子犬からシニアまでずっと同じ距離感ということではありません。病気や体調、年齢で距離感は変化するので、愛犬の様子を見ながらスキンシップをとったり、遊んだり、お互い少し離れたりするようにしてあげてくださいね」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る