1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. レークランド・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

小型犬

UP DATE

レークランド・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名レークランド・テリア
英語名Lakeland Terrier
原産国イギリス
サイズ小型犬
グループテリア


レークランド・テリア
レークランド・テリア
レークランド・テリア
レークランド・テリア

レークランド・テリアの魅力

横から見るとスクエア型な体型で、足の長いテリアの中では最小サイズのレークランド・テリア。小さいながらも勇敢で、自分より大きい犬に向かっていくことも。茶目っ気があり、いつも動き回っているような活発な犬種です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

とても行動的で、じっとしていません。茶目っ気があり、遊びやいたずらが大好き。小型犬に素早いリアクションや、タフな振る舞いを求める飼い主さんにピッタリです。おもちゃ遊びも大好きで、エキサイティングします。
勇敢な性格で、自分より大きな犬に向かっていくことがあるため、トラブルにならないよう飼い主さんがコントロールできるようにしつけておくことが大切です。また、活発でエネルギッシュな犬種なので、充分な運動量を確保してあげる必要があります。

大きさ

体高は37cm以下で、足の長いタイプのテリアの中では最小サイズ。横から見ると体高と体長がほぼ同じ長さのスクエア型な体型をしています。


体高 体重
37㎝以下6.8~7.7㎏前後

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

レークランド・テリア
レークランド・テリア

レークランド・テリアの被毛の色は、ブラック&タン(黄褐色)、ブルー(灰色)&タン、レッド、ウィートン(小麦色)、レッドグリズル(赤色と黒・灰色の混合色)、レバー、ブルー、ブラックとバリエーション豊かです。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格30万円~

※『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)より監修者調べ

心配な病気

・眼圧が上がって視野が悪化する「緑内障」
・眼の中のレンズがずれてしまう「水晶体脱臼」
・肘関節の発育不全により痛みが生じる「肘関節形成不全」
・遺伝性の原因で血液が固まりにくい「フォン・ヴィレブランド病」

レークランド・テリアの飼い方

レークランド・テリア
レークランド・テリア

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動量を確保して

いつも動き回っているような活発な犬種なので、運動量に充分ついていける体力のある人に向いています。毎日、朝晩30分程度の散歩を欠かさないようにしましょう。散歩のほかに、ドッグランで思い切り走らせるのもいいでしょう。

ポイント(2)トレーニングで主従関係を認識させて

テリア種の気質として、気が強く頑固な一面を持ち合わせています。また、自分で考えて行動するようなところがあり、ほかの犬とトラブルを起こすことも。子犬の頃から飼い主さんの指示に従って行動させるように、しっかりとトレーニングをしておくことが大切です。

ポイント(3)被毛は週に数回のブラッシングでお手入れを

子犬の頃は柔らかい巻き毛ですが、プラッキング(毛を抜く作業)により針金状の硬い毛になります。週2~3回程度はブラッシング・コーミングを行い、抜け毛を取り除きましょう。また、定期的にトリミングを行いましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

レークランド・テリアに似た犬の種類

アイリッシュ・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ウェルシュ・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ワイアー・フォックス・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

レークランド・テリアは、イギリスのレークランド地方で発展した古い犬種。オールド・イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・テリアとベドリントン・テリアの交配で作出されたといわれており、農家で羊小屋を捕食者から守る仕事や狭い岩の間などの害獣駆除で活躍していました。その名残で狭いところに入れるように体の幅は狭いです。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)




CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る