1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬の口臭、どんなニオイが危険?~ニオイの種類から疑われる病気、ふだんの予防法まで~

愛犬の口臭、どんなニオイが危険?~ニオイの種類から疑われる病気、ふだんの予防法まで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と同様、体調が現れる、愛犬のお口のニオイ。微妙なニオイの違いには、どんな危険が潜んでいるのでしょうか。考えられる病気や、ふだんの口の中のお手入れなど、気になるポイントを獣医師が解説します。

犬の口臭に潜む危険

犬の口からいつもと違うニオイがする場合、口腔内の病気にとどまらず、体全体に病気が潜んでいる恐れもあります。なかには重篤な病気になっているケースもあるので、注意が必要です。ただ、いつも愛犬といっしょにいる飼い主さんは、ニオイに慣れてしまって異変に気づかないことも。ニオイをチェックする場合は、友人や知人などほかの人に意見を聞いてみると参考になります。

口臭のニオイ別、疑われる病気は?

愛犬の口からする異臭で、代表的なニオイと疑われる病気は次のようなものです。

生ゴミのようなニオイがする場合

・口内炎…口の中の粘膜にできる炎症や潰瘍が口臭のもとに
栄養不足や細菌感染、歯周病などが原因で口の中の粘膜に炎症が起こる病気です。口臭のほか、大量のよだれが出て、微熱を伴うことも。治療は、口の中を清潔にし、痛み止めや抗生物質、ビタミン剤などを投与します。歯周病が原因であることも考えられるので、その場合は歯周病の治療を行います。

・歯周病…細菌が原因で歯肉に炎症が起きて悪臭に
ニオイのほか、歯ぐきに腫れや出血が見られます。歯周病の治療は、犬に全身麻酔をして歯石を除去するのが一般的です。症状がひどい場合は、抜歯することもあります。歯石除去後は抗生物質などを投与して、細菌の繁殖を防ぎます。

・舌炎…切り傷などによる炎症で生ゴミのようなニオイに
口の中にできた傷や歯周病などが原因で、舌に炎症が起こります。口臭、大量のよだれのほか、舌の表面が白くただれることも。消毒薬や抗菌剤などを投与して治療します。治療中は、舌を刺激しないように、やわらかい食事を与えます。

甘ったるいニオイがする場合

・糖尿病…体に吸収されない糖が体外に排出されていてにおう
体内のインスリンが減り、必要な糖が吸収できず尿といっしょに出てしまう病気。唾液中の糖分も多くなり、それが口臭のもとにもなります。多飲多尿や体重減少などの症状も。食事のタイミングや内容を制限するとともに、インスリンの投与などで治療します。

・門脈シャント…肝臓の機能不全の一種で甘いニオイが
一部の血管が肝臓を通らず、直接心臓につながっているため、本来肝臓で解毒されるはずの毒素が体内に循環し、発育不全やけいれんなどの障害が起こる病気。外科手術で治療できるケースも。予防することは難しく、定期的な健診で早期発見、早期治療を。

生臭いニオイがする場合

・胃がん…がんの進行度合いでニオイは異なる
口臭のほか嘔吐などの症状も。スキルス胃がんの場合、よく吐くので、胃酸混じりの酸っぱいニオイがし、さらに進行すると吐血し、血なまぐさいニオイがすることが。ニオイの症状が出たときはかなり進行していて、治療できないケースもあるので、早期発見が大事です。

強烈なニオイがする場合

・メラノーマ(悪性黒色腫)…口の中に発生しやすい、独特なニオイ
犬の口の粘膜や皮膚などに発生し、早期にリンパ節や肺に転移することがある悪性腫瘍。皮膚にできた場合、ニオイはありませんが、口の中にできたときは家じゅうが臭くなるような強烈な腐敗臭を放つ口臭と、血混じりのよだれが出るなどの症状が見られます。

血なまぐさいニオイがする場合

・扁平上皮がん…潰瘍が出血して血なまぐさいニオイに
口の中のほか、耳の先端、鼻の先端、爪の根元など刺激を受けやすい場所に発生する悪性腫瘍。がんが進行すると潰瘍部が出血しはじめ、それとともに細菌感染も起きるので、血と膿が混じったニオイになることも。予防は難しいので、できるだけ早期発見を。

オシッコのニオイがする場合

・尿毒症…口がオシッコ臭いのは、かなり危険な状態
何らかの病気が原因で腎臓が正常に機能せず、尿から老廃物を排出できなくなると、毒素が体内にたまり、尿毒症を引き起こします。口からオシッコのニオイがしたら、深刻な状態です。命にかかわるので、救急で受診して。

口臭に気づくための基本の健康チェック

犬の口臭で気づく病気のなかでも、代表的なのが歯周病です。3才以上の犬の約80%がかかっているともいわれます。スキンシップがてら、以下の項目をチェックするようにしましょう。
□ 口臭はないか
愛犬の口のニオイが、少し前に食べたもののニオイでなく、不快なニオイが少しでもしたら、歯周病や口腔内腫瘍などが疑われるので、すぐ受診を。

□ 犬歯・奥歯・前歯に歯垢や歯石、歯肉の腫れはないか
犬の歯垢・歯石は犬歯と奥歯につきやすく、歯ぐきの赤みや腫れもそこから始まることが多いよう。愛犬の唇を押し上げ、左右の歯(とくに上の歯)と前歯の歯ぐきの腫れ、汚れを確認して。

□ 唇の裏側が腫れていないか
愛犬の唇を押し上げて、裏側全体をチェック。ここに口内炎や口腔内腫瘍ができることがあります。腫れていたら受診して。

□ 前歯や奥歯の裏側に歯垢や歯石がないか、舌に腫れがないか
可能なら、口の中の奥のほうまで隅々を見ると、病気の早期発見につながります。

予防にもなる、ふだんの口の中(歯)のお手入れ方法

愛犬が歯のトラブルに苦しまないよう、日々のお手入れをしましょう。おすすめは、歯みがきペーストと歯ブラシを使った簡単お手入れです。歯みがきペーストは犬好みの味が多数あります。歯ぐきにたっぷりつけると夢中でなめるので、その隙にササッとみがくことができます。あまり嫌がらせずにみがけるため、歯みがきが好きになるメリットも。

・歯のお手入れ方法
1 歯みがきペーストを指にとり、愛犬の歯ぐきに塗る
愛犬が好きな味のペーストを、指や歯ブラシにたっぷりととります。唇を押し上げ、歯ぐきをなでるようにペーストを奥までつけて。

2 愛犬がペーストをなめている間に歯ブラシでみがく
ペーストをなめ始めたら歯みがきを開始して。汚れがたまりやすい歯と歯ぐきの境目を重点的にみがきます。ペーストはみがき終わるまで何度つけ直してもOK。

まとめ

愛犬の口からいつもと違ったニオイがする場合、口の中に木の枝、割り箸や菜箸などの異物が挟まっているというケースも。ふだんから愛犬の口臭を気にしていれば、ケガや誤食、病気に、いち早く気づけるので、毎日のチェックを怠らないようにしましょう。

出典:『いぬのきもち』2015年6月号「ニオイが変! でわかる犬の病気」(監修:野矢雅彦先生)、『いぬのきもち』2017年12月号「毎日かんたん!&たまにしっかり! Wチェックで健康を守ろう」(監修:石田陽子先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る