1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬の心臓病|早期発見のための心得や予防法とは?

【獣医師が解説】犬の心臓病|早期発見のための心得や予防法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の平均寿命が延びている一方で、近年では心臓病の罹患数も増加の傾向にあります。今回は、代表的な心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」「拡張型心筋症」「フィラリア症」の症状や早期発見の心得、主な治療法、飼い主さんができることについてご紹介いたします。

まずは心臓の役割を知っておこう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「心臓」は、簡単にいうと血液を送り出す「ポンプ」の役割をしています。心臓から送り出す血液を一定の方向に流すため、逆流を防ぐ4つの「弁」が存在しており、ポンプとして機能するための筋肉が発達しています。そのいずれかに障害が起きると、心臓の主な働きである「全身に血液を送り出す機能」が低下し、体中に障害が生じるようになるというわけです。

近年では犬の平均寿命が延びていることもあり、心臓病の発症も多く見受けられるようになってきました。まずは心臓病を罹患するメカニズムを理解しながら、病気に対する知見を深めていきましょう。なお、心臓病と一口に言っても、多くの種類に分類されます。今回は、中でも代表的な3つの心臓病について取り上げます。

僧帽弁閉鎖不全

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「僧帽弁閉鎖不全」は特に小型犬によくみられる心臓病で、症状が表出しにくいため、発見が遅れてしまいがちな病気の一つです。病名にもある「僧帽弁」とは、左心室から大動脈へ血液を送り出すときに、血液が左心房に逆流するのを防いでいます。その僧帽弁の機能が低下することで、血液の逆流を起こしてしまいます。僧帽弁閉鎖不全は発症すると徐々に病気が進行し、さらに症状が進むと「肺水腫」を併発したり、呼吸困難を引き起こしたりします。

早期発見の手段・なりやすい犬種は?

上述したとおり、僧帽弁閉鎖不全は初期段階での発見が難しい病気です。聴診では心雑音が確認され、また軽い咳などのわずかな症状が見られることもありますが、大きな症状はほとんどみられません。さらに病気が進むとはっきりした咳や散歩を嫌がったりする行動の変化、急に倒れてしまうなど虚血性発作などの症状が現れます。早期に発見するためには、愛犬が高齢になってきたら定期的な検査をすることをおすすめします。心臓の状態を確認するために、特に聴診やエコー検査をしておきましょう。

僧帽弁閉鎖不全は特にシニアの小型犬に多く見受けられ、トイ・プードルやマルチーズ、ポメラニアンやチワワ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどがなりやすいと言われています。もちろんそれ以外の犬種も注意です。

治療法は?

僧帽弁閉鎖不全の治療は、完治が難しく強心薬や利尿薬を飲み続ける必要があります。薬を服用しながら症状をおさえる治療が一生続くケースが多いです。他にも血液の逆流を止める、外科手術を行うことも。近年では、手術での完治を期待できるというケースも出てきています。今後、治療の選択肢のひとつになるかもしれません。

拡張型心筋症

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「心筋症」は、大型犬の発症リスクの高い心臓病です。心筋症とは心筋の働きに障害が生じる病気で、そのほとんどは「拡張型心筋症」だと言われています。拡張型心筋症は、心筋が薄くなり心臓全体が拡大することで充分収縮できなくなり、血液が全身に行き渡らなくなってしまう病気です。初期のころは目立った症状はほとんどなく、病気の進行とともに元気の低下、走って遊ぶことをしなくなる、失神を起こすなどの症状が見られます。

早期発見の手段・なりやすい犬種は?

拡張型心筋症の症状としては、失神や食欲減退、遊ぶ・走ることへの興味の低下が挙げられます。しかし失神以外の症状は、他の病気や老化現象としてもよくみられるため、発見が遅れてしまうこともあるようです。

なりやすい犬種としては、ボクサーやドーベルマン、グレートデン、 セント・バーナード、オールド・イングリッシュ・シープドッグなどです。例外的にアメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエルも挙げられます。主に大型犬のオスが成犬期になりやすく遺伝性もあるので、まずは愛犬の犬種によって罹患のリスクを把握しておくことが求められます。

治療法は?

内科療法が中心となり、強心剤や利尿剤、血管拡張剤など、犬の症状に合わせた治療法がとられます。くわえて心臓機能を回復させる成分を投薬し、新機能の改善をはかります。なお、拡張型心筋症は進行性の病気なので、症状が軽くとも継続した治療が必要になることもあります。少しでもその傾向が感じられたら、動物病院を受診してください。

フィラリア症

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「フィラリア症」とは、蚊を介して心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。寄生虫の「フィラリア」が肺動脈に寄生することで血液の流れが悪くなり、肺高血圧症を発症します。その影響が心臓にも及ぶと慢性心不全へと進行します。心不全が引き起こされることで心臓の機能が異常をきたし、血液の流れが鈍化して体中に悪影響が生じます。他にも、肝肥大、腹水、浮腫、肺動脈塞栓、喀血など症状はさまざまです。

症状・なりやすい犬種は?

フィラリア症は寄生数によって症状が異なり、まだフィラリアの数が少ないときは無症状で分かりづらいのが特徴的。寄生数が増えるにつれて咳が目立ったり、運動を嫌がったりします。水を異常に欲するようになると、腎臓や肝臓の機能不全がおこっている恐れもあります。

しかしフィラリア症は、予防することが可能。定期的な予防が功を奏するでしょう。ただし、すでに感染している犬に予防薬を与えてしまうと、ショック症状が生じることも。

なお、フィラリア症は蚊を媒介して感染するため、とくになりやすい犬種などはありません。そのため、全ての犬種で注意が必要です。

治療法は?

再感染を防ぐための予防薬投与、及び必要に応じて肺高血圧症(右心不全)の治療を併用しながら、血管内の成虫の寿命が尽きるのを待つのが低リスクな対応です。

心臓病の愛犬に飼い主さんができることは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

心臓病の犬には、正しい栄養管理が必須になります。主に食事療法で心臓への負担を軽くし、ナトリウムを制限することでむくみや鬱血の改善を試みます。なお、お腹の調子を崩さないために、療法食は1〜2週間くらいかけてゆっくりと導入していきます。

当たり前ですが人間の食事を与えるのはNGですし、塩分を含むような間食も制限します。なお、人と違って水分は自由にとらせてもOK。いつものおいしいご飯を食べさせられなくて飼い主さんも辛いでしょうが、少しでも長生きしてもらうための努力として、徐々に受け入れていきましょう。

以上、心臓病の概要についてご紹介いたしました。飼い主さんのできることとしては、心臓病の正しい知識を身に着けておき、定期検診を欠かさないことで早期発見に努めることが第一です。万が一心臓病と診断されたからといって諦めず、愛犬と少しでも長くいられるように最善を尽くしましょうね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(僧帽弁閉鎖不全)」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(フィラリア症(犬糸状虫症))」

いぬのきもちWEB MAGAZINE「犬の心臓病~症状と対策・食事療法」

出典元/『いぬのきもち』18年2月号「予防したい犬の病気」(監修:藤田 桂一先生、馬場 亮先生)
    『いぬのきもち』17年2月「飼い主さんが気づきにくい犬の病気15」(監修:南 直秀先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース」
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「犬の心臓病~症状と対策・食事療法」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/JANE
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る