1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 専門家監修|ポメラニアンの被毛の特徴や抜け毛対策、お手入れのコツ

犬と暮らす

UP DATE

専門家監修|ポメラニアンの被毛の特徴や抜け毛対策、お手入れのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふわふわな被毛がキュートなポメラニアン。今回は、ポメラニアンの被毛の特徴や抜け毛の原因・ケア方法、被毛をキレイにする“マル秘”ブラッシングテクをご紹介します。カット(トリミング)に関する注意点もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!


目次

ポメラニアンの被毛の特徴

ポメラニアンの抜け毛について

ポメラニアンの毛玉のお手入れ&ふんわりテクニック

ポメラニアンにカットは必要?

こまめなお手入れで快適で楽しい生活を!

ポメラニアンの被毛の特徴

はしゃぐポメ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ポメラニアンの被毛の構造

ポメラニアンは硬くて太い「オーバーコート」と、細くて綿毛のような「アンダーコート」からできた、「ダブルコート」と呼ばれる被毛をもった犬種です。
オーバーコートは皮膚を保護する役割を、アンダーコートは保湿や保温といった体温調整の役割を果たしています。

ポメラニアンの毛色の種類

ポメラニアンの「ジャパンケネルクラブ(JKC)」による公認カラーは、以下の通りです。

オレンジ、レッド、ホワイト、クリーム、ブラウン、チョコレート、ブラック、ブルー、ビーバー、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、パーティ・カラー、ブラック・タン

このように、公認カラーは全部で13色ですが、ほかにも「非公認カラー」とされるマールカラーもあります。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】ポメラニアンの毛色の種類~人気の毛色や性格とは?」

ポメラニアンの抜け毛について

花とポメ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

抜け毛が多い理由とは?

アンダーコートは体温を調整するという特性上、夏前と冬前の「換毛期」に生え変わります。個体差はありますが、ポメラニアンの換毛期の抜け毛の量は相当なもので、特に入念なお手入れが必要となるでしょう。

ただし、病気が原因で抜け毛が増えるケースもあります。ポメラニアンによく見られるのは、「アロペシアX」という病気です。
この病気は、頭と脚を除いた全身の被毛が抜けてしまうのが特徴で、「ポメラニアン脱毛症(ポメハゲ)」や「偽クッシング症候群」「成長ホルモン反応性皮膚炎」などとも呼ばれています。

原因がわかっていないため、治療法や予防法も確立されておらず、今のところ投薬治療を行うケースがほとんどのようです。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師監修|ポメラニアンの抜け毛対策やみんなが選んだおすすめグッズ」

「お猿期」とは?

ポメラニアンには「お猿期」や「猿期」などと呼ばれる、被毛が抜けて少なくなる期間があるのをご存じでしょうか?

個体差はありますが、生後4~8ヶ月くらいの間に被毛が抜け始め、だんだんとその量が増えて、最終的には被毛がスカスカになってしまいます。
顔周りの被毛も抜けるため、その見た目が猿のように見えることから、このように呼ばれるようになったそうです。

あまりの激変ぶりにショックを受ける飼い主さんもいますが、ほとんどのポメラニアンが成犬になる過程で経験するものなので、あまり心配はいらないでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「専門家が教える!ポメラニアンの“お猿期”って?疑問・お悩み・画像」

抜け毛対策はあるの?

抜け毛対策として大切なことの1つは、こまめなブラッシングです。被毛が抜け落ちる前に、ブラッシングで取り除いであげましょう。

《基本的なブラッシング方法》

1. まずは犬の全身をチェックし、もつれている部分があれば指でつまんで、左右にゆっくりと広げてほぐします。その際、ブラッシングスプレーを併用しても◎

2. 手のひらに被毛をのせた状態で、スリッカーを使って毛先からとかします。

3. 全身をとかしたらコームを使い、毛並みにそってとかしましょう。被毛を下からすくうように毛流れを整えると、ふわふわになりますよ。

4. コームで毛が引っかかるところがあったら、再度スリッカーを使って毛先からとかしましょう。

※スリッカーの使用方法を誤ると、皮膚を傷めることがあるので注意してください。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「美しい毛並みをキープするための秘訣は!?巻き毛、長毛、短毛…被毛タイプ別のお手入れ方法を伝授!」

ポメラニアンを毛玉のお手入れ&ふんわりテクニック

毎日ブラッシングしていても、ポメラニアンはもつれ毛や毛玉ができやすいため、以下のような“裏ワザ”を使って、キレイにお手入れしてあげるのもおすすめです。

毛玉をほぐすブラッシング法

ではまず、ドライやブラッシングの際に、毛玉を見つけたときのほぐし方をご紹介します!

①毛玉より毛先の部分をとかす

行程①

いきなり毛玉をとかすのではなく、毛玉を指でつまんで、写真のように毛玉がある部分よりも左にある毛先側からとかします。

②毛玉にブラシの先を小刻みに当ててほぐす

行程②

一気にほぐすと被毛が引っ張られて痛いので、小刻みに少しずつブラシを当てて根気よくほぐしてください。

③毛玉がほぐれたら全体をとかす

行程③

毛玉がほぐれたら、毛玉より根元に近いとこから毛先に向かってスッとブラシを通し、全体をとかしましょう。

ササッとふんわりさせるテク

写真を撮る前などに取り入れたい、ふんわりテクニックをご紹介します!

①静電気防止スプレーをかける

行程①

被毛のからまりや静電気による毛立ちを防ぐ効果のある、市販の犬用静電気防止スプレーを使用します。

②毛並みに沿って胴体をとかす

行程②

まずは毛並みにそって、左右の胴体とお尻の順にとかしていきます。

③毛並みと逆にとかしふわっとさせる

行程③

毛並みとは逆に被毛をすくってとかしましょう。②と③を数回繰り返すと、ふわっと仕上がりますよ!

④できあがり!

できあがり

ポメラニアンにカットは必要?

ライオンカット
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ポメラニアンはカット(トリミング)する必要があるの?

ポメラニアンの被毛は、一定の長さ以上には伸びません。そのため、必ずしもカットが必要な犬種ではないのです。

もしカットをする際は、お腹の部分や、「桃尻カット」でお尻まわりをカットすることで、排便時に被毛が汚れにくくなるでしょう。被毛は皮膚を紫外線から守る大切な役割をしています。そのため、全身のサマーカットは無理にしなくてもいいでしょう。

そのほか、肉球の間に生える毛を切ることで滑りにくくなるため、転倒などのトラブルも予防できます。ポメラニアンは関節の問題を抱えやすいので、特にカットしておきたい部位ともいえるでしょう。

ポメラニアンをカットする際の注意点

ポメラニアンの人気カットスタイルといえば、「柴犬カット」や「たぬきカット」などがありますが、カットする際には少し注意が必要です。

◆被毛が伸びなくなる・毛質が変わる
カットし過ぎてしまうと、被毛が伸びるまでに時間がかかることが。また、カット前よりも被毛にツヤがなくなったなど、毛質の変化が見られるケースも珍しくはありません。
特にバリカンを用いて短く刈り込むような方法でカットすると、このようなトラブルが起こりやすいようです。

◆短くし過ぎると皮膚に悪影響を及ぼす
犬の皮膚はとても薄く弱いため、バリカンを使って被毛を短くし過ぎてしまうと、皮膚に直接日光が当たり、皮膚病の原因になることがあります。夏場の熱中症対策のためとはいえ、被毛を短く刈り込み過ぎるのは避けたいところです。

カット後にこのような問題を引き起こさないためには、担当のトリマーにバリカンを使わないようにお願いするとよいでしょう。また、どれくらいの長さにするかなど、しっかり相談することも大切です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「ポメラニアンの柴犬カットとは? 料金や失敗しない方法などを独自調査」

こまめなお手入れで快適で楽しい生活を!

ひょっこり
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

豊富な被毛や毛色が魅力のポメラニアン。さまざまなカットスタイルが楽しめることも、飼い主さんの楽しみの1つかもしれませんね。
その反面、抜け毛が多く大変な時期もあるかもしれませんが、こまめなお手入れで上手に乗り切りましょう!

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師監修|白い毛のポメラニアンの特徴・価格・性格・飼い方とは」

参考/「いぬのきもち」特別編集『ポメラニアンの飼い主さん4万人の体験から作った!ポメラニアンとの暮らしがもっと楽しくなる本』(監修:フジタ動物病院院長 藤田桂一先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】ポメラニアンの毛色の種類~人気の毛色や性格とは?』(監修:獣医師 右京動物病院SAGANO院長 平野太陽先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『ポメラニアンの柴犬カットとは? 料金や失敗しない方法などを独自調査』(監修:獣医師 右京動物病院SAGANO院長 平野太陽先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『獣医師監修|ポメラニアンの抜け毛対策やみんなが選んだおすすめグッズ』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『美しい毛並みをキープするための秘訣は!?巻き毛、長毛、短毛…被毛タイプ別のお手入れ方法を伝授!』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る