1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. アメリカン・アキタの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

アメリカン・アキタの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







犬種名アメリカン・アキタ
英語名American Akita
原産国日本
サイズ大~超大型犬
グループ原始的な犬・スピッツ



アメリカン・アキタ
アメリカン・アキタ

アメリカン・アキタの魅力

アメリカン・アキタはがっしりと骨太で、均整のとれた体をもつ超大型犬。奥目な目も特徴のひとつです。狩猟犬をルーツに持つため大きいながら機敏な反応も示します。。毎日の充分な運動を必要としますが、フレンドリーで飼い主といっしょに動くことが好きな犬種です。

※参考/『日本と世界の犬カタログ』(成美堂出版)

性格

日本の秋田犬に比べ、警戒心が低くフレンドリーだといわれています。ほかの犬とも仲よくできます。子犬のころから遊びを通じてトレーニングをしておけば、より飼い主さんに従順なイイコに育つでしょう。充分な運動と愛情をたくさん注ぐことで、さらに精神面が落ち着いた犬になります

ただし、体の大きなイヌですので、興奮したら落ち着けられるように、マテの号令にしっかりと従うようにトレーニングしておきましょう。

大きさ

オスで体高70㎝前後、メスで体高63㎝前後・オスメス共に体重40㎏以上であり、超大型犬に分類されます。骨太でがっしりした体つきで、祖先といわれる秋田犬より頭部が広く、マズルが短くなっています。


体高 体重
61~71cm40kg以上

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

アメリカン・アキタ
アメリカン・アキタ
アメリカン・アキタ

アメリカン・アキタの毛色は、レッド、フォーン、ホワイトなどさまざまで、ピントー(ぶち柄)やブリンドルなども存在します。毛色が単色の場合、マスクはありません。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。以下が参考価格です。

価格40万円~

※『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)より監修者調べ

心配な病気

・大型犬に多く、股関節に負担がかかって歩様がおかしくなる「股関節形成不全」
・被毛が脂っぽくなる、フケが出る、アンダーコートが大量に抜けるなどの症状が見られる「脂腺炎」
・甲状腺ホルモンが減少して元気がなくなる「甲状腺機能低下症」

アメリカン・アキタの飼い方

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動を

アメリカン・アキタは狩猟犬の血を引くため、超大型ながらスタミナが備わっています。飼うにあたっては、どのようにして運動欲求を満たすかをしっかりと検討しておく必要があります。散歩は、1日2回、各30分程度。散歩のほかに、ドッグランなどで自由運動を取り入れた運動を行いましょう。

ポイント(2)子犬の頃からのしつけが大切

日本原産の秋田犬に比べ、性格もフレンドリーに改良されています。ほかの犬とも仲よくできますが、大型犬で力が強いため、子犬の頃からしっかりとトレーニングを行い、興奮したら落ち着かせられるようにしておくと安心です。体が小さいイヌとのコミュニケーションの取り方を覚えるためにも犬同士の交流経験も充分させておきましょう。。

ポイント(3)被毛は毎日ブラッシングを

密集した被毛は、毎日のブラッシングが欠かせません。丁寧にブラッシングをして抜け毛を取り除き、被毛を清潔に保ちましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

アメリカン・アキタに似た犬の種類

秋田犬の特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

アメリカン・アキタに関する記事

【画像付き】日本犬の種類・性格・飼い方を徹底調査

まとめ

秋田地方の山岳地帯で狩猟犬として活躍していたアキタマタギ犬が祖先とされ、そこにマスティフやジャーマン・シェパード・ドッグがかけ合わされ、戦後アメリカに渡ってからは、独自のタイプとして発展しました。「グレート・ジャパニーズ・ドッグ」とも呼ばれています。



監修

ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)


CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る