1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴・性格・飼い方

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

均整のとれたコンパクトな体に豪華すぎない飾り毛が魅力。特にイギリスで人気が高く、日本でもファンの多い犬種です。そんなイングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴や性格、歴史や飼い方についてご紹介します。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴・魅力 

自信に満ち溢れた表情と優雅なたたずまい、絹のように滑らかな被毛を持つイングリッシュ・コッカー・スパニエル。優しさのなかに、優秀な猟犬としての聡明さと威厳を感じさせる魅力があります。上品な外見とはうらはらに、人なつっこくて明るく陽気な性格は家庭犬としはもちろん、多くのイングリッシュ・コッカー・スパニエル愛好家を魅了しています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの歴史 

17世紀からイギリスのイングランド地方で鳥猟犬として活躍してきました。スペイン産鳥猟犬の子孫は、サイズや姿に関係なく「スパニエル」と称され混同されていました。そして1892年にイギリスで、その集団を複数の犬種に分け、小さいサイズのイヌがイングリッシュ・コッカー・スパニエルとなりました。その名は猟場で山シギ(woodcock)などの鳥を驚かせて飛び立たせる役割を担っていたことにちなんでいます。祖先犬はイギリスの多くのスパニエル種のもととなったランド・スパニエルだと考えられています。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの外見上の特徴

体高※38~41cm、体長※はそれより長く、体重は12.5~14.5kg。アメリカン・コッカー・スパニエルに比べると全体に細長く、実猟性に富んだ体型をしています。そのことは、猟の際に邪魔になるほど、豊富で長く伸びる被毛がないところにも見て取れます。その被毛は体に張り付くように生え、毛質はシルキーで、ゴワついたり、ウェーブなどがかかっていない素朴で美しい印象を持ちます。2色が混じったグラデーションのような独特の模様が入る「ローン」は、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴の1つです。単色の毛色のことをソリッドといい、黒以外にもチョコレート色やレッドなどがあります。ほかにも、茶色にところどころ黒みがかかったセーブル、黒と茶をベースに額に眉のようなタン模様が入るブラック&タンなどがあります。このカラー・バラエティーの豊富さも魅力です。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの性格

とにかく明るく尻尾を他の犬の倍以上、振って生活するような性格です。鳥猟犬として高い運動機能を備えているので、遊ぶのも大好きです。しかし、その「攻撃性」については、本格的な調査がされた犬種でもあります。人の要求を素直に受け入れ、ポジティブな反応が出来るように、子犬の頃から教えていきましょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルを飼うのに向いている人

人に甘えることと、活発に遊ぶことが大好きなので、遊びや散歩に充分ついていける体力があり、犬との時間をつくってあげられる人に向いています。また、アウトドアなど自然のフィールドでの活動が好きな方などは、最高の相方となってくれるでしょう。長い垂れ耳は、スヌードと呼ばれる「ほっかむり」を被せて、汚れを防ぎます。裁縫など好きな方は自作スヌードなども楽しめます。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの飼い方

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは食いしん坊な犬も多く、太りやすい犬種でもあるので、毎日1時間程度は散歩をしてあげるのが望ましいでしょう。ほかの犬と仲良く遊んだり、広いところを自由に走り回るのが好きなタイプが多いので、ドッグランなどに連れて行って思いきり運動をさせるのもおすすめです。ただし、狩猟犬としての本能が残っていることもあり、猫やカラスを追いかけて仕留めようとすることもあるので、飼い主さんは愛犬から目を離さないようにしましょう。お散歩中など、地面に残る様々なニオイを嗅ぎたがります。犬はニオイから多くの情報を得ることができるので、ニオイを嗅ぐ欲求が非常に強いです。欲求を満たすためにも、ニオイを嗅ぐことをあまり厳しく止めることはオススメしません。人の指示でニオイ嗅ぎを止めれるようにしつけましょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

好奇心旺盛なので、入ってほしくない場所には、仕切りなどを設置して事故を予防しましょう。とくに留守番させるときは、必ずサークルなどに入れて思わぬ事故を防ぐようにします。また噛んで命に関わる電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。犬が静かに落ち着けたり、眠ることができたりする自分だけの場所として、クレートや大きめのベッドを用意しておくといいでしょう。特に、家の外に人や犬が通った時に吠える犬などは、外の音や通りが見えないところにセットするとよいでしょう。肢の裏に多くの毛が生えることから、フローリングの上で滑りやすくなってしまします。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのお手入れ・トリミング

イングリッシュ・コッカー・スパニエはこまめなブラッシングで清潔を保つことが可能です。お手入れが嫌いにならないように、おやつなどを上手に使い体じゅうどこでも触れるように子犬のころから意識して慣れさせましょう。また、垂れた長い耳が蒸れて不衛生にならないように、週に数回は耳の穴周辺の拭き取りケアを実施しましょう。。散歩や食事のときは、耳先が汚れないようにスヌード(耳周りに被せるカバー)を着用するのもおすすめです。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルが気をつけたい病気・寿命 

・長い毛が目に入りやすく、目の周りの皮膚がたるんでいるためかかりやすい「結膜炎」「チェリーアイ」「緑内障・白内障」など眼の病気全般
・過剰な皮脂分泌が原因の「脂漏性皮膚炎」
・マラセチア細菌などに感染して発症する「外耳炎」
・足をひきずったり、ピョコッと上げたりして歩く「膝蓋骨脱臼」
・耳のお手入れを怠るとなりやすい「中耳炎・内耳炎」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 4
友好的   4
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 4

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る