1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 子犬がかかりやすい「ケンネルコフ」。潜伏期間や症状は? 風邪とはどう違う?

子犬がかかりやすい「ケンネルコフ」。潜伏期間や症状は? 風邪とはどう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬がかかりやすい病気としてよく名前が挙がるのがケンネルコフ。「犬の風邪」と呼ばれることもあります。ただその名前が与える印象と異なって伝染力が強く、ほうっておくと重い症状が現れる、要注意の病気です。今回は、犬がケンネルコフにかかる原因から潜伏期間、症状、かかったときの対処法までを解説していきます!

タオルにくるまるダックスフント

ケンネルコフとは、感染力の強い呼吸器系の病気

ケンネルコフとは、呼吸器の感染症。伝染性気管気管支炎とも呼ばれます。原因となる病原体としては、犬アデノウイルス2型や犬パラインフルエンザウイルスや細菌。これらの病原体が単独で感染するより、混合感染する方が症状が重くなります。

感染は、すでに感染した犬との接触や、感染犬のせきやくしゃみでウイルスや細菌がまき散らされ、それが口や鼻を経由して体内に入ることで起こります。ペットショップや保護施設など、犬が多数いる場所で広がりやすい病気として知られています。

短く乾いたせきをする症状が特徴

症状は、短く乾いたせきが特徴。せきが刺激となって、食べたものを吐くこともあります。ただ食欲が落ちることはなく、元気もありますが、微熱を出すことがあります。通常は症状は数日で治まります(単独感染の場合)。

しかし、混合感染が起きると高熱を出し、膿(うみ)のような鼻汁を出して肺炎や呼吸困難を起こし、最悪の場合は死に至ります。とくに子犬や老犬では症状が重くなる傾向があります。

潜伏期間は3~10日間

子犬

ケンネルコフが感染してから発症するまで、3~10日間の潜伏期間があるといわれています。子犬の場合、なかにはペットショップで感染して、自宅に迎え入れたときは元気だったのに、突然症状が発生することがないわけではありません。

もし自宅に迎え入れてから発症した場合、治療費をペットショップが負担してくれるケースもあります。購入する前に、保証内容などをよく確認しておきましょう。

抗生物質やせき止めなどで治療、ワクチンで予防

注射される犬

ケンネルコフは軽症の場合、数日間症状が出て治まることもあります。通常、抗生物質やせき止めなどを投与して治療を行います。

予防にはワクチン接種が有効です。3種混合や5種混合、7種混合といった混合ワクチンを接種することでウイルスによる感染を抑えられます。また、犬の体調がよくないときはペットショップなどをはじめとする犬が多く集まる場所へ連れて行かないことも、ケンネルコフの予防につながります。

成犬になっても注意したい病気

ケンネルコフはせきが症状の特徴ですが、ケンネルコフのほかにも、似た症状の病気にかかることがあります。なかには命にかかわるような病気もありますから、子犬だけでなく成犬になっても注意が必要なので確認しておきましょう。

犬ジステンパー

犬ジステンパーウイルスの感染によって起こる病気で、とくに1才未満の子犬がかかりやすいことで知られています。初期症状としては高熱や下痢、肺炎などを起こしますが、進行するとけいれん発作や震えなどの神経症状を起こしたりすることがあります。

治療は、細菌の二次感染を抑えるために抗生物質を投与します。また、ワクチンによる予防が有効な病気なので、飼い主さんはワクチン接種を忘れないようにしましょう。

パルボウイルス感染症

離乳期以降の子犬にみられる、犬パルボウイルスの感染により、激しい嘔吐(おうと)と下痢を起こす病気です。このため脱水状態となって衰弱してしまいます。もしかかってしまったら、細菌の二次感染を抑えるために抗生物質などを投与します。

犬パルボウイルス感染症は、ワクチンの接種で予防できる病気です。愛犬の健康のためにも、ワクチン接種を忘れないようにしましょう。

僧帽弁閉鎖不全

心臓にある僧帽弁(そうぼうべん)という弁がきちんと閉じなくなり、心臓の中で血液が逆流してしまう病気です。喉にものがつかえたようなせきをしたり、運動を嫌がるようになったりします。

遺伝的な要因もある病気で、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルやマルチーズによくみられます。ケンネルコフと異なるのは、年を取ったシニア犬のほうがなりやすいということ。治療は、血管を拡張する薬を使うなどして行いますが、完治は難しく、早期発見と早期治療開始で病気の進行をなるべく抑えていくことが大切です。

【獣医師が解説】犬の心臓病|早期発見のための心得や予防法とは?

気管虚脱

気管虚脱とは、喉と気管支をつないでいる気管が強度を失ってつぶれてしまう病気です。症状としては、せきやガーガー、ゼーゼーという呼吸音が特徴です。

一般的にポメラニアンやチワワ、ヨークシャー・テリアやトイ・プードルといった小型犬種がよくかかる病気です。根本的に治療するには外科手術が必要ですが、これについても子犬ではなく成犬になってからかかりやす病気です。

【獣医師が解説】犬が「ガーガー」苦しそう!気管虚脱の対処法は?

フィラリア症

犬糸状虫という寄生虫が心臓に感染する病気です。重症化すると咳をしたり呼吸が苦しそうな様子を示します。急性の場合は、急激に元気がなくなり、食欲がなくなるだけでなく、粘膜が青白くなったり、呼吸困難を起こしたりします。この場合直ちに治療を行わないと死に至ることもあります。

治療は、駆虫薬を用いたり、重篤な場合は外科手術を行って犬糸状虫を取り除く場合もありますが、体への負担が大きくいつも行えるとは限りません。

犬糸状虫は蚊を通じて感染するため、蚊が発生する季節に駆虫薬を投与することで予防が可能です。最近では温暖化で蚊の活動期間が長くなる傾向があります。子犬のうちは重症化することは考えにくいのですが、薬をいつからいつまで投与するかは、かかりつけの動物病院に相談するようにしましょう。

【獣医師が解説】犬のフィラリア症の症状と治療法|ステージ別に解説

まとめ

初期症状としてせきが出るケンネルコフは、ペットショップや保護施設といった犬がたくさん集まっている場所で急速に感染しやすい病気です。子犬や老犬では症状が重くなることもあるので、予防が大切。スケジュール通りにワクチンを接種することでウイルスによる感染を防ぐことができますから、忘れずにワクチン接種を行いましょう。

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/コージー根本
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る