1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. ボルドー・マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ボルドー・マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名ボルドー・マスティフ
英語名Bordeaux Mastiff
原産国フランス
サイズ超大型犬
グループ使役犬


ボルドー・マスティフ
ボルドー・マスティフ
ボルドー・マスティフ
ボルドー・マスティフ

ボルドー・マスティフの魅力

しわのあるいかつい表情赤い毛色が特徴のボルドー・マスティフ。怖そうな顔立ちとはうらはらに、穏やかで物静かな性格の犬種です。ただし、もともとは闘犬としての歴史をもつため、破壊力は強力です。きちんと訓練を行い、飼い主さんが主導権を握ることができれば、いざというときに頼りになる家庭犬になります。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

ボルドー・マスティフはもともと闘犬としての歴史がありますが、闘犬競技が禁止になってからは攻撃的な闘犬気質は改良され、穏やかで物静かな性格になりました。ただし、力が強く破壊力があるため、きちんとした訓練を行う必要があります。リーダーと認めた飼い主さんに忠実なので、毅然とした態度で主導権を握れる人に向いています。

大きさ

ボルドー・マスティフ

オスで体高60~68㎝、体重50㎏以上、メスで体高58~66㎝、体重45㎏以上もあり、超大型犬に分類されます。大きくしわのある顔が特徴で、体の皮膚もたるんでいます。体つきは筋肉質でがっちりとしています。



体高体重
オス60~68㎝ 50㎏以上
メス58~66㎝45㎏以上

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

ボルドー・マスティフ
ボルドー・マスティフ

ボルドー・マスティフの被毛の色は、フォーンの単色。マホガニーからイザベラまで許容されますが、濃い色が望ましいとされています。胸と脚先のみに白い斑が許されます。被毛は固く短い上毛と、密生した下毛のダブルコートです。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。ボルドー・マスティフは国内での入手は難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・加齢とともに足に負担がかかって発症する「関節炎」
・何らかの原因で皮膚に発疹や痒みが生じる「皮膚炎」
・大型犬に多い「股関節形成不全」
・左心室を囲む左心室壁が厚くなる「肥大型心筋症」
・胃の固定が充分でないために起きやすい「胃捻転」

ボルドー・マスティフの飼い方

ボルドー・マスティフ
ボルドー・マスティフ

ポイント(1)毎日の散歩を規則正しく

思い切り走らせたりジャンプをさせたりといったハードな運動は必要ありませんが、運動不足により肥満になると関節に負担がかかりやすく、関節炎を発症することも。若いうちから毎日朝夕の散歩を欠かさずに規則正しく行い、適正体重と丈夫な体を維持するように心掛けましょう。

ポイント(2)子犬の頃からしっかりとトレーニングを

穏やかで動じない性格なので、ほかの犬や人を攻撃することはまずありませんが、体が大きく力も強いため、意図せずケガを負わせてしまう可能性があります。子犬の頃からしっかりとトレーニングを行い、行動をコントロールできるようにしておくことが大切です。初心者には扱いが難しく、不向きな犬種といえるでしょう。

ポイント(3)皮膚のしわの間の清潔を保って

皮膚のしわの間に汚れがたまったままになると、皮膚炎を起こしてしまうことも。週2~3回、ブラッシングをする際にしわの間をタオルで拭いて、清潔を保つよう心掛けましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ボルドー・マスティフに似た犬の種類

ナポリタン・マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

ボルドー・マスティフは、フランス原産の犬の中でもっとも古い歴史をもつといわれています。おもに闘犬として飼育されていましたが、闘犬競技が中止になってからは警備犬や番犬、イノシシ狩りなどの猟犬として活躍しました。怖そうな顔立ちとはうらはらに性格は穏やかで、きちんとした訓練を行えば頼もしい家庭犬になります。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る