1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】病院へ行くべき?犬の咳の原因となる病気や対処法

【獣医師が解説】病院へ行くべき?犬の咳の原因となる病気や対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬も咳をすることがありますが、犬の咳には病気や事故などが原因で起こる緊急性の高い咳が少なくありません。今回は、犬の咳を引き起こす原因や危険な咳の特徴、その対処法について解説します。

愛犬が咳をしている!病院へ行く目安や緊急性は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の咳には、緊急度が高くない咳と緊急度の高い咳があるので、飼い主さんの見極めがとても重要です。

救急度が低い咳の特徴

・外に出て冷たい空気を吸った時に出る咳
・リードを引っ張った時に出る「カッカッ」という乾いた咳
・吠えた後や興奮した時に出る咳
・激しい運動をした後に呼吸が荒くなったり咳が出たりする

なるべく咳が出ないように環境を整えましょう。また、回数が多く、他に気になる症状がある時などは、早めに動物病院を受診してください。

緊急度が高い咳の特徴

・運動後でもないのに呼吸が荒くなっている場合や軽い運動、お散歩後などに出る咳
・ぐったりしている
・歯茎や舌の色が青白くなっている
・呼吸が苦しそうで横にもなることができない

咳とともに上記のような症状が出ている場合は、呼吸困難に陥っている可能性があります。様子を見ているうちに呼吸ができなくなって、死に至る場合も。すぐに動物病院へ連絡しましょう。

咳の症状が出る犬の病気とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

緊急性の高い咳を引き起こす原因としては、以下のような病気が考えられています。

心臓の病気

犬に発症する心臓の病気で最も多いのは「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」という病気です。主な症状としては、咳が出る、疲れやすい、運動をしたがらないなどが挙げられます。病気が進行すると「肺水腫」を引き起こして呼吸困難となることもあるので、早めに動物病院を受診しましょう。

僧帽弁閉鎖不全症は犬種を問わず発症しますが、高齢の小型犬に多く、特にキャバリアやマルチーズ、ヨークシャーテリア、シーズー、チワワ、ポメラニアンなどの犬種に多く見られます。

気管虚脱

「気管虚脱」は、気管が狭くなることで発症しますが、原因はほとんどわかっていません。「ゼーゼー」「ガーガー」とアヒルの鳴き声のような乾いた咳が出るのが特徴で、ときに吐き気が見られることもあります。悪化すると呼吸困難になり、舌が紫色になる「チアノーゼ」の症状が現れることも。

トイプードルやチワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリアなどの小型犬に多く発症すると言われていますが、稀に大型犬種でも発症することがあります。

ケンネルコフ

「ケンネルコフ」は「犬の風邪」とも言われており、しつこい咳や発熱が主な症状です。免疫力の低い子犬やシニア犬に多く、ウイルスや細菌の飛沫感染などが原因で発症する病気です。ウイルスの単独感染の場合は1週間前後で回復することがほとんどですが、悪化すると膿のような鼻水やくしゃみ、高熱を出し、「肺炎」になることもあるので注意しましょう。

フィラリア症

「フィラリア症」は、フィラリアの子虫を持っている蚊に刺されることで感染しますが、少数寄生の場合や直後は、症状がほとんど現れません。感染から年月が経過すると、心臓に寄生したフィラリアによって心不全の症状が現れます。咳や息が荒くなるなどの症状が見られ、やがて運動(散歩)を嫌がるなど四肢のむくみ、腹水の症状が現れます。さらに進行すると、血を吐いたり失神を起こしたりすることも。

フィラリアの急性症状は、「大動脈症候群(急性犬糸状虫症)」といい突然、血尿や呼吸困難などの症状が見られます。

治療が少しでも遅れると、重い症状が現れますが、毎年の定期的な投薬で予防できるので、しっかりと行いましょう。

肺の病気 

「肺炎」を患うと、咳の他にも発熱や食欲減少、元気消失、運動を嫌がる、疲れやすいといった症状が現れます。また「肺炎」や「心臓病」などが原因で発症する「肺水腫」になると、咳をしたり、呼吸が「ゼーゼー」と荒くなったりします。重症化すると、泡状の鼻水やたんが出て咳をしているように見えたり、チアノーゼといった症状が見られることがあります。

喘息

犬が「喘息」になると、咳や呼吸困難などの症状が現れます。主な原因は免疫系のアレルギー反応によるもので、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を特定して、取り除いてあげることが重要になります。

“事故”で咳が出ている可能性も

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬は、以下のような“事故”が原因で咳をすることがあります。状況によっては命を落とす危険性もあるので、冷静に対処しましょう。

異物の誤飲・誤食

おもちゃやぬいぐるみの綿などを誤って飲み込んでしまうと、喉や気管に詰まって呼吸困難になり、吐血や激しく咳き込むなどの症状が出ることがあります。すぐにかかりつけの動物病院に電話し、指示を仰ぐようにしてください。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

食べ物や吐いたものなどを、気管に吸い込んでしまうことで起こる「誤嚥性肺炎」も、咳の原因として考えられます。筋力の弱い子犬やシニア犬に起こりやすく、ごはんを食べた後や吐いた後に咳をし始めたら「誤嚥性肺炎」を疑い、すぐに動物病院を受診してください。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の咳には、緊急性のあるものとそうでないものがあり、それぞれ対処法は異なりました。緊急性があるものだと判断したら、夜間でも迷わずに夜間診療を行っている動物病院へ電話をし、診察を受けるようにしましょう。

愛犬の咳は心配ですが、いざというときに冷静に対応できるよう参考にしてみてくださいね!

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る