1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【初心者向け】犬の上手な飼い方|犬に最適な室内環境としつけの心得

【初心者向け】犬の上手な飼い方|犬に最適な室内環境としつけの心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を迎えたあとも、それまでと同じ環境で暮らしていませんか?犬との生活環境を改善すれば、しつけもしやすくなり、お困り行動を未然に防ぐこともできますよ。今回は、犬に最適な室内環境を作るコツや、ほめるしつけの基本についてご紹介します。

犬を飼うのに最適な室内環境とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を迎えるにあたって室内環境を整えるのは、飼い主さんがすべき重要事項の一つです。しかし犬を迎える前や飼い始めて間もない場合は、何をしたらいいのか分からない人も多いはず。そこでまず、犬にとって最適な室内環境を作るポイントをご紹介します!

犬が安心できる場所を作る

まずは犬が落ち着けるよう、できるだけ人の行き来が少なく静かな場所にクレートやハウスを置き、犬だけの居場所を作ってあげましょう。こうすることで犬はリラックスできるので、ストレスがたまりにくくなります。

安全に配慮して様々お役立ちグッズを取り入れて

キッチンの入り口にゲートを置く、フタ付きのゴミ箱に替えるなどして、犬の誤飲・誤食を未然に防ぎましょう。電気コードは犬がかじってしまうと感電のリスクがあります。万が一、噛んでしまっても大丈夫なように、カバーをつけておきましょう。

最適な温度を保つ

犬は高温多湿が苦手です。温度は18~24度(夏場は26度以下)、湿度は50~60%(夏場は50%以下)が目安です。冷暖房や空気清浄機を利用するなどして、快適な温度・湿度を保つように心がけましょう!

以上のポイントに気を付けながら生活環境を作ってあげることで、犬の安全やストレス軽減につながります。足りないものは買い足したり配置換えしたりして、最適な環境を作ってあげましょう。

室内環境を工夫することでしつけもしやすくなる!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

室内環境をさらに工夫すると、しつけもしやすくなり、飼い主さんにとっても愛犬との生活がもっと楽しくなります。では、どのような工夫をすればいいのでしょうか?

トイレは落ち着く場所に置く

子犬期にすべきしつけの一つといえば「トイレ」ですよね。トイレは部屋のなかでも目立たず、愛犬が落ち着いて排泄できる場所に置くのが、しつけ成功のポイントです。また、トイレに入るときに鼻先が壁などに当たらず、排泄後に自分のオシッコを踏まずに出られるよう、一直線で出られる配置の仕方がベターです。

安心できる居場所を作ることで生活にメリハリができる

愛犬が動揺したときに逃げ込んだり、自由に過ごしたりできる居場所を作ってあげることは、「ハウス」のしつけにもつながります。ハウスを置くのは、ドアや窓から離れた場所かつ人の視線から外れながらも、リビングを見渡せるような場所がベスト。テレビの横や直射日光が当たる場所、エアコンの風が直で当たる場所などは避けたいところです。ハウスのしつけが行き届けば、メリハリのある生活につながりますよ。

テーブルにかえる

ローテーブルや座卓だと飼い主さんの食べ物が見えてしまうので、犬は人間の食べ物を食べたくなってしまいます。しかし、食卓に何が置いてあるかわからないダイニングテーブルに替えることで、おねだり防止や誤飲・誤食も防止できるのでおすすめです。

お出かけグッズを玄関に

犬は飼い主さんをよく観察しているので、飼い主さんが外出の準備をすると「行かないで」と要求吠えしてしまうこともあります。犬に要求吠えをさせない環境を作ってあげるためにも、外出グッズは玄関に置くようにしてください。

目隠しフィルムを張る

知らない人や犬が家の前を通ると、犬は警戒心などから吠えることがあります。このような警戒吠えのしつけには、見えないようにするのが得策。犬の目線の高さの窓には、目隠しフィルムなどを貼って見えないように工夫しましょう。

犬のしつけは”ほめる”のが基本!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬をしつけるうえで最も大切なことは「ほめる」ことです。飼い主さんにほめられることで、犬も楽しく、適切な行動がとれるようになります。ほめてしつけるときのポイントをチェックしてみましょう。

愛犬にストレスをかけずに適切な行動を覚えさせる

ほめられるとやる気が出るのは、犬も人も同じです。犬が指示通りに行動できたり、上手にトイレができたりしたら、フードなどのご褒美を与えてほめてあげましょう。

人の社会に慣れさせる

犬にとって、人との共同生活は「未知の世界」です。人に触られること、決まった場所で排泄すること、外を散歩することー。これらはすべて、犬にとっては刺激的な出来事なのです。

粗相したからなどと飼い主さんが叱ってしまうと、犬はストレス感じてしまいます。しかし、人のルールが分からないのだから、上手にできなくて当然ですよね。時間をかけて飼い主さんが愛犬をサポートする気持ちで徐々に人の社会に慣れさせてあげましょう!

問題行動は叱らずに解決

犬は吠えたり、興奮したり、粗相したりすることもありますが、それは犬自身に原因があるのではなく、犬がそうせざるを得ない環境に置かれたからなのです。こんなときに飼い主さんが叱っても犬には通じませんし、逆に飼い主さんのことを嫌がってしまうこともあるでしょう。犬のお困り行動は飼い主さんが未然に防ぎ、犬が最適な行動がとれるようにサポートする心構えでしつけましょう。

室内環境の工夫としつけをすれば犬との生活は楽しくなる!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬のお困り行動に、ついつい叱りたくなるかもしれませんが、まずはぐっと堪えましょう。何が原因なのか考え、接し方や環境を見直してみましょう。犬を飼い始めると、人だけで生活していたときと全く同じ生活はできなくなります。しかし、犬と生活する室内環境を工夫しながら、しつけをしっかりとすれば、きっと以前よりも楽しく幸せな生活ができますよ。

出典/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大事典』(「犬との暮らしに大切な準備」監修:日本動物病院福祉協会認定家庭犬インストラクター・Can!Do!Pet Dog School代表 西川文二先生)
   「いぬのきもち」16年5月号『愛犬のための生活空間の工夫20』(監修:一級建築士・家庭動物住環境研究家 「かねまき・こくぼ空間工房」主宰 金巻とも子先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る