1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【愛犬の口臭対策】歯石除去や自宅での歯磨き方法・サプリ等を解説!

【愛犬の口臭対策】歯石除去や自宅での歯磨き方法・サプリ等を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の口臭に悩む飼い主さんは少なくありません。今回は、犬の口臭対策として有効な歯石除去や歯磨きなどのケア方法、口臭対策グッズについて解説します。考えられる病気についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね!

気になる愛犬の口臭!原因は「歯周病」かも

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の口臭原因として多いのが「歯周病」です。実は、3才以上の犬の約80%(予備軍も含め)が、この病気にかかっていると言われています。

歯周病と口臭の関係とは?

犬の口腔内は弱アルカリ性なので、虫歯になりにくい一方で歯石ができやすいという特徴があります。なんとケアをしないと約3日で歯垢が蓄積し、そのわずか3~5日後には歯石になってしまうとも言われています。歯垢や歯石ができるだけでも口臭は強くなりますが、歯石に細菌が繁殖して歯周病になると、何かが腐ったようなニオイの口臭がするようになります。

歯周病などによる口臭ケアは自宅では難しい

歯周病の原因となる歯石は、一度付着すると普段の歯磨きなどでは取り除くことはできないため、動物病院で治療してもらう必要があります。

歯周病は口臭の原因となるだけではなく、悪化すると歯根部分が感染を起こし、目の下辺りが膿んで「根尖膿瘍(こんせんのうよう)」を起こしたり、歯が脱落してしまったりすることも。愛犬の口臭が強くなったり、歯周病が気になったりする場合は、一度獣医師に相談してみましょう。

口臭対策として有効な「歯石除去」とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

このように歯石や歯周病が原因で口臭がする場合は、動物病院でケアすることになります。この場合、ポピュラーなのが「歯石除去」という治療方法です。

歯石除去(スケーリング)とは?

犬の歯の表側についている歯石を、スケーラーという道具で除去する施術方法です。スケーラーで歯石を取る際は、歯のエナメル質を傷つけないために専門的な技術や知識が必要なので、獣医師にやってもらう必要があります。

歯石除去をした歯はキレイな状態に戻るので、その後は歯石がつかないように、毎日歯磨きをするのが大切です。

歯石除去の注意点

歯石除去には、麻酔をかける方法と無麻酔で行う方法があります。無麻酔の場合は、不安や恐怖心などから犬が暴れてしまい、歯石が除去しきれないことがあります。一方で麻酔をかける場合は、しっかりと歯石を除去できるメリットはありますが、麻酔による影響も考えなければならない場合もあります。

特に体力の落ちているシニア犬の場合は麻酔による負担は大きく、副作用などで体調が急変するリスクも考えられます。麻酔下で歯石除去を行う場合は、シニア期に入る7歳以前に行うのが安心かもしれませんね。

総合的に判断して!

歯石除去はコストはかかるかもしれませんが、他の病気を予防したり全身の健康状態に影響を与えます。口臭は日々のお手入れを続けていれば予防できるので、まずは日ごろのお口のケアを見直すことも重要ですよ!

自宅でできる愛犬の口臭対策&予防とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

自宅での歯周病対策と言えば、やはり「歯磨き」です。しかし、いざ歯磨きをしようと思っても、犬が嫌がって上手くできないという場合も。ここでは、犬の歯磨きのコツをご紹介します。

犬の歯磨きのコツ

歯磨きペーストをたっぷりと歯茎に塗り、犬がそのペーストをなめ始めてから歯磨きを開始します。汚れがたまりやすい歯と歯茎の境目を重点的に磨くように意識しましょう。ペーストは磨き終わるまで何度もつけ直してOKです!

ちなみにペーストには様々な味がありますが、愛犬の好みの味を見つければ、夢中でなめるので磨きやすくなるはずですよ◎

ドライフードを与えるのも◎

ウェットタイプのフードは歯垢が付着しやすく、歯磨き等の対策を上手しないと歯石がつきやすくなってしまいます。ドライフードの方が歯につきにくい傾向はありますので、もしウェットタイプやパウチのフードをメインに与えているなら、ドライフードへの切り替え検討も口臭対策として有効な場合があります。

サプリメントなどのデンタルケア商品もおすすめ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

どうしても歯磨きが上手くできないという場合は、サプリメントや犬用デンタルケア商品を使うのもおすすめです。

犬用口臭対策サプリメント

歯垢が歯につきにくくなる成分が入っているものや、乳酸菌やラクトフェリンなどの成分が入っていて口内細菌を整えることで口臭ケアするのものなど、さまざまな商品があります。初めての場合は、獣医師に相談してから購入するようにしましょう!

犬用歯磨きガム・おもちゃ

犬がガジガジと噛むことで、歯についた汚れを落とすことを目的としたものです。犬の体格に合ったものを選ぶのがポイントです◎

犬用歯磨きシート

歯磨きが苦手な犬の、練習用としても使える便利なアイテム。普通のウェットシートとは異なり、歯の汚れを落としやすくする加工が施されています。

犬用口臭スプレー

口の中やフードにスプレーして使います。口臭をスッキリさせるだけではなく、歯垢の除去効果や予防効果のあるものもありますよ!

重大な病気が口臭を引き起こすことも

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

これまで歯周病や歯石、歯垢による口臭対策についてお話してきましたが、重大な病気によって口臭が強くなることもあります。

口臭の原因となる主な病気

・肝臓の病気
肝臓が病気になると、体内のアンモニアの解毒がうまくできなくなります。その結果、体内のアンモニアがどんどん増えて、口からアンモニア臭がすることがあります。

・腎臓の病気
腎臓病になると、体内に老廃物が溜まります。血液中に溜まった老廃物が肺を通って息に混じると、口臭がすることがあります。

・腸閉塞
犬の口からウンチのニオイがする場合は、腸閉塞を起こしている可能性があります。この場合、緊急手術をしなければ死に至ることもありますので、一刻も早く動物病院へ。

病気が原因で口臭が強くなっている場合は、病気の治療を優先して行いましょう。原因となる病気が改善されれば、口臭も気にならなくなるはずです。

完璧じゃなくてもOK!困ったらお願いするのも◎

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の歯周病対策には、毎日歯磨きをするのがベストですが、先述したとおり苦手な犬も多いですよね。それでも最低でも3日に1回は行うようにし、少しずつでも歯磨き慣れさせていきましょう。

また、どうしても歯磨きを嫌がるようなら、普段はガムやシートでケアをして、月に数回サロンや病院で歯磨きをお願いするのもひとつの手です。健康にもかかわることですので、少しずつ取り組んでいくことが大切ですよ◎

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」

出典元/『いぬのきもち』2016年2月号「はい!こちら、いぬのきもち獣医師相談室です」     『いぬのきもち』2017年12月号「毎日かんたん!&たまにしっかり!Wチェックで健康を守ろう」(監修:石田陽子先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る