1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



犬種名アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター
英語名Irish Red and White Setter
原産国アイルランド
サイズ大型犬
グループポインティング・ドッグ



アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター
アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター
アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターの魅力

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターは、アイリッシュ・セターの基礎となった犬種です。アイリッシュ・セターにとてもよく似ていますが、体がやや小さく、体長もやや短く、被毛はホワイトを基調としていて短く少ないという特徴があります。穏やかで愛情深い気質の犬種です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターは、パワフルでエネルギーに溢れており、引っ張る力が強いため、子犬時代からしっかりトレーニングを行う必要があります。きちんとトレーニングを行えば、本来の穏やかで愛情深い気質により、よい家庭犬となります。
ハイキングなどをいっしょに楽しみたい人にピッタリの犬種です。

大きさ

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター

単色のアイリッシュ・セターより、全体に小さめです。胸部が非常に深く張っているのも特徴の1つです。



体高体重
オス62~66㎝ 32㎏前後
メス57~61cm27㎏前後

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターの被毛の色は、ホワイトの地色にレッドの単色でくっきりとした斑が入ります。両色ともに鮮明で光沢がなければなりません。
シルキーで触るとなめらかな被毛は子犬時代からのもの。自然の景色と美しく調和する毛色と毛質です。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターは、国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・胸の深い犬種に起きやすい「胃捻転」

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターの飼い方

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動を

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターはもともと猟犬だったため、パワフルでスタミナがあります。飼うにあたっては、どのようにして運動欲求を満たすかをしっかりと検討しておく必要があります。散歩方法によっては、1日1時間でも充分な運動量とはいえません。散歩のほかに、ドッグランなどでゲームを取り入れた運動を行いましょう
登山やウォーキング、マラソンなど犬と一緒にアウトドアスポーツを楽しみたい人にはピッタリの犬種です。

ポイント(2)子犬の頃からのしつけが大切

引っ張る力が強いため、子犬の頃からしっかりトレーニングをしておかないと、散歩のときに飼い主さんが転んでケガをする可能性があります。プロによるトレーニングを受けるのもおすすめです。

ポイント(3)被毛は週に1~2回のブラッシングを

シルキーな被毛は、週に1~2回はブラッシングでお手入れを。仕上げには獣毛ブラシで艶を出しましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。


犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターに似た犬の種類

アイリッシュ・セターの性格と特徴・価格相場|犬図鑑

イングリッシュ・セターの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターは、アイルランド原産で、17世紀後半に犬種として確立されました。アイルランドのセターは2つの犬種があり、アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターのほうが歴史は古いのに、一度は絶滅したといわれるほど数を減らしてしまいました。しかし、現在は復活しつつあります。



監修

ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)


CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事