1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ブルドッグの特徴・性格・飼い方

ブルドッグの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がっしりした体と、ユニークな風貌で愛嬌たっぷりのブルドッグ。もとは闘牛犬だったものの、現在は温和な性質に。愛好家にはたまらない魅力的な個性犬、ブルドッグの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

ブルドッグの特徴・魅力 

イギリスの国を代表する国犬。体中どこをとっても個性的で、マッチョでありながら愛嬌のある姿がなんともユニークです。目が離れていて、上唇があごの上に重々しく垂れ下がっている様子から、荒々しく怖そうな印象を与えますが、温和な性格で、飼い主さんに対しては誠実。甘えん坊で頑固な一面もあります。無愛想にも見える顔の表情と裏腹に、全身で喜びを表す、愛嬌たっぷりの犬種です。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグの歴史 

もともと闘犬としての古い歴史をもち、13世紀頃のイギリスでブルバイティング(雄牛との戦いの競技)によって人気を得て、品種改良が積極的に実施されました。競技が法律で禁じられてから一時人気がなくなりましたが、熱心な愛好者たちの努力によって生き残り、ドッグショウへの参加でより個性的な姿に改良されるようになり人気が復活しました。絵本の挿絵やアニメなので、その個性的なキャラクターが重宝され、今では世界的に知られる有名犬種です。日本では調味料のキャラクターでも有名です。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグの外見上の特徴 

体高※約33~36cm。体重約18~26kg。大きな頭の短頭犬種。頭も体も骨量があり、そこに十分な筋肉がのり重量感あふれる、堂々としたたくましさをかんじます。顔には特徴的なシワが刻まれ、大きな下顎は突出し巻き上がっています。首から肩、前胸にかけてのマッチョ感は他犬種の追随を許さない充実感があり、漫画で描かれるブルドッグの逆三角形の体型イメージを作っています。前肢よりも長い後肢は、腰の位置を高くしてさらにこのイメージを印象付けています。また下顎から胸までは2本のデューラップと呼ばれる大きな皮膚のたるみがあるので観察してみてください。このように全身に細かく個性的なパーツがちりばめられている外見こそブルドッグの外見上の特徴です。また、毛色や模様の入り方も白地にワンポイント模様から、ブリンドルと称される虎毛模様、真っ白、フォーンなど様々で、見る者を楽しませてくれます。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグの性格 

性格は落ちつきがあり、温和で陽気、愛嬌たっぷりです。飼い主に対しては誠実で、常に愛情を求める、甘えん坊の性格です。基本はマイペースですが、意思とそぐわない事に関しては、かたくなに拒否をする頑固な一面も見せます。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグを飼うのに向いている人 

短頭犬種がもつ健康面問題としっかり向き合い、ケア&サポートできる人が向いています。鼻と目の間にできるシワの毎日のお手入れ、夏場の深夜・早朝の涼しい時間帯のお散歩。鼻の乾燥予防などがあります。とにかく人の世話が前提に改良された犬種ですので、犬に時間と愛情をたっぷりかけられる、犬の世話が大好きな人に向いています。医療費もかかりやすい犬種なので、犬にかけられる経済的余裕の有無も1つの判断基準となります。

ブルドッグの飼い方 

お散歩は1日2回を各15分程度、気分転換と運動を兼ねて暑く無いないことを条件で行います。関節等のトラブルは、お散歩中の歩き方の観察でわかることが多いです。犬の歩く姿や、速度をよく観察して早期発見を心がけましょう。運動は犬の負担を考え、土などの軟らかいところでの自由運動が理想ですので、庭などある場合は一緒に庭に出て運動させましょう。呼吸器系のリスクを管理するためには、興奮をコントロールする必要があります。興奮しやすいイヌは、興奮を下げるトレーニングをイヌも飼主も学習します。また、夏場の温度管理は冷房器具やイヌ用暑さ対策グッズなどを用いて、対策をしっかり取ります。「人に身を委ねる」トレーニングも大切です。これらのトレーニングは日頃のケア時に心がけることで実施できます。グルーミングケアや動物病院での診療を含め、興奮せずに人に身を委ねることができるブルドッグにしておくことで、犬の一生に大きな利益をもたらすでしょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

室内の入ってほしくない場所には、仕切りなどを設置して事故を予防しましょう。とくに留守番させるときは、必ず犬部屋に入れて思わぬ事故を防ぐようにします。また電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。鼻が短いため体温調整が非常に不得意なので、熱中症への配慮が必要です。対策としては冷房機器が整備された飼育環境で、常に水が飲めるようにしておくことが基本となります。アンバランスな体型のため加齢に伴い筋肉量が落ちると、滑りやすい床の上で重心を安定させることが困難となります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ブルドッグのお手入れ

ブルドッグは、体重が重いので床などと摩擦を起こす関節部位などに皮膚炎症をおこしやすいです。目の下の涙などと同様に、全身を毎日よく絞ったタオルで拭き上げることで、炎症等ないか全身をチェックします。定期的なシャンプーで皮膚の余計な老廃物などを除去し、皮膚環境を整えることも大切です。その他にも毎日の歯磨きは健康に過ごすためのお手入れとして必須となります。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ブルドッグが気をつけたい病気・寿命 

・膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
・股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
・鼻の中の粘膜が炎症で腫れて鼻の孔が狭くなる「鼻腔狭窄」
・おもに下まぶたが外側にめくれた状態になってしまい、炎症などを起こす「眼瞼外反症」
・尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができ、炎症を起こす、排尿が困難になってしまう「尿石症」
・鼻炎などの鼻の病気、気管が変形し炎症が起こり、咳や呼吸困難などの症状が起きる「呼吸器疾患」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 3
初心者向き 1
友好的   4
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 2

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る