1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴・性格・飼い方

オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とあるテレビ番組の影響から旅する犬の印象が強い、オールド・イングリッシュ・シープドッグ。モコモコの姿は、子供たちにも大人気です。名前に「オールド」がついていますが、じつはそこまで古い犬種ではありません。そんな誰からも愛される、オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴や性格、歴史や飼い方、気を付けたい病気について、ご紹介します。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴・魅力 

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、まるで大きなぬいぐるみのような愛らしい姿が特徴です。子犬の頃の面影を残しつつ大きくなるので、飼い主さんにとっては、いつまでも可愛らしいままの頼もしいコンパニオンドッグに成長します。大きな頭、ほぼ見えないしっぽ、毛で隠れた瞳など、その愛嬌のある姿から、映画やテレビなど映像の世界でも人気が高い大型犬です。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの歴史 

家畜を守る、牧畜犬だったオールド・イングリッシュ・シープドッグ。イギリス西部で、1800年代の後半にビアデッド・コリーなどと交配されたといわれています。1960年代になると、英国のとあるメーカーがオールド・イングリッシュ・シープドッグをテレビCMのキャラクターとして採用したところ、同社の売れ行きが上がり、人気犬になったそうです。また、アメリカではミュージカル映画『アニー』に登場して人気を博し、日本でも最近ではテレビ番組に出演する機会も増え、その愛嬌ある姿から人気犬種となっています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの外見上の特徴 

体高※56~61cm。体高と体長※の長さが等しい短い胴体のイヌです。特にお尻のみをしっかりと刈り込むカットスタイルによってさらに胴体は短く感じられます。体重25~40kg。モコモコした被毛の大型犬で、まるでぬいぐるみのような外見が特徴です。ふわふわした毛でわかりにくいのですが、作業犬だったこともあり、体つきは太い骨にしっかりとした筋肉が引き締まっています。被毛で目が見えないことや、断尾していることもよく知られます。しっぽが非常に短いことから、「ボブテイル」との別名も。毛色は、グレー、グリズル、ブルー、ブルーマールで、ホワイトの斑が入ることもあります。被毛は硬めのオーバーコートと防水性に優れたアンダーコートとでなるダブルコートです。
※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの性格 

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、人なつこく飼い主さんの求めていることをよく理解できる賢い犬です。家畜を追いこんでいた名残から、攻撃的な本能もかいまみせます。幼犬期からきちんとしつけをすれば、しっかりコントロールできるでしょう。可愛いモコモコの印象がありますが、尻尾がなく顔も毛で覆われ表情が見えないため、犬の感情を察することが難しいので、ファーストコンタクトは特に気をつける必要があります。犬が防衛本能を露わにしないような接触を心がけましょう。

オールド・イングリッシュ・シープドッグを飼うのに向いている人 

大型犬のため毎日たっぷりと散歩させられる人に向きます。食費、医療費、老犬介護費の他に十分なグルーミング費用も考慮した金銭的負担をクリアできることも条件として考慮する必要があるでしょう。また飼育スペースも広く確保できることも大切です。速足での散歩やドッグランでの自由運動も、ときどきできるとさらにいいですね。オールド・イングリッシュ・シープドッグは豊富で硬い被毛なので暑さに弱く、エアコンなどで温度管理ができる環境が作れることが飼う絶対条件に。力が強い犬のコントロールやトレーニングも一貫して行うなどの面を考慮すると、飼育経験豊富な人向けといえるでしょう。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの飼い方 

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、その昔、作業犬として活躍していたので、必要な運動量が多めです。毎日2回、朝夕ともに30時間以上たっぷりの散歩ができるといいでしょう。ときどき広い場所に連れていき、思い切り運動させてあげられるといいですね。とても力が強いので、しつけはできるだけ早い段階からスタートし、社会性を身につけられるまで辛抱強く行いましょう。「目が毛で覆われているのでかわいそう」と高齢になってから被毛を短くカットすると、目が急に紫外線にさらされることによるトラブルが起る可能性があります。幼いうちから前髪をカットする、まとめるなどして馴らしておきましょう。

オールド・イングリッシュ・シープドッグのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

室内で自由に動けるようにして、入ってもらいたくない場所には、仕切りなどを設置して事故の予防をしましょう。また、犬が静かに落ち着けたり、眠ることができたりする自分だけの場所として、クレートや大きめのベッドを用意しておくといいでしょう。運動量が多いので、犬が自由に走れる庭があると理想的です。庭がなければ、定期的にドッグランなどへ行き、思い切り自由に走らせる習慣をもつとよいでしょう。また、オールド・イングリッシュ・シープドッグは被毛がふさふさしているぶん暑さに弱いので、一年を通して室内の温度・湿度は犬が快適な程度に保ち、熱中症などにならないよう十分に気をつけましょう。足腰のトラブルが多い犬種です。大型犬なので悪くなると世話は非常に大変です。必ずすべらない床で飼育し、リスクを少なくしましょう。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

オールド・イングリッシュ・シープドッグのお手入れ 

オールド・イングリッシュ・シープドッグの被毛は、子犬のころは柔らかいのですが、成犬になると硬く、粗めになります。ブラッシングは毎日行いましょう。モコモコ感を大切にしたい場合はピンブラシを使用しましょう。また、被毛で隠れがちな目の周り、口周りなどは湿り気を取るためにもこまめに拭きましょう。オシッコが染みついてしまうので、内またや、お腹の下、肢などの被毛は毎日絞ったタオル等で拭くことをオススメします。

オールド・イングリッシュ・シープドッグが気をつけたい病気

・股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
・被毛との摩擦によってただれたりする「皮膚炎」
・マラセチア細菌などに感染して発症する「外耳炎」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2 
初心者向き 1
友好的   2
お手入れのしやすさ 1
訓練のしやすさ 3

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る