1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 【獣医師監修】犬にネギは絶対にNG。食べてしまったときの症状と対処方法

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にネギは絶対にNG。食べてしまったときの症状と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬にネギを与えてはいけません。わずかな量を食べたり舐めたりしただけでも、「ネギ中毒」を起こし、最悪の場合は死に至ることも。そうした事態に至らないよう、犬がネギを誤食してしまった場合の症状と対処法を紹介するとともに、犬にネギが危険な理由を解説します。

佐野 忠士 先生


目次

犬にネギを与えるのはNG!その理由と致死量とは

犬がネギを食べてしまうことで起こる中毒症状

ネギ以外にも注意して!同じ中毒症状が起きる食材とは

犬がネギを食べてしまった場合の対処法

愛犬をネギ中毒にしないためにできる予防法

ネギの危険性を知って、日ごろから近づけないよう対策しよう!

犬はネギを食べてはいけない。命の危険あり

皿の刻んだネギ
kuppa_rock/gettyimages

犬にとってネギは危険な食べ物です。加熱されている場合も危険は同様です。
犬はネギを食べると「ネギ中毒」を起こし、最悪の場合は命を落とすこともあります。犬が自ら進んでネギをかじることはあまりないと思われますが、ネギが入っている料理には気をつけなければいけません。
ネギを刻んで入れた卵焼き、チャーハン、スープや味噌汁、すき焼きなど、人間の食卓にはネギを使った料理がたくさんあります。飼い主さんが進んでそれらを犬に与えなくても、目を離した隙に愛犬が食べたり舐めたりするケースも十分に考えられます。

どのくらいの量を食べたら危険かということは、個体差があるため一概にはいえません。わずかな量でも食べたり、舐めたりしただけでも中毒症状をきたす場合があるので、微量でも犬にネギは与えないでください。

犬がネギを食べたときに見られる症状|下痢、嘔吐、血尿、発熱、呼吸困難など

座って真っ直ぐカメラを見つめている茶色いゴールデン・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がネギを食べると「ネギ中毒」になり、貧血をはじめさまざまな症状が見られるようになります。

中毒が考えられる症状

以下に挙げるすべての症状が現れる可能性があることを覚えておきましょう。

  • 元気がなくなる
  • 下痢、嘔吐をする
  • 食欲がなくなる

  • 血尿が出る
  • 発熱する
  • ふらついて歩けなくなる

  • 歯茎や目の結膜が白くなる(貧血)
  • 黄疸が出る
  • 脈が弱くなる
  • 呼吸や脈が速くなる
  • 呼吸困難になる
  • 血便が出る
  • 吐血する
  • 意識がなくなる(ショック症状)


なかでも血尿と貧血はネギ中毒の代表的な症状です。ネギを誤食した可能性があり、真っ赤でなくてもピンク色の尿が出たり、やたらとふらつき始めたら、ネギ中毒を疑い、すぐに獣医師の診察を受けてください。

症状が出るまでの時間

犬がネギを食べてから中毒の症状が現れるまでの時間は、個体によって差があります。
ネギを食べてすぐではなく、早いと30~60分ほどで症状が現れ、症状の出方も犬によって異なります。なかには食べてから1~3日たって症状が出る場合もあります。

犬がネギを食べてしまった場合の対処方法

白いマルチーズの顔アップ(斜め右向き)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がネギを食べてしまった場合は、量の多少や症状の有無に関わらず、早急に動物病院に連れて行ってください。
受診前の注意点と受診時に要しておきたいもの、病院での治療方法について紹介します。

すぐに病院へ。自己流で吐かせるのは危険!

ネギを食べてからそれほど時間がたっていない場合は、口から吐き出させることができるかもしれません。
しかし、ネギに関わらず、愛犬が何かを誤飲してしまったときに、飼い主が無理矢理に吐き出させようとするのはたいへん危険です。

WEBなどで、オキシドールや塩水を使って吐かせる方法が紹介されていることがありますが、絶対にやってはけません。オキシドールは万が一犬が誤飲してしまった場合に肺炎をはじめ重篤な障害を引き起こす危険性があります。さらに、オキシドールによって胃の粘膜がただれて激しい炎症を起こすことも。そのため、動物病院でもオキシドールを使った催吐処置は推奨されていません。
また、塩水を使う方法も、犬が嘔吐するほど濃い濃度の塩水を飲ませること自体、犬の体、とくに腎臓に害を及ぼす危険性があります。
いずれにしても、飲み込んだものを吐き出させる「催吐処置」は、獣医師が行う医療行為です。

とくに多くの量を食べてしまったことが明らかであったり、すでに何らかの症状が出ている場合は、時間がたつとさらに悪化する可能性があります。自然治癒は見込めないため、速やかに病院を受診してください。

受診する際には、「いつ食べたか」「どのくらい何を食べたのか(推量で可)」「食べてから運動をしたか」「水を飲んだか」「どんな症状が見られたか」などをメモして獣医師に見せると、診察・治療がスムーズに進むでしょう。

病院での治療方法

残念ながら、「ネギ中毒」に対する効果的な解毒剤や治療法はありません。病院で行われるのは、おもに以下の対症療法になります。

◆中毒症状の原因物質を取り除く
食べてからあまり時間がたっていない場合は、催吐処置を行って食べたものを吐き出させます。
食べてから約2〜4時間以内で緊急性が高い場合は、胃洗浄が行われます。また、活性炭などの吸着剤や下剤を使って毒物の除去を図ることもあります。

◆赤血球やヘモグロビンの酸化を抑える
中毒症状が見られる場合は、抗酸化剤やステロイド剤を用いて、赤血球の破壊を食い止めます。

◆症状に応じた対症療法を行う
重度の貧血があれば、輸血を行う場合があります。また、腎臓がダメージを受けている場合や、その他の症状に対して、点滴やビタミン剤の投与を行い、体力の回復を図ります。

犬はネギを食べてはいけない理由|ネギ中毒によって貧血や急性腎不全を起こすことがあり危険!

車の中で飼い主を見上げて笑っているシー・ズー(紺色の洋服)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間が食べても大丈夫なネギ。なぜ犬には危険な食べ物なのでしょうか。その原因物質について紹介します。

ネギに含まれる「有機チオ硫酸化合物」が中毒の原因

従来、犬がネギ中毒になるのは、ネギに含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という成分が原因であると考えられてきました。しかし、研究が進むなかで本当の原因は「有機チオ硫酸化合物」という物質であることが明らかになりました。

有機チオ硫酸化合物には、赤血球や赤血球の中にあるヘモグロビンを酸化する作用があります。ヘモグロビンは、赤血球の中にあるタンパク質で、体全体に酸素を運ぶ役割を担っていますが、酸化すると「メトヘモグロビン」という物資に変化し、酸素を運ぶ働きを失ってしまうのです。また、これにより脆弱(ぜいじゃく)となった赤血球は壊れやすくなり、溶血性貧血、血尿そして急性腎不全を引き越し、命を落とす事態を招くこともあるのです。

辛味成分「硫化アリル」が変化した「アリシン」が貧血や胃の不調の原因に

ネギを刻むと目に染みるような匂いを発します。それが辛味成分の「硫化アリル」で、空気に触れることで「アリシン」という物資に変化します。

さらにこのアリシンは、体内で分解されると「二流化アリル(ジアリルジスルフィド)」を生成しますが、犬は二流化アリルを消化する酵素を持っていないため、二流化アリルが作用して赤血球が破壊されてしまい、貧血を起こすことがあります。また、アリシンの強い殺菌作用は、胃壁を傷めたり、腸内細菌を死滅させてしまうこともあります。

部位別のリスク

ネギは青いところも白いところも、部位に関係なく、すべてに犬に害を及ぼすリスクがあります。

状態別のリスク

ネギは中毒の原因になる有機チオ硫酸化合物やアリシンは、加熱してもなくなることはありません。茹でる、炒める、揚げるなどの調理を加えても、犬にとって有害な成分は残ったままです。

危険な量の目安

明確な数値があるわけではないですが、一般的には体重1kgあたり5~10gで中毒症状が現れることが多いといわれています。とはいえ、個体差があるため、ほんの少しでも致死量になることがあります。微量でも与えないようにしてください。

ネギ中毒を起こす危険な食材

ネギ中毒の原因になる食材はネギだけではありません。以下のネギ科の野菜やそれらを使った料理にも注意が必要です。

  • ニラ

  • 玉ねぎ

  • ニンニク

  • すき焼きやしゃぶしゃぶなどの鍋物

  • 野菜ジュース

  • カレーなどのルウ

  • ネギを煮たスープや味噌汁

  • ケチャップやソースなどの調味料

  • ハンバーグ

  • 赤ちゃん用のレトルトフード など


これら以外にも、惣菜パン類や丼ものなど、ネギ類を含む食べ物はたくさんあります。飼い主さんが目を離した隙に愛犬がつまみ食いする可能性は十分に考えられます。明らかにネギが入っている食べ物を遠ざけるだけでなく、基本的には人の食べ物は犬の口に入らないよう気をつけてください。

犬のネギ誤飲を防ぐ方法

ドット柄の細長いクッションの前で腹這いになり、カメラを見つめている黒&白のチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬をネギ中毒しないためには、飼い主さんが食べ物の管理をしっかりすることが大切です。愛犬の命を守るために、以下のことを心がけましょう。

ネギの調理中は犬をキッチンに入れない

料理をしているときは、犬をキッチンに入れないよう、柵をするなどの対策をしましょう。また、調理が終わったあとに床に落ちているものがあれば、きれいに掃除をしておくことも大切です。

ネギを触った手で犬に触れない

ネギそのものを食べなくても、ネギのエキスがついた手を舐めることで、ネギの有毒物質が犬の体内に入ってしまいます。ネギ類を触ったり調理したりしたあとは、きれいに洗ってから愛犬を触るようにしてください。

散歩中はネギ畑や落ちているネギのそばを通らない

愛犬の散歩コースに畑がある場合は要注意。ネギ、玉ねぎ、ニンニク、ニラなど、犬がかじったり舐めたりしたら危険なものが落ちている可能性があります。畑や家庭菜園の近くを散歩で訪れるときは、犬が拾い食いしないよう注意深く観察しましょう。

犬にネギは NG! ネギの仲間はすべて中毒の危険性あり

長ネギ、あさつき、わけぎ、ニラ、ニンニク、らっきょうなど、ネギの仲間の野菜は、すべて犬にとって命を脅かす危険な食べ物です。微量でも舐めるだけでも危険なので、愛犬の口に入らないよう、くれぐれも注意してください。

しかし、ニンニク(ガーリック)を使ったドッグフードやサプリメントはたくさん市販されています。これは、日本のドッグフードの基準にもなっている「アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)」が、適量のニンニクであれば中毒症状である溶血性貧血を起こすことはなく、ニンニクの持つ消化促進効能などが犬の健康に役立つという見解を示しているからです。
ただし、ニンニクを食べさせてよい適量の明確な基準はないので、愛犬の健康を第一に考えるなら「ネギやその仲間の野菜はすべて与えない」と覚えておくほうがよいでしょう。

犬には与えてはいけない食べ物や、注意したい食べ物があります。確認しておきましょう。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医学類准教授)
文/村田典子
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る