1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴・性格・飼い方

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーツは17世紀にイギリスでチャールズ1世の寵愛を受けたことで知られるキング・チャールズ・スパニエル。美しい毛並みと大きな瞳は今でも多くの人々を魅了しています。そんなキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴・魅力 

コンフォーター(癒しの)スパニエルと呼ばれるほどやさしい性格と、絹のように美しい毛並みが特徴のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。日本の住環境での室内飼育にも合い、飼いやすい犬種の一つです。しつけもしやすく、物覚えもいいため、犬を飼うのが初めての人にも向きます。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史

17世紀にイギリスでチャールズ1世の寵愛を受けたことで知られる「キング・チャールズ・スパニエル」という犬種がルーツです。19世紀のはじめ、キング・チャールズ・スパニエルが中世の頃の面影を失ってしまったことを嘆き、ロスウェル・エルドリッジというアメリカ人が中世の頃のような長い口吻をもつキング・チャールズ・スパニエルの復活を求めて莫大な懸賞金をかけました。その結果、当時のブリーダーたちは競い合うように交配を重ね、長い口吻をもつキング・チャールズ・スパニエルを誕生させました。チャールズ1世の時代のキング・チャールズ・スパニエルの面影を持つことから、犬種名の頭に中世の「騎士(ナイト)」を意味する「キャバリア」がつけられたといわれています

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの外見上の特徴

体高※30cm前後。体長※は体高よりも長めになります。体重5.4~8kg。眼は丸くて大きく、瞳の色は暗く深い色をしています。ふっくら見える上唇は厚く下唇をわずかに覆います。頭頂は平坦で、耳は登頂付近の高い位置につく大きな垂れ耳で、長く豊富な被毛をまとっています。絹糸のような被毛は生後約2年程度で十分な量と長さになり、足・耳・胸など骨太な体をたっぷりと被います。犬種の姿等を規定する「犬種標準書」には、キャバリアは「トリミングする必要は全くない」と記載されています。基本的にはカットはせずに自然に伸びた被毛の美しさを楽しみます。また足先の被毛が伸びるのも特徴で、衛生上はカットしたくなりますが、この毛もキャバリアの外見上の魅力の1つとなります。毛色はブレンハイム(赤褐色と白)、トライカラー(赤褐色と黒と白の三色)、ブラック・タン(黒と赤褐色)の他にルビー(赤褐色)という特徴的な毛色名を含めた4種です。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格

協調性が高く、初めて対面する犬や人とも比較的よくなつきます。優しい性格なので、子どもたちの元気いっぱいな行動に対しても寛容な精神をもって臨みます。また穏やかで物静かな性格も持ちあわせているため、家庭犬として理想的な犬種とも言われています。好奇心旺盛で、屋外ではニオイをかぎながら散策をしたり追いかけっこをしたりすることを好みます。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルを飼うのに向いている人

世界的に遺伝性疾患の問題を抱えている犬種のため、健康問題としっかり向き合い、ケア&サポートできる人が向いています。毎日のご家庭での健康チェックの他に、健康診断に定期的に通ったり、かかりやすい病気について勉強しておくことができる人が理想です。また、細く絡まりやすい毛質をこまめにブラッシングできることも大切です。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼い方

活発に動き回ったりあまりしない活動量の少ない犬種なので、飼い主がしっかりと必要な運動量をお散歩や遊び等で提供することが必要です。朝晩20分程度のお散歩では、途中で速足での小走りを導入しましょう。人好きで、甘えん坊な性格から、飼い主さんと密接に過ごす時間が多くなりがちなキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。子犬の頃から独りでも安心して過ごす時間を設けて、分離不安等のお留守番時の問題行動につながらないようにしましょう。しつけがあまり必要ないくらい良い犬が多いキャバリアですが、基本的なしつけの他に、全身をブラッシングさせること、トラブルの多い耳を触らせてくれることなどに少しずつ慣らしておきます。また、動物病院に行く機会も多くなることが予測されますので、動物病院が好きになるようにトレーニングしておくこともオススメです。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのハウス・ケージなど住む場所・飼育環境

しつけが完了するまでは、留守番させるときは必ずサークル等に入れて思わぬ事故を防ぐようにします。また噛んで命に関わる電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。膝にトラブルを持っているイヌが多く、滑りやすい床の上での生活で、さらに悪化してしまうことがあります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。特に足先の毛が長く伸びて滑りやすくなっていますので、階段の滑り止め対策はしっかり行います。また、暑さに弱いのでクーラーの活用や、体を乗せると体温を吸収してくれるヒンヤリ系のグッズも用意しておくとよいでしょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないためサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのお手入れ・トリミング

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの美しい毛並み約2年かけて生え揃います。基本的にトリミングは必要なく、被毛のケアはブラッシングが中心。子犬期は毛足が短いので軽いブラッシングで充分ですが、柔らかい毛が伸びてきたら、汚れがついたり毛玉ができやすいため丁寧にブラッシングをしましょう。毛玉は、耳の裏や脇の下、お腹にできやすいため、ブラッシング中によく確認を。抜け毛が多いため、換毛期はとくに念入りに行う必要があります。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが気をつけたい病気・寿命

・心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がしっかりと閉まらなくなってしまう「心臓疾患(僧帽弁閉鎖不全)」
・脊髄の中に水のたまった空洞ができ、脊髄の機能に障害が起こる「脊髄空洞症」
・細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 4
初心者向き 5
友好的 5
お手入れのしやすさ 4
訓練のしやすさ 3

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る