1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. 飼い方
  5. スムース・フォックス・テリアの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

小型犬

UP DATE

スムース・フォックス・テリアの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スムース・フォックス・テリア

スムース・フォックス・テリア

英語名
Smooth Fox Terrier
原産国
イギリス
サイズ
小型犬
グループ
テリア
  • スムース・フォックス・テリア
  • スムース・フォックス・テリア
  • スムース・フォックス・テリア

この記事の監修

スムース・フォックス・テリアの特徴

古くから、貴族のキツネ狩りで活躍していたスムース・フォックス・テリア。陽気で明るい性格で、遊んだり、いたずらをしたりするのが大好きな活動的な犬種です。動きがとても俊敏なので、サーカスの曲芸で人気を集めることもあります。

スムース・フォックス・テリアの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

※参考『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

スムース・フォックス・テリアの性格

陽気な性格で、遊んだり、いたずらをしたりするのが大好きです。好奇心旺盛で独立心が強いため、しつけは根気よく行う必要があります。とても活発でエネルギッシュなので、毎日長めの散歩をするのに加え、自由に走り回れるスペースでたっぷりと運動をさせてあげることが大切です。

スムース・フォックス・テリアの大きさ

体高39㎝以下の小型犬です。均整のとれたスクエア型の体型をしています。小さな体ながら、しっかりとした豊かな骨量を備えており、堂々としています。

体高:39㎝以下/体重:8.25㎏前後

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

スムース・フォックス・テリアの毛色の種類

スムース・フォックス・テリア

スムース・フォックス・テリアの被毛の色は、ホワイト一色か、ホワイトの地にタン(黄褐色)やブラックなどの斑が入ることがあります。

スムース・フォックス・テリアの心配な病気

・まぶたの中にまつ毛が生えてしまう「二重睫毛」
・眼の水晶体が白く濁って視力が低下する「白内障」
・膝のお皿(膝蓋骨)がずれてしまう「膝蓋骨脱臼」
・何らかの原因で皮膚が炎症を起こす「皮膚炎」

スムース・フォックス・テリアの迎え入れ方と価格

スムース・フォックス・テリアは国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

スムース・フォックス・テリアの飼い方

スムース・フォックス・テリア

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動量を確保して

とても活動的な犬種なので、運動量に充分ついていける体力のある人に向いています。毎日、朝晩30分程度の散歩を欠かさないようにしましょう。また、散歩のほかに、ドッグランで自由に走らせる時間も必要です。

ポイント(2)トレーニングを根気よく

テリアらしい気質で、頑固な一面をもっています。見知らぬ人や動きに敏感に反応して吠えることがあるので、根気よくトレーニングを行って。飼い主さんがきちんとコントロールできれば、よい家庭犬になります。

ポイント(3)こまめにブラッシングをしてお手入れを

滑らかな被毛は、こまめにブラッシングを行いましょう。抜け毛が多いので、しっかりとムダ毛を取り除くことが大切です。汚れたときには、硬く絞ったタオルで拭いて清潔を保ちましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

スムース・フォックス・テリアに似た犬の種類

スムース・フォックス・テリアのかわいい画像

スムース・フォックス・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
スムース・フォックス・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
スムース・フォックス・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

スムース・フォックス・テリアの歴史や背景

スムース・フォックス・テリアは、とても古い犬種。起源は明らかではありませんが、「フォックス・テリア」と呼ばれるようになったのは、18世紀にさかんだった貴族のキツネ狩りで活躍していたからだといわれています。生き生きと活動的で、遊ぶのが大好きな犬種。テリアらしい頑固な一面はあるものの、トレーニングを根気よく行うことで、よいパートナーになります。

監修:ヤマザキ動物看護大学講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
参考:『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る