1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 犬に大根を与えてもいい?大根を犬に与えるメリットは

犬と暮らす

UP DATE

犬に大根を与えてもいい?大根を犬に与えるメリットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬に大根を食べさせるのはNGなのでしょうか?

実は、基本的に大根は犬が食べても大丈夫な野菜です。大根おろしに含まれる酵素「ジアスターゼ」や大根の葉に含まれる「βカロテン」など、の栄養素が含まれています。
常備している家庭が多く、料理中や食事中に愛犬に与えようか迷った飼い主さんも多いのではないでしょうか。
この記事では、愛犬におすすめの大根のあげ方や大根の栄養素などをご紹介します。

この記事の監修

佐野 忠士 先生

 獣医師
 酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授
 酪農学園大学附属動物医療センター 集中治療科診療科長

 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了
 北里大学獣医畜産学部および同大学獣医学部勤務
 日本大学生物資源科学部獣医学科勤務

●資格:獣医師/博士(獣医学)/世界的獣医心肺蘇生ガイドラインインストラクター(RECOVER インストラクター)/CCRP

●所属:日本獣医麻酔外科学会日本獣医学会日本獣医師会日本動物リハビリテーション学会動物臨床医学研究所日本麻酔科学会日本臨床モニター学会

●主な診療科目:麻酔科/集中治療科

●書籍:『asBOOKS チームで取り組む獣医師動物看護師のためのICU管理超入門』『as BOOKS チームで取り組む獣医師・動物看護師のための輸液超入門』『動物看護師のための麻酔超入門・改訂版』 など多数

続きを読む

大根の栄養素

葉の大根
Promo_Link/gettyimages

私たち日本人の食生活に欠かせない大根。
すりおろした大根おろしの状態だと、消化を助ける酵素「ジアスターゼ」と殺菌作用がある「イソチオシアナート」などを摂取できます。一般的に葉に近い部分ほど甘みがあり、根の下の方になるほど辛味が強くなるため、できれば葉に近い部分を与えるようにしましょう。

また、大根の葉の部分には「カリウム」や「カルシウム」、「βカロテン」などが豊富に含まれています。特にβカロテンには皮膚や粘膜の健康を維持する効果があるため、愛犬が大根の葉も好むなら与えてもよいでしょう。

約90%が水分!水分補給にもおすすめ

大根の約90%は水分です。夏場の水分補給のサポートにはもちろん、乾燥する冬の水分補給におすすめの野菜です。

100gあたり17kcalとヘルシーなため、フルーツほどはカロリーオーバーになる心配もありません。もちろん、常日頃から水を与えたうえで、補助のおやつとして大根を与えるようにしましょう。

切り干し大根や漬物は与えても大丈夫?

切り干し大根や漬物は犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

味付けがされていない切り干し大根は、犬に与えても大丈夫です。しかし、食物繊維が凝縮されていて消化しにくいため、水に浸して柔らかくしてから、細かく刻んで与えるようにしましょう。切り干し大根にはカルシウムが多くふくまれています

たくあんやキムチなど、塩や調味料で漬けている漬物は犬に与えないようにしましょう。犬の内臓に負担をかけてしまい、味付けによっては中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

甲状腺疾患のある犬は注意

愛犬に甲状腺疾患がある場合、大根を与えるのは控えましょう。

大根などアブラナ科の野菜に含まれるゴイトロゲンは、ヨウ素の吸収を阻害するとされています。甲状腺ホルモンの分泌に影響し、甲状腺に負担をかけてしまう可能性があります。

そのため、犬も甲状腺に問題がある場合、大根は避けることをおすすめします。元々甲状腺に疾患のある犬は、念のため注意しましょう。

犬には大根アレルギーがある

チャウ・チャウのぽんずちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間に食品アレルギーがあるように、犬にも食品アレルギーがあるのをご存じですか?

犬は稀に、大根にアレルギー反応を示すことがあります。大根アレルギーの症状は犬によって様々。身体のかゆみや目の充血などが起こる軽症のものから、下痢や嘔吐を起こす重症のアナフィラキシーショックまであります。

大根アレルギーの犬の症状1:かゆみ

愛犬がやたら身体を掻いている場合や皮膚が赤くなっているのを発見したら、かゆみの症状(アレルギー性皮膚炎)を疑いましょう。

特にコッカー・スパニエルやスプリンガー・スパニエル、ボクサー、コリー、ダルメシアンなどの犬種に食物アレルギーが出やすいという報告がありますので、該当犬種の飼い主さんは特に注意が必要です。

もし愛犬に大根アレルギーが発覚した場合、食事内容についてアレルゲンを含まない療法食に切り替えるなど、症状に沿った適切な療法が必要になります。もちろん大根をあげるのはNGです。

大根アレルギーの犬の症状2:下痢

大根を食べさせたあとに愛犬のうんちがやわらかい場合や、トイレの回数が多いと感じたら、アレルギー性の下痢症状を疑いましょう。アレルゲン物質が犬の消化管に負担をかけているのかもしれません。

また、犬の下痢の原因はアレルギー以外にも寄生虫や毒物摂取など他の原因も考えられます。決して自己判断せずに、かかりつけの動物病院を受診してください。

大根アレルギーの犬の症状3:嘔吐

愛犬が大根を食べた直後に嘔吐したら、アレルギー性の嘔吐症状を疑いましょう。

初めて与えたケース以外にも、加齢や体調によっては嘔吐することもあるので、愛犬の調子を見ながらあげるのをおすすめします。

もし愛犬が嘔吐してしまった場合、アレルギー性以外にも怖い病気が隠れている可能性があります。決して自己判断せず、かかりつけの動物病院を受診しましょう。

大根を食べた愛犬に異変を感じたら

もし、大根を食べさせた愛犬に上記のような症状が現れた場合、必要に応じてかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。また、もしものケースに備えて、深夜でも診察を受けてくれる動物病院も確認しておくことをおすすめします。

犬におすすめの大根のあげ方

ミックス犬のパコちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間にとって身近な食材のひとつである大根。ここからは、犬におすすめの大根のあげ方を解説します。飼い主と一緒に食べられるおすすめのレシピも紹介します。

細かく刻んでからあたえましょう

大根をあげる際には、細かく刻んでからあげることを忘れずに!

特にチワワなど超小型犬の場合はしっかり咀嚼できず丸呑みしてしまい、大根の塊を喉に詰まらせてしまうケースも報告されています。人間の基準のカットではなく、最初は大根おろしからはじめるのをおすすめします。

必ず、大根は愛犬のサイズに合わせた大きさに刻んであげましょう。

大根はおやつの量にとどめて

大根をあげる量は、おやつと同じくらいにとどめましょう。

大根にはたくさんの食物繊維が含まれています。そのため、大量に摂取してしまうと消化不良を起こし、下痢などの原因になってしまいます。

3kgの小型犬なら、5mmの厚さの輪切り大根1枚(約25g)が目安です。

また、大根の食べすぎでドッグフードを食べられなくなってしまうと本末転倒です。あくまでおやつだということを忘れずに、愛犬を甘やかしすぎないよう気を付けましょう。

大根の葉は生で与えないで

愛犬に大根をあげる場合、大根の葉には気を付けましょう。大根の葉は白い部分より食物繊維やカリウムが豊富で、生であげると消化不良を起こしてしまう可能性や高カリウム血症の原因になってしまいます。

大根の葉は必ず火を通してから与えるようにしましょう。

与えすぎやアレルギーは十分に気をつけて!

人間に食品アレルギーがあるように、犬にも食品アレルギーがあるのをご存じですか?

犬は稀に、大根にアレルギー反応を示すことがあります。大根アレルギーの症状は犬によって様々。身体のかゆみや目の充血などが起こる軽症のものから、下痢や嘔吐を起こす重症のアナフィラキシーショックまであります。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授)
文/BE
※一部写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る