1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 土佐犬の特徴・性格・飼い方

土佐犬の特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

闘犬として有名な土佐犬。この犬種をしっかりペットとして管理するには、飼主に相当の管理能力が求められる。飼い主には忠実で、力は強いが気は優しい土佐犬。勇ましい容姿には熱烈なファンも。そんな土佐犬の特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

土佐犬の特徴・魅力

闘犬をルーツに持ち、「より強く」「より強そうに」するために、世界各国の大型犬との血を混ぜ現在の威風堂々とした姿になりました。力が強く、忍耐力もあり、多少悪い環境でも適応します。大型犬特有の寛容さや飼い主に忠実な面もあり、きちんとしつけをすれば、犬本来の非常に平和的な生活を送る落ち着いた魅力があります。

土佐犬の歴史 

より強い闘犬を作出するために四国犬に、マスティフ、グレート・デーン、ブルドッグ、及びブル・テリアなどの洋犬種を交配させて高知県で繁殖した犬が土佐犬のルーツです。誕生は19世紀で、昔はジャパニーズ・マスティフと呼ばれていました。

土佐犬の外見上の特徴 

体高※55~60cm以上。体重35~90kg。強靭な顎の力を発揮するため頭は幅が広く、そこから頬に垂れるように耳が垂れます。大きな鼻とややつぶらな目は、しっかりと黒く、この犬種の厳格な表情を印象付けている。骨は太く、そこに太い筋肉がのった体型は頑丈そのものである。シッポは根元が太く、長い。好意的な態度を示すときは、このシッポをユサユサとゆっくり振ります。大きな体を支える、足の関節は大きく、肉球は分厚く、優れたクッション性を発揮している。子犬の頃は特に肢が大きくカワイイバランスを演出する。短くて硬い毛が体全体に均一に生えています。毛色は、レッド、フォーン、アプリコット、ブラック、ブリンドル。胸と足に若干の白い斑がある場合も。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

土佐犬の性格 

骨太の大型犬が持つおおらかな性格で、慣れた人や犬に対して非常に寛大に接します。ただし、知らない人や犬に対しては警戒心を抱くので注意が必要です。繁殖方法や育て方により攻撃性が出やすくなっている犬は特に注意が必要になります。子犬の頃から、攻撃性の強い犬は、ペットとして飼うことは不可能と考えましょう。

土佐犬を飼うのに向いている人 

体が大きく、力が強くて散歩中も気を抜けないため、大型犬を制御できる体力と技術に自信がある人に向いているでしょう。また、体が大きいので食費、医療費、老犬介護費などの金銭的負担がクリアできることも条件として考慮する必要があります。土佐犬は飼育が難しく、怖いイメージがあることから、近隣の方々の理解が得られることも条件となる可能性があります。

土佐犬の飼い方 

土佐犬は、きちんとしつければ飼い主さんへの忠誠心が高い性質をしていますが、なかには扱いが難しいタイプも見受けられます。子犬の時から様々な人や犬と友好的な接触をさせ、警戒心を高めないようにする機会を多く作りましょう。大型犬ですので生後10カ月頃までは、体に大きな負荷がかかるような運動は避け、滑らない地面を選んで歩かせたり、犬を放して自由に運動させましょう。散歩は朝夕2回、それぞれ30分程度。ゆっくり歩いては立ち止まり地面のニオイを嗅いでいては運動効果があまり期待できませんので、散歩の中では速足で歩くタイミングも取り入れましょう。大型犬ですので加齢に伴う筋肉量の低下が、犬の生活の質に与える影響は大きく、介護となれば飼主さんの生活にも大きな影響を与えます。無理のない範囲でしっかり運動をさせることは非常に大切です。

土佐犬のハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

土佐犬は大型犬なので、頑丈なケージで飼育する必要性があります。飼育している環境の中で入ってほしくない場所には、頑丈な仕切りなどを設置して侵入を防ぎ事故を予防しましょう。特に他者が犬の飼育場所に簡単には入れてしまう、犬が簡単に逃げ出してしまえるような環境での飼育は厳禁です。また電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。大型犬のため加齢に伴い筋肉量が落ちると、滑りやすい床の上で重心を安定させることが困難になったり、足首などの関節等に負担をかけることになります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。また大きな段差のない環境も理想的です。犬が寝る場所にはクッション性の高い敷物を敷くなどして、肘や関節部の床ずれやタコを予防しましょう。
<赤字、入れたほうがいいかご確認をお願いします>

土佐犬の食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「大型犬用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

土佐犬のお手入れ・トリミング 

土佐犬は短毛で、被毛は硬い上毛、細い下毛がびっしりと生えています。ラバーブラシで毎日全身を隈なくブラッシングすることで、日常生活中の抜け毛は気にならない程度まで減らせます。体が大きいので、普通に散歩していれば爪は削れて伸びませんが、地面と接しない狼爪は切る必要があります。1年を通して絞ったタオルで全身を拭ケアを行いましょう。

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 1
友好的   2
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 2

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る