1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスティフ

マスティフ

英語名
Mastiff
原産国
イギリス
サイズ
超大型犬
グループ
使役犬
  • マスティフ
  • マスティフ
  • マスティフ

マスティフの魅力

とても古い歴史を持ち、マッチョな大型犬の源流となるマスティフ。牛やクマと闘う競技を行っていた歴史がありますが、競技が禁止になってからは護衛犬や番犬として能力を発揮し、穏やかな性格に改良されました。がっしりとした骨格と発達した筋肉をもち、いかつい顔をしていますが、気立てがよく落ち着いています。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

気立てがよく穏和な性格で、飼い主さんにとても忠実です。また、落ち着いていて、無駄な動きがありません。しかし、超大型犬で力が強いので、破壊トラブルには注意が必要です。子犬の頃から飼い主さんがしっかりと行動をコントロールできるようにしておくことが大切です。

大きさ

マスティフ

オス・メスともに、体高75㎝以上、体重79~86㎏もあり、超大型犬に分類されます。重量感のある骨格と発達した筋肉を持っています。


体高 体重
75㎝以上79~86㎏

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

マスティフ
マスティフ

マスティフの被毛の色は、アプリコット・フォーン、シルバー・フォーン、フォーン、ダークフォーン・ブリンドルが認められています。マズル、耳、鼻、目のまわりはブラックです。被毛は短く、体表にぴったりと張り付いています。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。マスティフは、国内での入手は難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・加齢とともに足に負担がかかって発症する「関節炎」
・胃の固定が充分でないために起きやすい「胃捻転」
・大型犬に多い「股関節形成不全」
・何らかの原因で皮膚に発疹や痒みが生じる「皮膚炎」
・瞼が外側にめくれる「眼瞼外反症」

マスティフの飼い方

マスティフ

ポイント(1)毎日の散歩を規則正しく

思い切り走らせたりジャンプをさせたりといった激しい運動は必要ありません。運動不足により筋肉量が落ちると関節に負担がかかりやすくなることも。若いうちから毎日朝夕の散歩を欠かさずに規則正しく行い、適正体重と丈夫な体を維持するように心掛けましょう。

ポイント(2)子犬の頃からしっかりとトレーニングを

穏やかで落ち着いた性格ですが、体が大きく力も強いため、意図せず周りの物などを加配してしまう可能性があります。また、散歩中に他の犬などに向かっていくことも。こうしたトラブルを想定して、子犬の頃からしっかりとトレーニングを行い、行動をコントロールできるようにしておくことが大切です。初心者には扱いが難しく、不向きな犬種といえるでしょう。

ポイント(3)よだれをケアして清潔を保って

食前や運動中によだれが出やすいので、硬く絞ったタオルで拭いて清潔を保ちましょう。とくに、顔や首周りのしわに汚れがたまったままになると臭いの原因になることがあるので注意。全身の被毛のお手入れには手間はかかりません。週1回程度を目安にブラッシングをするといいでしょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

マスティフに似た犬の種類

ナポリタン・マスティフの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

マスティフは古い歴史を持つ犬で、古代ローマ時代にはすでに軍用犬や闘犬として活躍していました。その後、牛やクマと闘う競技で人気でしたが、これらの競技が禁止になってからは、護衛犬や番犬として能力を発揮しています。怖そうな顔立ちとはうらはらに性格は穏やかで、きちんとした訓練を行えば頼もしい家庭犬になります。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る