1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の『遠吠え』やめさせたほうがいい?|原因を知って対策しよう!

犬の『遠吠え』やめさせたほうがいい?|原因を知って対策しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が突然「ワオーン」と、遠吠えのような鳴き方をすることはないでしょうか?理由が分からなかったり、あまりにも突然すぎたりすると少し驚いてしまいますよね。そんな遠吠えに秘められた理由を解説します。

遠吠えは犬同士のコミュニケーション?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

遠吠えをする動物は犬以外にもたくさんいますが、代表的な動物にはオオカミがいます。オオカミが遠吠えするのは、主に「遠吠えをすることで自分の縄張りを主張し、むやみに入ってこさせないようにする」「群れからはぐれてしまった仲間を見つけるために、遠吠えをして居場所を知らせる」「群れで暮らす仲間とのコミュニケーション手段」といった理由があるようです。

オオカミはもともと群れで暮らす生き物です。現代の犬にもその頃の名残が引き継がれているので、遠吠えをする犬もいるというわけ。特に「コミュニケーションとしての遠吠え」は、オオカミ時代の「仲間を呼んでいる」状態に近いと言えます。遠吠えをすることで自分の居場所や今どんな状態にあるかを知らせているのだと考えられています。

飼い犬の中には、人の耳には何も聞こえないのに、窓の方を見て遠吠えをする犬もいます。このとき飼い犬は、犬にしか聞こえない遠くの遠吠えをキャッチし、他の犬とコミュニケーションを取ろうとしている可能性があります。特に遠吠えを始めてから時間が少し経ってからやめる場合は、このパターンが考えらます。

遠吠えにはストレス解消の意味もある?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

他にも犬が遠吠えをする理由として「ストレスを解消するため」だという説があります。遊ぶ時間が足りなかったり運動不足だったりすると、犬もストレスを感じやすくなります。そんなとき遠吠えで大きな声を出すことで、モヤモヤとした気持ちを解消させている可能性があります。ストレス発散の方法として大きな声を出すことは、ある意味人と同じような方法をとっているとも言えます。

「寂しさ」からくる遠吠え

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ストレス解消にも関連しますが、犬は寂しさを感じているときにも遠吠えをすると言われています。特に飼い主さんが出かけてしまって心細く不安に感じていると、その気分を紛らわせるために遠吠えをしている可能性があります。

群れで暮らしていた頃の名残があるからこそ、一人でいる時間が急に長くなると遠吠えをすることで、仲間である飼い主さんを探そうとします。愛犬の遠吠えがなんとなく物悲しく感じるのには、こういった理由もあるのかもしれません。

サイレンや雷に反応

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

救急車やパトカーなどのサイレンに反応して、遠吠えをすることもあります。これは、サイレンがちょうど遠吠えの周波数と似ているのではないかと考えられます。「仲間同士のコミュニケーションとしての遠吠え」にも関連してきますが、サイレンの音を他の犬の遠吠えと勘違いしている可能性があります。

一方、雷が鳴ると急に落ち着きを無くし、遠吠えを始める犬もいます。これは犬の野生的な本能に関係し、雷がなることで生命の危険を直感的に察知しているのだと推測できるでしょう。

遠吠えはやめさせたほうがいい?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

遠吠えをやめさせるかどうかは、愛犬が暮らしている環境にもよります。留守中にずっと泣き続けていたり、夜に大きな声を出してご近所迷惑になる場合があったりするときは、遠吠えは軽減させるよう務めましょう。ただし、遠吠えをやめさせるには「なぜ遠吠えをするのか」というところに重点を置いて考えていくことが必要です。ここでは遠吠えをする理由別に、対策方法を解説します。

ストレスや寂しさが原因なら

ストレスや寂しさが原因の遠吠えなら、その原因を軽減させてあげることが遠吠え対策として有効です。たとえば飼い主さんが家を留守にすることが多く、愛犬が不安や寂しさを感じていたり、「もっと遊びたい!」と欲求不満になったりすることでストレスが溜まっていたら、まずはそれらを解消させてあげましょう。

どうしても留守番が長い場合は、愛犬が一人でいても寂しくないよう工夫しましょう。そして飼い主さんが一緒にいられる時間は、愛犬と思い切り遊んであげてください。

本能的な遠吠えなら

愛犬の遠吠えが本能的なものの場合、対策を講じるのは困難です。飼い主さんがコントロールして、遠吠えをしないようにしつけるのは難しいでしょう。しかし「一度吠えたら止めさせる」というトレーニングを根気よく続けることで、学習してくれる犬もいます。遠吠えを始めたらおもちゃで気を引くなどの工夫をして、吠えることから気をそらさせることも一つの方法です。愛犬が遠吠えを止めたら、思い切りほめてあげましょう。

また、遠吠えをする時間帯は主に夜が多いようです。そのため、日中のうちに充分な運動をして愛犬を満足させ、夜は疲れてぐっすり眠れるように誘導してあげるのも有効でしょう。ぐっすりと眠っていたらサイレンや少しの物音も気にならず、遠吠えをするきっかけを作らずに済むでしょう。

遠吠えには認知症の可能性も…

本能的なものや、ストレス発散、寂しさが遠吠えの主な原因と考えられますが、中には認知症が関係していることもあります。その場合、しつけをして改善ということは困難でしょう。認知症が原因だと夜間に遠吠えをすることが多いため、飼い主さんは眠ることができず生活に支障がでることもあります。しかし、愛犬を叱ってしつけるということはもちろんしてはいけません。

愛犬が安心して眠れるよう、動物病院で安定剤や睡眠薬を処方してくれる場合もあります。気になるようなら、まずは獣医師さんに相談してみましょう。

愛犬が遠吠えをするのには、さまざまな理由がありました。本能的なものでない限りは愛犬が遠吠えをしている理由を理解し、解決するよう策を講じることが大切です。もし愛犬が高齢で遠吠えが止まない場合には、動物病院で相談することも必要かもしれません。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「犬の鳴き声の意味~鳴き声の種類、病気のサイン」

出典元/『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「犬の鳴き声の意味~鳴き声の種類、病気のサイン」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る