1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. トラブル
  5. 犬と電車に乗るには 東京の主要鉄道会社の料金やルール、飼い主体験談も

犬と暮らす

UP DATE

犬と電車に乗るには 東京の主要鉄道会社の料金やルール、飼い主体験談も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行などで、愛犬と一緒に電車を利用したいという飼い主さんも多いのでは。そこで今回は、犬と電車に乗る際の注意点をはじめ、首都圏の主要鉄道会社が公表している料金やルールを解説。実際に愛犬と乗車した飼い主さんの体験談もあわせて紹介します。

犬は電車に乗れるの?料金やサイズ規定は?

洋服を着るパグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

主要鉄道会社では「手回り品」としてペット連れ乗車を認めています

多くの鉄道会社では、「手回り品」として一定のルールのもと、犬や猫などペット連れでの乗車を認めています。各鉄道会社が定めるルールを守り、ほかの乗客へのマナーに配慮したうえで、犬と一緒に電車に乗ることができます。

乗車可能なサイズや手回り品料金は鉄道会社によって違いが

「手回り品」を車内に持ち込むにあたり、それぞれの鉄道会社で持込み可能なサイズや持ち込みにかかる費用は異なります。また、動物を持ち込む際の注意点を別途定めている会社もあります。なお、どの鉄道会社でも、動物を持ち込む場合は全身が入るケースに入れることを前提としていますので、犬が入るキャリーバッグなどのサイズが規定内であることが必要です。

以下に、首都圏の主要鉄道会社が公表している手回り品料金とサイズ規定、注意事項を記載していますので、参考にしてみてください。

各鉄道会社の手回り品料金・サイズ規定

鉄道会社手回り品料金3辺の合計1辺の長さ重さ
JR290円90cm程度70cm以内10kg以内
都営地下鉄無料250cm以内30kg以内
東京メトロ無料90cm程度70cm以内10kg以内
小田急電鉄無料90cm程度70cm以内10kg以内
京成電鉄無料90cm程度70cm以内10kg以内
西武鉄道無料90cm程度70cm以内10kg以内
東武鉄道無料90cm程度70cm以内10kg以内
京王電鉄無料90cm以内70cm以内10kg以内
東急電鉄無料90cm以内70cm以内10kg以内
2020年9月調べ

各鉄道会社の注意事項

共通

  • 規定サイズ内のケースに収納されていること。

JR

  • 改札口にて手回り品きっぷを購入したうえで、乗車可能。
  • ドッグスリングは、全身が入っていても利用不可。
  • ペットカート(ペットバギー)は、カートも含めた寸法がサイズ規定をこえるため、使用不可。ただし、ケースとカートを分離する場合を除く。
  • 駅構内や車内では、ペットをケースから出さないこと。

東京メトロ・東急電鉄・西武鉄道

  • ほかの旅客に危害を及ぼしたり、迷惑をかけたりするおそれがないと認められるものに限り持ち込み可能。

都営地下鉄・東急電鉄・京成電鉄・東武鉄道

  • ほかの旅客に危害や迷惑がかかる恐れがないよう、容器から頭や手足が出ないものであること。

利用する鉄道会社に事前確認を

ケースの形状などに規定がある鉄道会社も多いので、上記はあくまで参考にしていただき、実際に愛犬と一緒に電車に乗る際は、利用予定の鉄道会社に事前に確認することをおすすめします。また、ほとんどの鉄道会社で車内に手回り品として持ち込めるのは、動物の入ったケースの3辺合計が90cm程度、総重量10kg以内と定められていることからも、中~大型犬を電車に乗せることは難しいでしょう。(身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬を除く)

犬と乗車する際のルール、マナーを知っておこう

お散歩するマルチーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

移動用ケースは全身が入るペット用キャリーバッグなどを

各鉄道会社でルールとして定められているように、犬を電車に乗せる場合は、全身が入るペット用キャリーバッグやクレートなどの移動用ケースに入れる必要があります。顔や体の一部をケースから出すのはNGですので気を付けましょう。また、座席の上にケースを置くと周囲の迷惑になってしまうので、足元に置くか手で持つようにしてください。

ペットカート、スリング(抱っこ紐)はおすすめできません

犬用カートやスリング(抱っこ紐)での乗車を禁止している鉄道会社もあるので、これらを電車に乗せる際の移動用ケースにすることはおすすめできません。

動物が苦手な人への配慮を忘れずに

公共交通機関である電車は、さまざまな乗客が利用します。なかには、動物が苦手な方やアレルギーの方もいる可能性があります。乗車ルールやマナーは必ず守りましょう。

まずは一駅から!電車に乗る練習をしよう

お散歩するボーダー・コリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬と安心して電車移動をするためには、日ごろから練習をしておくことが重要です。
犬の乗車には移動用ケースに入ることが大前提なので、キャリーバッグやクレートに入る練習は不可欠。それができたら、駅や車内の音に慣れさせる練習を経て、まずは一駅から実際に電車に乗る練習をしましょう。

こちらの記事で電車に乗るための練習方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

飼い主さんの体験談を紹介

洋服を着るトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

いぬのきもち WEB MAGAZINEで実施した、飼い主さん719名に対する「愛犬と一緒に電車に乗ったことがあるか」というアンケート調査では、少数ではありますが、17.0%の飼い主さんが「愛犬と電車に乗ったことがある」と回答。ここでは、飼い主さんたちが経験したエピソードの一部を紹介します。

おとなしくしてくれていた

まずは、「おとなしくしてくれていた」という飼い主さんの声から見ていきます。

  • 「おとなしくしてくれていたので、犬がいることに気づかなかったほかの乗客がびっくりしていた」
  • 「一言も鳴かなかったので、犬と一緒にいることを付近に座っていた人たちは気付かなかった」
  • 「ずっと吠えるかなと思ったけれど、電車の振動で心地よかったのか、クレートの中で横になって眠りこんでしまっていた」
  • 「小さい頃から乗っているせいか、電車が大好きで。子どものように、網の中から窓の外を眺めて電車が通り過ぎるたび私を見つめ、まるで『あれ何の電車?』と聞いているかのようです!」
  • 「犬があまりにもおとなしくしていたので、倒れてしまったのではないかと思って、心配してしまいました。爆睡してました(笑)」

お利口に電車に乗れるコもいるみたいですね!

吠えたり、怖がったりしていた

なかには、慣れない音などを怖がったり、電車内で吠えたりしてしまったコもいるようです。

  • 「ローカル線ではおとなしかったのに、新幹線では音が怖かったのか怯えていた」
  • 「キャリーに入れて、外が見えないようにしていたが、ほかの人の話し声が聞こえると、たまに単発で吠えていた」
  • 「キャリーバッグの中から乗客と目が合い、グルルとうなったことがある」
  • 「キャリーバックの中で、暴れまくり。それ以来、公共の乗り物には乗れません」
  • 「パピーの頃は鳴いてしまうことがあり、おやつをあげたり、駅に着くたびに降りたりしていた。でも今は、バッグの中でお利口に静かにしてくれます」
  • 「電車が止まってホームに降りたのがわかると、ケージの中から『早く出して!』と言わんばかりに、出してもらえるまで吠えまくって肩身が狭い思いをした。それ以来、電車では出かけず移動は車になった」
  • 「キャリーバッグに入っていましたけど、酔ってしまって。それ以来、電車が苦手となりました」
  • 「乗り物酔いが酷くて、よだれダラダラ状態でした」

慣れない揺れに、乗り物酔いをしてしまったというコもいるようですね。

飼い主さんのほうが緊張?

愛犬よりも、飼い主さんのほうが緊張してしまったという声もありました!

  • 「普段からよく吠える犬なので『お願いだから吠えないでね~』とずっと気にかけていたが、意外と静かにしていてくれてホッとしました。神経がすり減るので、また電車に乗せる気には、なかなかなれません」
  • 「ワンコがバッグの中でどうしてるか、ずっと気になってました。周りの人たちが嫌がっていないか心配でした」
  • 「冷や汗が出そうなくらい、飼い主が緊張しました。電車降りたら体が痛かった!」

愛犬と一緒に電車に乗れるようになれば、行動範囲がぐんと広がります。ルールやマナーを守って、安全に楽しく電車の旅をしてくださいね。

出典/「いぬのきもち」2018年1月号『12回で基本をすべてマスターできる!はじめてしつけコンプリートドリルvol.11車の乗せ方・お出かけ』(監修:「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
   『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート vol.112』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る