1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 排泄が上手にできなくなり膀胱炎を繰り返す愛犬。そんなとき出会った東洋医療

犬と暮らす

UP DATE

排泄が上手にできなくなり膀胱炎を繰り返す愛犬。そんなとき出会った東洋医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この特集では、難病や障がいをもった愛犬とその飼い主さんの、闘病や暮らしの様子をレポートします。
今回ご紹介するのは、11才のときに「両後肢の固有位置感覚の低下」と指摘されたパグのガブくんと、ご家族であるKさん。
それまでは、友達犬と追いかけっこをしたり、飼い主さんと旅行を楽しんだりと、ごく普通に生活していたガブくんでしたが、徐々に後ろ足の機能が低下し、最終的には足の甲を地面に擦って歩くようになってしまいました。
しかし、そんなガブくんを東洋医学も取り入れながら前向きにサポートする飼い主さんと、現在のガブくんの様子についてご紹介します。

1回目の記事|友達犬との追いかけっこが大好きだった愛犬の後ろ足に、突然異変が……。

後ろ足の機能低下とともに細菌性膀胱炎を発症

後ろ足の機能低下からトイレが間に合わなくなり、常時マナーベルトをするようになってから、ガブくんは2016年9月には大腸炎を発症。
続く10月には細菌性膀胱炎を発症しました。

原因としては、元気なときは、外で足を上げてオシッコをしていましたが、マナーベルトをすることで、オシッコが出きらないことがあること。
また、お尻を落としてしゃがんでオシッコをすることで、尿の出口が地面などに触れて、体内に菌が侵入することが挙げられるそう。また、外へ散歩に行くときは、後ろ足の甲が擦りむけないようにペット用サポーターを巻きつけます。写真で緑色に見えるのが、巻きつけたそのサポーターです。

そして細菌性膀胱炎は、繰り返し発症することに。

膀胱炎対策として、漢方薬にトライ



「膀胱炎になるたびに、かかりつけの動物病院で抗生物質を処方してもらっていたのですが、
鍼治療の獣医師から『東洋医学の漢方で膀胱炎が予防できる』と聞いて、すぐに試してみることにしました」とKさん。

以来、1日2回のゴハンのときに、フードに漢方を混ぜて飲ませているそう。食べることが大好きなガブくん。座った姿勢で食べやすいように、写真のように台の上にタオルを敷き、手前側が低くなるように傾斜をつけてボウルを置いています。

オシッコはマナーベルト+尿もれパッドで対処

また、オシッコはギャザーがしっかりしている人用の尿もれパッドをマナーベルトにあてがって対処。
パッドを頻繁に取り替えることで清潔を保ち、膀胱炎を防ぐようにしているのだとか。後ろ足が踏ん張れなくなってからは、写真のように常時マナーベルトを使用しているガブくん。ギャザーがしっかりしている尿もれパッドをマナーベルトで巻いています。

「漢方薬を飲ませ始めて2~3ヵ月たったころ、膀胱炎の症状が改善されてきました。
今も漢方薬は欠かさず飲ませています」

行きつけのトリミングサロンでタイムリーな情報を入手!

Kさんは、漢方とあわせて、2016年の暮れあたりから関節の健康をサポートするサプリメントも飲ませ始めました。散歩中は写真のようにハーネスを使うことも。後ろ足のつけ根にフィットするものがなかなか見つからず、今のものに出会うまで苦労したそう。輪を足に通すタイプより、ベルトでサイズを微調整できるタイプが◎。

「私の場合、ひとつの方法だけに頼るのではなく、自分でいろいろ情報を仕入れて『これはガブにいいのでは?』と思うことはどんどん試すようにしています。
そんな折に、行きつけのトリミングサロンで『犬の鍼灸治療の先生が、月に2回サロンで出張診療してくれる』という話しを、まさにグッドタイミングで聞いたんです」

次回は、鍼灸治療を開始したガブくんの様子と病状の変化、またガブくんが楽しめるようにと日々サポートし続ける飼い主さんの様子についてご紹介します。


※各情報は2020年1月8日現在の情報です。

出典/「いぬのきもち」2020年3月号『困難と闘う!……その先のしあわせへ』
写真/筒井聖子
文/袴 もな

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る