1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 北海道犬の特徴・性格・飼い方

北海道犬の特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイヌ犬とも呼ばれ、北海道のアイヌ民族がクマ狩りの獣猟犬として重宝してきた北海道犬。愛らしい日本犬特有の表情と、たくましく発達した筋肉はこの犬種の特徴。そんな北海道犬の特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

北海道犬の特徴・魅力

密生した豊かな被毛と無邪気な表情が魅力の北海道犬。愛らしい容姿をもちながら、すぐれた筋力で力強く走り回る姿にもファンが多い中型犬です。某通信会社のCMで“お父さん”を演じたことでも有名になったのがこの犬種。性格は勇敢で、飼い主さんには忠実。その一方で、獣猟犬の本能から、他人やほかの動物には攻撃的になる一面も。幼犬期からしつけを行うことで、家庭犬として上手につきあっていくことができるでしょう。

北海道犬の歴史 

日本ではおもに北海道に居住していたアイヌ民族が、クマやシカなどを狩るために猟に同行させていたのが北海道犬のルーツで、アイヌ犬とも呼ばれています。狩猟犬としての役割の他に、番犬、伴侶犬として生活を共にしていました。戦後は東京にも多く持ち込まれました。

北海道犬の外見上の特徴 

体高※:オス=48.5~51.5cm、メス=45.5~48.5cm。体高と体長※の比は10:11.体重:オス20kg前後、メス15kg前後。子犬のころはコロコロとした丸っこい体型をしていますが、成犬になると骨太で筋肉質、頑健な体型になります。被毛は、極寒の北海道の気候にも耐えられる密生したダブルコート。三角形の立ち耳で、しっぽは巻尾です。豊富な被毛のために耳は他の日本犬に比べ、小さく見えることがあります。毛色には胡麻、虎、赤、茶褐色、白などがあります。舌に舌班と呼ばれる模様があるイヌが多いです。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ。

北海道犬の性格 

大型の野生獣にも立ち向かうような狩りに随行する獣猟犬だった北海道犬は、闘争心が強く、勇敢な性格です。犬本来の原種とも言える体型と共に、野生に近い緊張感や警戒心も備えていることがあります。飼い主さんには忠実ですが、ほかの人や動物には敵対心を見せることもありますので、子犬の頃から無理強いすることない範囲で積極的に他の人や犬と良い接触をさせましょう。

北海道犬を飼うのに向いている人 

運動量を多く必要とする犬種のため、毎日1時間程度運動させられる活動量・運動量の多い人に向きます。力が強く、瞬発力がありますので、犬のハンドリング技術に自信のある方に向いているとも言えます。躾に関しては、他者に迷惑をかけないための躾をしっかりと学習させられることが飼主に求められます。自信の無い場合は子犬の頃から、プロのトレーナーから躾の方法を犬と共に飼主さんが学びましょう。学習意欲の高さも北海道犬の飼主には求められます。

北海道犬の飼い方 

北海道犬は、きちんとしつければ飼い主さんへの忠誠心が高い性質をしていますが、なかには扱いが難しいタイプも見受けられます。子犬の時から様々な人や犬と友好的な接触をさせ、警戒心を高めないようにする機会を多く作るのが理想的。運動量が多い犬種なので、走るなどできるだけ犬が自由に体を動かせる質の高い運動を取り入れましょう。分厚いダブルコートの被毛のため、寒さには強い反面、暑さには弱い犬種です。冬場、暖房器具は必要ありませんが、底冷えなど、体温が奪われることは無いようにしましょう。夏場は、熱中症などにならないよう、エアコンなどによる暑さ対策が必要になることがあります。散歩は、早朝や深夜など、なるべく涼しい時間帯に実施しましょう。

北海道犬のハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

飼育している環境の中で入ってほしくない場所には、頑丈な仕切りなどを設置して侵入を防ぎ事故を予防しましょう。また電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。加齢に伴い筋肉量が落ちると、滑りやすい床の上で重心を安定させることが困難になり、足首などの関節等に負担をかけることになります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。そして、肝心なのは暑さ対策です。とくに夏場は、常に水が飲めるようにし、クーラーなどで涼しい環境をつくれるようにしましょう。外飼いの場合も、暑い地域では一時的に室内の涼しい場所で過ごさせるなどの工夫を。

北海道犬の食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「大型犬用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

北海道犬のお手入れ・トリミング 

北海道犬の被毛は上毛、下毛がびっしりと生えています。夏場を中心に体温の放熱を妨げる余計な被毛の除去が必須の手入れとなります。とくに春から夏にかけてのはっきりとした「換毛期」には入念なブラッシングで抜け毛の処理をする必要があります。毎日のブラッシングや、絞ったタオルで体を拭くなどのケアを行いましょう。

北海道犬が気をつけたい病気 

・暑さに弱い北方出身犬のため「熱中症」
・アレルギー皮膚疾患等の「皮膚疾患」
・強力な顎の力で硬い物を咬むことによる「歯の磨耗」
・加齢による「認知症」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 1
友好的   2
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 1

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

写真提供:公益社団法人 日本犬保存会

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る