1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬に玉ねぎは絶対だめ!NGな理由やもしもの時の対処法

犬に玉ねぎは絶対だめ!NGな理由やもしもの時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ犬に玉ねぎを食べさせてはいけないのでしょうか? 食べたらどうなるのか、加熱したものや、少量の場合でもダメなのかなど、食べてはいけない理由や症状について解説します。 食べてしまった時の対処法も紹介していますので、もしもの時も慌てず対応しましょう。

犬に玉ねぎを与えてはいけない理由

犬や猫に玉ねぎをあげていいかいけないか・・・これって結構有名な話かもしれません。
なんとベネッセユーザーのアンケート結果によると99.9%の方が食べてはいけない!と回答しています。

その結果の通り、もちろん犬に玉ねぎ絶対に与えてはいけません。量によっては、「玉ねぎ中毒」を引き起こす可能性があるためです。
玉ねぎをはじめとする「ネギ類」に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という有機硫黄化合物が酸化障害を引き起こします。特に、この酸化障害を受けやすいのが赤血球です。玉ねぎの成分で赤血球が破壊されることによる溶血と、それに関連する貧血症状を起こすことを玉ねぎ中毒といいます。重篤な場合は死亡する可能性があるので、万が一のために、玉ねぎの置き場所や管理にも注意しましょう。

加熱・加工してもダメ

玉ねぎは生だけでなく、加熱や加工をしたとしても、犬に与えるべきではありません。「アリルプロピルジスルフィド」は、加熱しても変性することはないため、加熱した玉ねぎでも生の場合と同様の酸化障害を引き起こします。こういった理由から、ネギ類やネギ類の成分が含まれるものの摂取は犬に禁忌といわれています。

与えても大丈夫な量はある?柴犬・秋田犬は要注意!

上述した通り、玉ねぎは犬にとって危険な食べ物です。「犬に玉ねぎを絶対与えてはいけない」とご存知の飼い主さんも多いと思いますが、「玉ねぎにも許容量はあるのかな?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ここからは玉ねぎの、与えてはいけない量についてお伝えします。

玉ねぎは犬の体重1kgに対し約20g以上が致死量といわれていますが、実は犬の体の大きさや体重に対する量よりも、犬それぞれが持つ遺伝子が中毒のなりやすさに関係しているという報告があります。1970年代には、「柴犬」がHK型イヌ赤血球という玉ねぎ中毒にかかりやすい犬種に挙げられており、その他には「秋田犬」などの日本犬種が危険ともいわれています。柴犬が致死量を超えた玉ねぎを摂取すると、激しい溶血が起こり、赤血球中のカリウムが大量に血液中に溶出してしまい、心停止などの反応が起こる可能性があります。犬の犬種によっても個体差がありますが、愛犬が玉ねぎ中毒を起こすリスクを抱えるよりも、玉ねぎを与えない方が安全であると考えてください。

犬が玉ねぎを食べた時の症状

犬が玉ねぎ中毒になると貧血を起こします。ここからは、犬が玉ねぎを食べた時に出る症状をご紹介します。

・ 元気がない
・ ふらつく
・ 食欲不振
・ 呼吸や脈が速くなる
・ 嘔吐
・ 下痢
・ 血尿(ヘモグロビン尿)
・ 歯茎が白くなる(可視粘膜蒼白)
・ 溶結性貧血
・ 黄疸
・ 痙攣または震え
・ 血便
・ 吐血
など

犬が玉ねぎを食べると、上記のような症状があらわれることがあります。犬によっては症状の出方が異なり、すぐに出るケースもあれば、少し時間が経ってから出るケースもあります。玉ねぎ中毒は、時間が経つにつれて症状がひどくなり、場合によっては死に至る可能性もあるのです。

食べてしまった時の対処法

もし愛犬が玉ねぎを食べてしまったら、まずは慌てずに状況確認を行います。玉ねぎを食べて2時間までの間に症状が出るケースも、数時間または数日が経った後に症状が出るケースもあるため、明らかに玉ねぎを食べていることがわかっている場合は、夜間に症状が出る可能性も考えて、速やかに動物病院に連絡するか診察を受けるべきです。犬に突然の貧血と思われる症状がみられるときは、玉ねぎの置き場所や玉ねぎを含んだ人間の食べ物を食べていないか確認しましょう。犬が玉ねぎを食べたときの対処法をご紹介します。

口の中に残っている場合は取り出す

犬が玉ねぎや玉ねぎを使用した食品を食べている現場を発見し、まだ口の中に残っている場合は、噛まれないように注意しながら、犬の口の中に手を入れて玉ねぎを取り出します。さらに、目撃した現場で玉ねぎをどれくらい食べたのか、致死量以上食べているのかを確認しましょう。

自宅で吐かせるには注意が必要

自宅で食べたものを吐かせるには、正しい方法でないと症状を悪化させてしまう危険が高いので注意が必要です。
よく「オキシドール」を使った方法がインターネットの情報として挙げられています。確かにオキシドールは飲ませれば犬に吐かせることができますが、万が一誤嚥してしまった場合に、肺炎をはじめとする重大な障害を引き起こす危険性があります。また、オキシドールにより胃の粘膜は強い障害を受け、胃粘膜がただれて激しい炎症を起こすため動物病院での処置としても推奨されているものではありません。
「塩」を使った方法も同じくインターネットで見かけますが、こちらも正しい方法とはいえません。塩を用いて吐かせるという方法は、結晶として塩が析出するくらいの非常に濃い濃度の食塩水でないと、犬の嘔吐が引き起こされることはありません。嘔吐するほど高い濃度の食塩水を摂取すること自体、犬のからだ、特に腎臓に害をもたらすので推奨できません。
飼い主さんが間違った情報や判断で無理に吐かせようとするのはとても危険です。日頃から救急対応を受け入れてくれる動物病院を確認しておくことをおすすめします。受け入れ可能の動物病院を探すまでの間に食用の活性炭を飲ませておくのは救急的な対処法の一つです。

すぐに動物病院に連絡・連れて行く

犬が食べてしまった玉ねぎを無理に吐かせようと試みるよりも、すぐに動物病院に連れて行きましょう。動物病院に連絡をする際には、玉ねぎを食べてしまった可能性や、摂取量の推定、いつ頃食べ、どのくらい時間が経過しているか、摂取後にその他のものを食べたり、運動をしたり、水などの水分を飲んだか、その他にも確認できる症状を伝えるとよいでしょう。玉ねぎ中毒は緊急性の高い状態であるため、受診後そのまま入院する可能性も高いです。

長ネギやニンニクは与えても大丈夫?

ここまで玉ねぎの危険性についてご紹介してきました。多くの飼い主さんが「犬は玉ねぎを食べてはいけない」とご存知だと思います。しかし、犬のフードやおやつのパッケージの成分をみると「ニンニク」と記載されているものも多くあります。ニンニクは、ネギ類の食べ物です。
冒頭でも少し触れましたが、結論からいうと基本的にネギ類(玉ねぎ、長ネギ、あさつき、ニラ、らっきょう、ニンニクなど)には「アリルプロピルジスルフィド」が含まれているので、中毒の可能性を考えると与えるべきではありません。
しかし、ニンニク(ガーリック)を使ったドッグフードやサプリメントはたくさん見つけることができます。これは、日本のドッグフードの基準にもなっている、アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)が、ニンニクは適量であればネギ類の中毒症状である溶血性貧血を起こすということはなく、ニンニクの持つ駆虫、消化促進といった効能が、犬の健康に役立つという見解を示していることから、実際に犬の食品に含まれているものが多いのです。
しかし、ニンニクの適量については明確な基準はありません。犬の安全を第一に考えると、「飼い主さんが迷っているなら与えない」という方法が最も確実な方法と言えるでしょう。

まとめ

玉ねぎをはじめとするネギ類が、犬に対して強い毒性を示すことはよく知られています。飼い主さんがあえてネギ類を与える必要はありません。
しかし、ネギを含むもの、ネギの成分を含むもの(スープや、ハンバーグなどネギのエキスも含む)、そしてネギを扱った後の包丁やまな板、食器なども注意が必要です。重篤な玉ねぎ中毒は、死に至る可能性もあります。万が一摂取してしまった場合には「大丈夫だろう」と軽く考えずに、早急に動物病院へ連れて行きましょう。自宅で無理に吐かせるような処置は成功する可能性も低く、犬のからだに悪い影響を及ぼす可能性が高いため、決しておすすめできません。
命に関わる緊急事態の際に愛犬を助ける方法は「速やかに適切な治療を受けること」です。緊急事態にならないためにも、玉ねぎを含むネギ類の管理に気をつけて、犬が食べることがないようにしましょう。

監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )

佐野忠士先生

※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※まいにちのいぬのきもちアプリユーザーアンケート、回答者数744名

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る