1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 獣医師監修|犬の首輪 正しい選び方・つけ方とは?ハーネスとの違いも

犬と暮らす

UP DATE

獣医師監修|犬の首輪 正しい選び方・つけ方とは?ハーネスとの違いも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の首輪にはさまざまな種類があるので、どれにしようか迷ってしまうかたも多いでしょう。そこで今回は、犬の首輪の種類ごとに、その特徴やサイズ感、つけ方をご紹介します。ハーネスとの違いも解説するので、ぜひ愛犬の首輪選びの参考にしてみてください。

犬の首輪の種類①「ベルト」

【Amazon】首輪 価格 2,280円 (税込) ※2020年9月の記事制作時

ベルトタイプの首輪は革製が主流で、構造的には人が使うベルトと同じです。どの犬種にも使うことができますが、耐久性もあるので、力の強い中型犬以上の犬にとくにおすすめのタイプといえるでしょう。

穴を追加してサイズ調整ができるので、壊れない限り長く使えますが、革製は水に弱いという特徴があるため、雨の日の散歩後など、ぬれたときはしっかりと乾かすようにしてください。

ベルトタイプの首輪のつけ方・サイズ感

人のベルトと同じ構造なので、ベルトホールに金具を差して犬の首につけます。首と首輪の間に指が1本入り、リードをつけて引っ張っても抜けないサイズに調整してください。

犬の首輪の種類②「バックル」

【Amazon】商品名 価格 1,000円 (税込) ※2020年9月の記事制作時

バックルタイプの首輪は布製やナイロン製が主流で、プラスチック製の留め具が使用されているものが多く、比較的軽量なのが特徴です。そのため、体の小さな小型犬や子犬などにおすすめのタイプといえるでしょう。

耐久性はそれほど高いとはいえませんが、種類が豊富で安価なものが多いので、おしゃれを楽しみたいというかたに◎。また、装着が簡単なので、初心者飼い主さんでも使いやすいでしょう。

バックルタイプの首輪のつけ方・サイズ感

犬につけるときは、留め具を“カチッ”とワンタッチで留めればOK。巻き毛や長毛の犬の場合は、つけるときに毛を巻き込まないように注意しましょう。
ベルトタイプと同様、首と首輪の間に指が1本入り、リードをつけて引っ張っても抜けないサイズに調整するのがポイントです。

犬の首輪の種類③「チェーンチョーク」

【Amazon】チョークチェーン 価格2,280円 (税込) ※2020年9月の記事制作時

チェーンチョークタイプの首輪は、全体が鎖(チェーン)でできていて、犬がリードを引っ張って歩くと、首の鎖が締まる仕組みになっています。そのため、引っ張りグセのある犬のしつけや、リーダーウォークの練習などに使われることが多いです。

ただし、使い方を誤ると頚部や気管にダメージを与える危険性があるため、一般の飼い主さんが使う場合は、事前にプロのトレーナーなどに使い方を指導してもらうなど、取り扱いには十分注意する必要があるでしょう。

なお、首輪の仕組み上、力の強い犬や大型犬向きといえますので、力の弱い子犬や老犬、小型犬には使用しないでください。また、毛が鎖に絡まりやすい巻き毛や長毛の犬にも不向きです。

チェーンチョークタイプの首輪のつけ方・サイズ感

頭から通して装着します。そのため、実際の犬の頭まわりのサイズより、最低でも2~3cmくらい大きいものを選ぶようにしましょう。
サイズを測るのはもちろん、チェーンが冷たく重いことなどから、つけるのを嫌がる犬も多いため、購入する前は必ず試着することをおすすめします。

犬の首輪の種類④「ハーフチョーク」

【Amazon】ハーフチョーク 価格 1500円 (税込) ※2020年9月の記事制作時

ハーフチョークタイプの首輪は、力の強い中型犬以上の犬向きといわれ、チェーンチョークタイプの首輪と同様、犬がリードを引っ張ると首まわりが締まるつくりになっています。

犬の首に触れる部分が鎖ではなく布や革製になっているため、チェーンチョークタイプの首輪よりは犬への負担が少ないですが、扱いは同じくらい難しく、しっかりとプロに習わないと大変危険です。

ハーフチョークタイプの首輪のつけ方・サイズ感

頭から通して装着します。サイズは、首まわりの部分(布や革製の部分)+チェーンの長さが、犬の頭まわりの実寸より、最低でも2~3cmくらい大きいものが理想です。
大きすぎても抜けてしまいますし、小さすぎては入りませんので注意しましょう。

犬の首輪の種類⑤「マーチンゲール(マーティンゲール)」

【Amazon】プレミアカラー ハーフチョーク 価格 1,479円 (税込) ※2020年9月の記事制作時

マーチンゲールタイプの首輪は、布製やナイロン製のものが多く、チェーンチョークタイプやハーフチョークタイプの首輪のように、引っ張ると首まわりが締まる仕組みになっています。
しかし、マーチンゲールタイプの首輪の場合は、首が完全に締まらないようになっているため、犬種を選ばずに使用できるでしょう。

マーチンゲールタイプの首輪のつけ方・サイズ感

頭から通して装着します。サイズ感は、チェーンチョークタイプやハーフチョークタイプの首輪を参考にするといいでしょう。

場合によっては「ハーネス」を選ぶのもおすすめ

パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ハーネスとは?

犬の首ではなく、胴体につけてリードをつなぐものをハーネス(胴輪)といいます。

首輪とは違って飼い主さんの合図(リードを引く力)が伝わりにくいため、しつけにはあまり向いていませんが、そのぶん、のどを締めつけず、呼吸が楽になるという特徴があります。そのため、気管虚脱(きかんきょだつ)などの呼吸器系の疾患がある犬の場合は、ハーネスのほうがおすすめです。
また、フレンチ・ブルドッグやパグなどの短頭種も、ほかの犬種に比べると首輪が抜けやすかったり、首が締めつけられることで呼吸がうまくできなかったりすることがあるので、ハーネスのほうが安心かもしれません。

そのほか、足腰の弱くなった高齢犬や、ヘルニアなどの歩行に問題が出るような疾患をもつ犬の散歩にも適しているといわれています。

ハーネスの注意点

ハーネスはつけ方やサイズが合っていないと、体からすっぽりと抜けてしまい、脱走などの原因になります。ハーネスを使用する場合は、愛犬の体格に合ったものを選び、その商品に合ったつけ方できちんと装着するようにしましょう。

なお、ハーネスの種類や正しいつけ方などについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になるかたはチェックしてみてください。

犬の首輪は定期的にチェックし、買い替えることも大切!

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

今回は、犬の首輪の種類ごとに、それぞれの特徴やつけ方、サイズ感などを解説してきました。

最近では、ファッション性を重視したような首輪も数多く販売されていますが、愛犬の安全のためにも、ふだんの散歩やお出かけには耐久性のしっかりしたものを選ぶことが大切です。また、ときどき「猫用の首輪やハーネスを犬に使ってもいいの?」という質問がありますが、犬と猫は似ているようでまったく異なる動物ですので、犬には犬用の首輪やハーネスを選ぶようにしましょう。

なお、首輪は使っていると壊れたり、古くなってきたりしますから、こまめに状態をチェックし、必要に応じて買い替えることも大切です。予備の首輪を持っておくのもいい方法ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る