1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴・性格・飼い方

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス原産の、パワフルなマッチョ犬。日本ではまだ珍しい犬種ですが、イギリスでは大人気という、スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴・魅力 

コンパクトな体に筋肉がぎっしりと詰まっているような力強い外見と、温和な性格のギャップが魅力のスタッフォードシャー・ブル・テリア。ブルドッグとテリアの両方の良さを兼ね備えた小さいながらパワフルな犬です。飼い主さんにも従順で、愛情深く、お手入れも楽。スポーティな犬なので、一緒に運動したい人には最適な犬種でしょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの歴史 

18~19世紀初頭、イギリスで牛と犬を戦わせる競技が盛んだった頃に、ブルドッグとテリアの交配で誕生したのが、スタッフォードシャー・ブル・テリアです。その他にも闘犬や、ネズミ捕り競技で活躍していましたが、多くの国で闘犬が廃止されてからは、家庭犬向きに改良され、1935年に純血種としてイギリスで認められ、この年に初めてドッグショーに参加しました。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの外見上の特徴 

体高※35.5~40.5cm。体重11~17kg。体と頭の幅がある筋肉質でがっしりとした体、そこにつく小さめの目は、いかにも力強く闘犬の名残が感じられます。前脚の間の幅が広く、胸は分厚く肋骨がよく張っています。そこに引き締まったウエストとヒップがつくことで、上から犬を見ると、やや逆三角形の特徴的な体型が見られます。しっぽは短くもなく長くもなく、先が細くなって垂れています。被毛は体にぴったりとはりついた短毛で、あらゆる毛色が見られますが。好まれるのは、レッド、フォーン、ホワイト、ブラック、ブルー、またはこれらの色にホワイトが入ることもあります。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格は、外見に似合わず、やさしく穏やかです。飼い主さんにも愛情が深く、寛容といわれます。ただ、闘犬であったこともあり、ひとたびスイッチが入ると、凶暴な面を見せることも。やや頑固な面もあるため、子犬の頃からしつけをしっかりと行う必要性があるでしょう。特に興奮しやすい性格の犬は落ち着くことをしっかりと学習させます。

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼うのに向いている人 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、力強さと機敏さを求めて作出されただけあって、非常に活動量の多い犬種です。特徴的である筋肉質な体型を維持するためにも、かなりの運動量が必要。そういう意味では、散歩の時間がたっぷり取れる人が向くでしょう。体は大きくないですが、力は充分に強いので、いうことを聞かないときに制御する体力と技術も必須でしょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、現在基本はやさしく穏やかな家庭犬ですが、闘犬の本能が残っている場合も。闘争心を引き出さないためにも、子犬のときからしっかりしつけを行って飼い主さんがちゃんとコントロールできるよう育ててあげましょう。運動欲求が高い犬なので、1回30分~1時間程度の散歩を1日2回くらい行ってあげられるのが理想。ドッグランや広い庭などで、自由に走らせるのもおすすめです。興奮しすぎない範囲で、アクティブに遊ぶことはエネルギー発散に非常にオススメです。筋肉質な顎の力は、自らの歯を割ってしまうほど強力です。硬い噛むものを与えることは過度の歯の磨耗もありますので避けましょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは室内飼育がいいでしょう。短毛で硬い床や冷たい床は苦手なので、厚手の毛布などを寝床にセットするなどしましょう。特に冬場の日向ぼっこは好きな犬が多いので底冷えしないように。好奇心旺盛なので、入ってほしくない場所には、頑丈な仕切りなどを設置して事故を予防しましょう。留守番させるときは、必ずケージ等に入れましょう。フローリングなどの滑りやすい床の上での生活は、脱臼など思わぬケガをしたり、膝や関節などに負担をかけることもありますので、飼育スペースの床には滑りにくいカーペットやマットなどを敷いて対策を取りましょう。犬の放せる庭などがあると理想的で、運動や外気浴もかねて庭で遊ばせましょう。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

スタッフォードシャー・ブル・テリアのお手入れ・トリミング 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの被毛は短毛ですので、お手入れは簡単です。トリミングは必要ありませんが、皮膚の血行を促進するためにも定期的なブラッシングをしたり、散歩後は絞ったタオルで体を拭くなどのケアを行うといいでしょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

スタッフォードシャー・ブル・テリアが気をつけたい病気 

・目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
・眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることで視野が狭くなる「緑内障」
・皮膚や内臓など、体のあらゆる部分に悪性のしこりができ、命の危険もある「悪性腫瘍」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 1
友好的   2
お手入れのしやすさ 5
訓練のしやすさ 2

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る