1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 愛犬がほうれん草を欲しがる。これってあげても大丈夫なの?

犬と暮らす

UP DATE

愛犬がほうれん草を欲しがる。これってあげても大丈夫なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主が食べているものに興味を持つ犬。バターの香りがするほうれん草のソテーなど、ひかれる犬も多いのではないでしょうか。
しかし、ほうれん草は、人間が食べるときでもアク抜き処理をする野菜。犬にあげても大丈夫なのでしょうか。

結論から言ってしまえば、「大丈夫でもあるし危険でもある」です。安全だとしても与え方には十分な注意が必要になることは間違いありません。今回は、愛犬にほうれん草をあげるときの注意点や、効果的なあげ方について説明します。

この記事の監修

佐野 忠士 先生

 獣医師
 酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授
 酪農学園大学附属動物医療センター 集中治療科診療科長

 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了
 北里大学獣医畜産学部および同大学獣医学部勤務
 日本大学生物資源科学部獣医学科勤務

●資格:獣医師/博士(獣医学)/世界的獣医心肺蘇生ガイドラインインストラクター(RECOVER インストラクター)/CCRP

●所属:日本獣医麻酔外科学会日本獣医学会日本獣医師会日本動物リハビリテーション学会動物臨床医学研究所日本麻酔科学会日本臨床モニター学会

●主な診療科目:麻酔科/集中治療科

●書籍:『asBOOKS チームで取り組む獣医師動物看護師のためのICU管理超入門』『as BOOKS チームで取り組む獣医師・動物看護師のための輸液超入門』『動物看護師のための麻酔超入門・改訂版』 など多数

続きを読む

ほうれん草の栄養素

白の上に分離された新鮮なほうれん草の束
MahirAtes/gettyimages

ほうれん草はヒユ科の植物で、ケイトウなどの仲間に分類されます。オスとメスが別々の株で育つ雌雄異株の植物で野菜類ではとてもめずらしい存在です。さらに、とうもろこしなどと同じく、野生のほうれん草が発見されていないことから、そのルーツについても大きな謎を秘めた野菜と言えるのです。犬は基本肉食と言われてますが強い雑食性を持っています。胸焼けなどが原因で好んで草を食べることもあるため、ほうれん草などに興味を示すことも考えられるのです。

ほうれん草に含まれる栄養素って?

ほうれん草には、非常に多くの栄養素が含まれています。カリウムやマグネシウムなどのミネラルに加え、カロテンの含有量も多く含んでおり、これらの栄養素は犬にとっても大切な成分と言えます。アニメのヒーロー・ポパイが缶詰のほうれん草を食べてスーパーマンに変身するお話は有名ですよね。ほうれん草は昔から豊富な栄養が含まれている野菜と認識されていたということなのです。

スーパーのほうれん草は安心?

ほうれん草と言えば、スーパーの野菜コーナーなどのほか、冷凍食品などとしても販売されていますよね。これらのほうれん草を愛犬に与えても大丈夫なのでしょうか。

現在、国内でもっとも多くほうれん草を生産している都道府県は千葉県で13.8%。ついで埼玉県の11.2%、群馬県の8.3%と続いています。国内での総生産量はおよそ26万トンで輸入ほうれん草の3万6000トンを大きく上回っています。

輸入先は、中国が圧倒的に多く、全体の90%を占めていますが、大半は冷凍ほうれん草や業者用に使われるフリーズドライ製品になるとされています。現在、流通しているほうれん草の多くは国内産ですが、愛犬にあげるときは産地や安全性に留意したいですね、

ほうれん草のメリット

次に、愛犬にほうれん草を与えることのメリットを見てみましょう。ほうれん草に含まれるカロテンは犬の小腸から吸収されることでビタミンAへと変換されます。その後、プロビタミンAとしてさまざまな働きをしていくことがわかっています。

ビタミンAには、強い抗酸化作用があることからガンやそのほかの重篤な病気の予防が期待できるほか、皮膚粘膜を正常に保つなどの効果もあるようです。また、ビタミンCも抗酸化作用があることから、ほうれん草を摂取することで免疫力が高まる効果が期待できるのです。

また、ビタミンCは水溶性ビタミンであるため過剰摂取してもおしっことして余剰分は排出されてしまいます。さらに、ビタミンAもそのまま摂取する場合には摂取量に注意する必要がありますが、カロテンから変換される場合は、必要量のみが作られることから過剰摂取のリスクはないと言われているのです。

ほうれん草で注意すべき栄養素

お誕生日用のフードをもらう犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ほうれん草に含まれる栄養素の中で注意したいのがシュウ酸と各種ミネラルです。犬にほうれん草を与えるべきではないとしている専門家の意見もほとんどが、このシュウ酸を含んでいる点を指摘しているのです。ミネラルはほとんどの植物に含まれている成分で、それぞれが相対的な摂取バランスを持つことが知られています。たとえば、リンを多く摂取しすぎてしまうとカルシウムの吸収を阻害してしまうのです。

犬の場合、理想の割合はリンが1に対してカルシウムが1~2と言われており、過度にほうれん草を与えた場合、ミネラルバランスが崩れてしまうことが考えられるのです。

シュウ酸には注意が必要

シュウ酸とは、ジカルボン酸のことで、ほうれん草を煮ると出てくるアクのことです。独特な渋みやえぐ味を持っていて、犬だけでなく人間が食べるさいにもアク抜きが必要になるなど、どちらかと言うと邪魔者扱いされている成分ですね。では、シュウ酸を与えすぎると愛犬にどのようなデメリットが生じるのでしょうか?シュウ酸は、体内に入るとカルシウムと結合し、便と一緒に体外に排出されます。しかし、余分なシュウ酸は、腸から吸収され、今度はおしっことして排出されるのですが、この時もカルシウムと結合してしまうのです。

その結果、尿路結石を起こしてしまう可能性が高くなることが心配されるのです。尿路結石を起こした犬は、正常におしっこが排泄されなくなり、最悪の場合、尿毒症を起こし死亡してしまうことも考えられます。愛犬にほうれん草を与える場合は、シュウ酸対策をきちんと行う必要があるのです。

ほうれん草に含まれるシュウ酸は?

シュウ酸は、ほうれん草以外にも多くの植物に含まれていて、たけのこやキャベツ、さつまいもなどの野菜をはじめ、コーヒーや紅茶、玉露や抹茶などにも含まれています。とくに、ほうれん草の場合、その量は100g中800mg。これは同じくアクが強いと言われるナスの4倍もの含有量です。シュウ酸は人間だけでなく犬にとっても過剰摂取が危険な成分です。犬にほうれん草を与えようと考えた場合、ほうれん草に含まれるシュウ酸についてきちんとしっておく必要があるのです。

愛犬にほうれん草を与えるなら

ごはん待ちのパグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がどうしてもほうれん草を欲しがる。そんな時はどうすればいいのでしょう。

ほうれん草を与えるコツ

どうしても犬にほうれん草を与えたい場合は、きちんとアク抜きをすることが大切です。ほうれん草をたっぷりのお湯で煮た後、さらに流水で洗うことでシュウ酸をある程度除去することが可能です。ただし、過剰な期待は禁物で公益財団法人日本医療機能評価機構の発表では、ほうれん草を3分間茹でた場合のシュウ酸の除去量は37~51%程度ということです。

また、シュウ酸は犬の体内でカルシウムと結合することで便として排出されるため、カルシウムを多く含む食材をほうれん草と同時に与えることも重要になります。反対に、動物性タンパク質や脂質が多く含まれる食品と一緒に与えることで、犬のおしっこ内のシュウ酸が増加。結石のできるリスクが高まってしまうと言われているのです。

病気の犬にはほうれん草は与えない

以上のことから、ほうれん草は病中病後の犬には与えない方がいいと考えられます。腎臓に持病を持っている、尿路結石を罹患したことがあるといった犬はもちろん。ホルモンの過剰分泌が原因で起きるクッシング病の犬にもほうれん草は厳禁と言えるでしょう。また、犬に与えてよいほうれん草の適量というものも分かっていません。基本、ほうれん草は無理をしてまで犬に与えなくてはいけないものではありませんから、与えるにしてもごく少量を心がけるようにしましょう。

おすすめレシピ

愛犬にどうしてもほうれん草を食べさせたい。そんな時には次に紹介するレシピを参考にしてみてください。

カッテージチーズはチーズの中では低脂肪で塩分も少なく犬にもおすすめの食材ですが、それでも心配という方は自分で手作りしてみましょう。

材料は牛乳とレモン汁少々、たったこれだけです。まず、牛乳を温めますが、この時沸騰させないように注意してください。湯気が出て小さな気泡が見え始めたら、レモン汁を少しずつ入れてかき混ぜます。

その後、火を止めて15分ほど放置したらキッチンペーパーなどでこします。布巾などできつく絞ってさらに水分を飛ばせばカッテージチーズの完成です。

できあがったカッテージチーズに、よくアクを取り冷水にさらしたほうれん草を細かく切ったものを混ぜます。カッテージチーズに含まれるカルシウムが、ほうれん草に残ったシュウ酸を速やかに体外に排出してくれるため愛犬が尿路結石にかかるリスクがグンと下がるのです。

ほうれん草は食べさせない、もし欲しがったらシュウ酸対策を万全に

ほうれん草は、栄養豊富な野菜ですがシュウ酸が含まれていることから犬にはリスクが高い食材と言えます。ほうれん草に含まれるカロテンやミネラルといった成分は、ドッグフードの中にも配合されていますし、ほかの食材から摂取させてあげることも可能です。結果として、あえて、ほうれん草はあげる必要はありません。それでも食べさせたい場合は、記事にあるように十分にシュウ酸対策を行ってください。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授)
文/BE
※一部写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る