1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. いぬのきもちYouTubeチャンネル
  5. 「犬は眠りが浅い?」「狭い場所のほうが安心して眠れる?」犬の睡眠を解説!

犬と暮らす

UP DATE

「犬は眠りが浅い?」「狭い場所のほうが安心して眠れる?」犬の睡眠を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちの愛犬、ちょっとした物音で起きるな…」と感じたことはありませんか?

実は犬の睡眠は浅いということをご存じでしょうか。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、いぬのきもち公式YouTubeアカウント「いぬのきもちCHANNEL」にて「犬の睡眠対策」動画を公開中!

犬のノンレム睡眠・レム睡眠って?
どこで寝かせてあげるのが最適?

などなど、犬の「睡眠のヒミツ」そして「おすすめの寝床」について動画でチェックしていきましょう!

「ノンレム睡眠」「レム睡眠」とは?

犬の睡眠は人と同じように、思考の整理や記憶の定着を行っている「レム睡眠」と、体の疲労回復やあらゆる細胞の修復が行われる「ノンレム睡眠」という、2つの異なる質の睡眠状態で構成されています。

レム睡眠は脳が起きている状態なので「浅い眠り」、ノンレム睡眠は脳も眠っている状態なので「深い眠り」といわれることも。

いぬのきもち塾_【犬の睡眠対策02】
いぬのきもち塾_【犬の睡眠対策02】
いぬのきもちCHANNEL

そして、人がレム睡眠 25%、ノンレム睡眠 75%という割合で眠るのとされていることに対し、犬はレム睡眠 80%、ノンレム睡眠 20%とされ、その睡眠バランスは“真逆”であると考えられています。

少し物音をたてただけで起きてしまうのも、これを知れば納得ですね。
また、犬は眠りが浅いぶん、体を回復させるために睡眠時間が長いと考えられています。

犬の寝場所は「クレート」がおすすめ

いぬのきもち塾_【犬の睡眠対策02】
いぬのきもち塾_【犬の睡眠対策02】
いぬのきもちCHANNEL

では、そんな犬たちが安心して眠れる場所は、いったいどこなのでしょうか?

おすすめは「ケージ」や「クレート」です。
飼い主さんの中には、狭い場所で寝かせるのはかわいそう…と思われる方もいるかもしれません。

しかし犬は本来、狭くて暗い場所を好む動物です。
ケージやクレートで寝る場所を限定することでそこを落ち着ける場所と認識し、快適な睡眠をとることができるようになります。

他にもクレートがおすすめの理由として、災害時に愛犬の安全が確保しやすいことなどが挙げられます。
普段からクレートを”落ち着く場所”と認識させておけば、犬は動揺した時にそこに逃げ込むように。そのままクレートごと避難することもできるので安心ですね。

いかがでしたか?
犬について理解することで、さらに絆を深めてくださいね♪

いぬのきもち塾では他にも犬の睡眠にまつわる動画を公開しています。

▼「いぬのきもちCHANNEL」

チャンネル登録はこちらからでも

参照/YouTube(【犬の睡眠対策02】犬は眠りが浅いって本当?「クレート」の役割も解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=NV0Euns7QgE
文/いぬのきもちweb編集室

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る