1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 四国犬の特徴・性格・飼い方

四国犬の特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天然記念物にも指定されている、四国地方原産の野性味たっぷりな中型犬です。オオカミを彷彿させる勇ましい容姿に魅了される日本犬ファンも多いよう。そんな四国犬の特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

四国犬の特徴・魅力

土佐犬と混同されやすいですが、四国地方に古代からいるのが、四国犬です。日本犬のなかでは、最もオオカミに似ているといわれます。ワイルドな風貌が圧倒的な存在感を放つ、中型の土着犬です。飼育は難しい犬種ですが、しつけを徹底すれば、ほかの日本犬同様、飼い主さんに忠実な信頼できるパートナーになれるでしょう。

四国犬の歴史 

四国の土佐地方に古代から生息していた日本犬です。おもにイノシシ狩りの獣猟犬として活躍していました。土佐犬のルーツになった犬種ともいわれており、1937年に天然記念物に指定されました。現在は、日本犬保存会が見守っている貴重な犬種です。

四国犬の外見上の特徴 

体高※46~55cm。体重15~30kg。オオカミにもっとも似ているといわれるくらい、野性味あふれる外見です。きりっとした精悍な顔つき、骨太で筋肉質の引き締まった体型、首は太く、小さめの耳は直立し、しっぽは太くくるりと巻くか、緩い巻きで背中に傾いています。平地を速く走るというよりも、足場の悪い急斜面などでもバランスを保ちながら力強く、軽やかに移動する骨格形成をしています。とにかく生物としての「犬」の優れた機能性を純血種ながら保持している中型日本犬です。被毛は粗くダブルコートで、冬になるとびっしり密生します。毛色は、胡麻、赤、黒褐色の3色で、胡麻が最も多い傾向にあります。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

四国犬の性格 

飼い主に忠実で、勇敢な性質です。忠誠心が強く、群れ(飼主)やテリトリーを守る傾向が強いです。知らない人には警戒心を抱きます、その際に犬の気持ちを考えずに近づいたりすると攻撃的になることがあります。小さい動物への狩猟本能もしっかりとありますので、飼い主さんがしっかりコントロールできるよう、幼犬期から徹底した社会化を行う必要性があります。

四国犬を飼うのに向いている人 

スタミナ豊富で、力が強く、散歩中も気を抜けないため、四国犬を制御できる体力と技術に自信がある人に向いているでしょう。特に瞬発的な力や、物を噛んだ時の破壊力は強いので飼主のコントロール能力が必須となります。四国犬は犬密度が高い、都心のような場所では、なかなか飼育が難しく、ペットとして飼うのは難しいかもしれません。そういった意味では、郊外で敷地に余裕のあるような家庭での飼育が向いていると言えます。

四国犬の飼い方 

四国犬は、きちんとしつければ飼い主さんへの忠誠心が高い性質をしていますが、なかには扱いが難しいタイプも見受けられます。子犬の時から様々な人や犬と友好的な接触をさせ、警戒心を高めないようにする機会を多く作りましょう。散歩は朝夕2回、それぞれ1時間は必要です。ジョギングを取り入れて走らせるなど、運動量は保つようにしてください。筋肉量の多い犬ですので加齢に伴う筋肉量の低下が、生活の質に与える影響は大きく、介護となれば飼主さんの生活にも大きな影響を与えます。無理のない範囲でしっかり運動をさせることは非常に大切です。また、警戒心や闘争心から、他の犬を噛んでしまう可能性もあります。散歩の際には、他の犬との接触に十分注意し、飼い主さんがコントロールできよう、つねに確認するのを忘れないでください。

四国犬のハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

四国犬は野性味が強い犬なので、飼育環境を整備する必要があります。飼育している環境の中で入ってほしくない場所には、頑丈な仕切りなどを設置して侵入を防ぎ事故を予防しましょう。また電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。野外飼育の場合は、特に夏場の熱さは逃れようがないので、風通しの良い日陰に体を冷やす機能のあるマットなどを敷いて犬を暑さから守りましょう。冬場は底冷えや風や寒気に犬が直接触れないようなハウスなど用意しましょう。また、犬が寝る場所にはクッション性の高い敷物を敷くなどして、肘や関節部の床ずれやタコを予防しましょう。

四国犬の食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「大型犬用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

四国犬のお手入れ・トリミング 

四国犬の被毛は短毛の硬い直毛なので、シャンプーなどのケアは特別に必須ではありません。毎日しっかりとカタく絞ったタオルで全身を拭き上げて、その後ブラッシングを軽く行います。あまりブラシをかけすぎるとイヌのボリューム感がなくなってしまうので注意します。春から夏にかけての季節性のはっきりとした「換毛期」には入念なブラッシングが必要になります。

四国犬が気をつけたい病気

・食物中のタンパク質に反応し、皮膚に炎症などがあらわれる「アレルギー性皮膚炎」
・加齢による「認知症」。基礎体力があるので、夜泣き、徘徊等あり。

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 1
友好的   1
お手入れのしやすさ 2
訓練のしやすさ 2

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る