1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の肉球は何のためにある?役割や構造・ケアについて解説します

犬の肉球は何のためにある?役割や構造・ケアについて解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とってもかわいい犬の肉球。実はとても大事な部分という事をご存知ですか?簡単に表現すると、「人間にとっての靴」のようなもので、犬が健康に生活するために重要な部位になります。
では、具体的には一体どんな役割があるのでしょうか。
ここでは、肉球の役割と構造、またケアはどうすればよいかについて詳しく解説していきます。

犬の肉球はどんな構造?

それではまず、犬の肉球はどんな構造をしているのか犬の右前足の画像を使って見ていきましょう。
肉球にはいつくかの部位があり様々な役割があります。犬の足の肉球は厚い表皮に覆われて、肉球にある汗腺から出る水分で肉球の柔らかさが保たれています。画像の様に肉球は5つの部位があります。

爪は表皮の一部が変化したもので前足は5本あり、一定のスピードで伸び、鉤爪になっていて地面を蹴るスパイクシューズような機能を持ちます。爪の数は前肢が5本、前肢が4本がスタンダードですが極稀に狼爪が多く生えている個体、指の本数が多い個体もいます。

指球(しきゅう)
4つの指球は人間でいうと指先や足先にあたり、指球は歩く際に必ず地面と接する部分で、触れると柔らかく弾力性があり、指球の先端から爪が生えています。
指球は前肢と後肢での呼び方が異なり、前肢の指の肉球を指球と呼び、後肢の指の肉球を趾球(しきゅう)と呼びます。

掌球(しょうきゅう)、足底球(そくていきゅう)
体の大きさに対して小さい面ですが、歩いたり走ったりした時の体重を支えながら、地面との摩擦や衝撃を和らげる役割があります。
実はこの部分、前足と後ろ足で名称が代わり、前を「掌球」、後ろを「足底球」と呼びます。上記画像は前足のものですので、厳密には「掌球」という事になりますね。

狼爪(ろうそう)
狼爪の部分は画像の前肢の、内側にある第一指になります。
お手入れせず伸ばしてしまうと過長爪となり、ソファーや布に引っかかりケガをすることもあります。犬の祖先であるオオカミが岩や崖に爪を引っ掛けて登ったり、氷や雪、茂みの中でも早く走り獲物をしっかり押さえつけるために使われていたとされています。犬に骨の様な硬いおもちゃを与えた時に、ギュッと狼爪を立てて必死にかじる姿を見た事があるのではないでしょうか?狼爪は昔の名残として存在する爪です。グレートピレニーズなど後肢に狼爪がある犬種もいます。

手根球(しゅこんきゅう)
地面に付かない位置にある手根球は地面に接しないので肉球に体重がかからず、これは進化の過程で使わなくなり退化した肉球の痕跡器官といわれています。

肉球の役割

犬は4本足歩行の動物です。小型犬でも大型犬でも小さな足裏の肉球には大きな役割があります。肉球は人間でいう靴や機能的なアウトドアブーツの様なものです。
人間はかかとから歩きますが、犬はかかとを浮かせて指先を使いつま先立ちの状態で(これを趾行といいます)歩く時に肉球から歩きます。体にかかる全ての体重や衝撃、圧力、地面の温度を肉球が受け止める役割をしているのです。

1.肉球は肉食動物の名残

犬の祖先は肉食動物のオオカミだといわれており、狩りをするためには獲物を見つけて早く捕まえなくてはなりません。獲物に気配を察知されることなく、音をたてないように歩ける様に指先で歩いたり、走ったりします。犬が指先で歩くことは昔の名残とされています。

2.肉球がクッションになって足を守る

肉球を良く観察してみると、表面は少しザラザラしていますが、肉球自体は柔らかいですよね。このザラザラした部分が走った時に急にブレーキや急カーブをすることができるグリップの様な役割を担っています。
また、固い地面を走ったりジャンプしたり犬同士で遊んだりする際に、体にかかる衝撃をクッションの様に受け止める衝撃吸収の役割をしています。
肉球は皮膚が厚く進化したものなので熱さや冷たさが皮膚の内部に伝わりにくいので火傷や凍傷になりにくいのです。熱や寒さから足を守るための機能も備えているんですね。

3.体温調節に必要な肉球

犬は主に呼吸と舌を使うパンティングで体温調節を行いますが、鼻と肉球にある汗腺からもわずかながら体温調節を行います。このため足の裏は少ししっとりとしていて柔らかいのです。この肉球から出る汗は自分のにおいを出すマーキングとしての役割もあります。

犬が肉球を異様になめる!考えられる原因は…

犬は通常身体を清潔にする目的で肉球をなめます。ですが、そういった目的でなめているようには見えず、もはやなめすぎて肉球の間が赤くなっていたり、毛の色が涙やけのように茶色くなってしまったことはありませんか?
犬が自分の肉球や手を異様になめたり、噛む時は、かゆみや痛み、なんらかの違和感を抱いている時のサインです。犬が肉球をなめる原因としては以下のような原因が考えられます。

乾燥によるひび割れ

乾燥によって肉球がカサカサして肉球が割れてしまったり、走ったり歩いたり、固いところに飛び降りたりした時にひび割れが開いて出血してしまう場合があります。
傷がなければ犬用の保護クリームなどのケアをして対処することもできます。ひび割れの一因として、石鹸などの薬剤を使って足の裏を洗いすぎ、必要な油分を落としてしまっているということもあります。また甲状腺などの疾患で鼻や肉球が乾燥する場合もありますので、状態をよく見て、気になる時には獣医さんに診断してもらいましょう。

怪我をしている

犬は肉球や爪、指の間などを怪我している時に肉球をなめることがあります。怪我をする原因は様々で、

  • コンクリートやアスファルトで走っている時に急カーブや急ブレーキをして摩擦で肉球を擦りむいてしまった
  • 川の岩場などフィールドで怪我をした
  • テラスなどで、材木が肉球に刺さってしまった
  • お散歩中やドッグランでトゲのある植物を踏んでしまい炎症を起こした
  • トリミングでバリカンや鋏で足の間の毛を切った時に、毛がチクチクして指の間に接触してなめているうちに炎症を起こした
などがあげられます。肉球は犬が最初に地面に触れる場所なので傷が出来るとばい菌が入りやすく、傷をなめる事でさらに炎症が悪化することも考えられます。怪我をした場合は動物病院へ行きましょう。

ストレスを感じている

犬がストレスを感じている時にも肉球や足先をなめてしまうことがあります。
ストレスを感じていてやることがなく、暇な時についなめてしまったり、それが何となく癖になってしまっている場合もあります。理由は犬の飼育環境によって様々ですが、長時間のお留守番やお散歩に行けない日が続いたり、構ってもらえない、アレルギーなどの疾患、家族が増えた場合など、犬がストレスを感じていないかを確認する事が必要です。

火傷状態になっている

いくら肉球が足の裏を守っているとはいえ、夏のアスファルトやコンクリートの上を歩いたり、人工芝の上で遊んでいると摩擦で火傷をしてしまう、といった恐れもあります。特に夏のアスファルトはかなり高温になっているため犬にとってはとても危ないので気をつけましょう。
夏場は散歩時間の変更、日陰を歩く、肉球にクリームを塗る、犬用ブーツや靴下を履かせる、アスファルトでない地面をお散歩するなどの対応をして火傷しないように気をつけるのがおすすめです。

犬が足をなめたり噛んだりしているのを見つけたり、肉球、足先、指の間が赤い時は、まず足の裏をよく観察しましょう。
足先や肉球付近にできものがあるのか、傷なのか?皮膚炎なのか、トゲが刺さっていないか?など、肉球を触ってチェックしましょう。
何も見つからなかった場合は犬の心に何らかの変化がなかったか振り返り、原因を探ってみてください。病院に行き処方された薬を塗って一時的に治ったとしても、精神的なストレスからくるものであった時は根本的な対処方法にはなりません。
また腫瘍などの病気の可能性もありますので犬が肉球に何らかの違和感がある様であればなるべく早く病院でみてもらいましょう。早く愛犬の異変に気づいてあげるためにも日頃から足の裏を触れる様にしておきましょう。

おすすめのケア方法

足裏のケアとして必要なことは、肉球周りの毛が伸びてきたら滑らない様に肉球にかかった毛を鋏やバリカンでカットして肉球を清潔にすることです。
最近は犬用の足裏ケアの重要性を提唱するメーカーも増え、数多くの足裏ケア商品が販売されており、クリーム、ワックス、ミストタイプなど種類は様々です。アロマ効果のあるハーブ等の入ったクリームを使ってマッサージをしたり、肉球に白色ワセリンを塗って傷や乾燥から守ったり、雪遊びの前に雪玉が付かない様にワックスを塗って雪や氷から肉球を守るなどケアの方法は様々です。
しかし、犬の肉球はやわらかくケアするべきという考え方と犬の肉球ケアはしなくて良いという考え方など180度全く違う考え方が取り上げられる様になった昨今、飼い主さんも「どうしたら良いのかな?」と混乱することもあると思います。犬のケア全般についていえることですが、どのような事も「これが一番正しい!」とは一概にはいえません。それは犬の肉球の状態や、その犬の抱える疾患によって状況が違うからです。
過剰に肉球を濡らしたり擦ったりするとひび割れや湿疹が出たり、肉球を傷つけてしまうこともあります。肉球は皮膚なので頑丈な子もいれば繊細な子もいます。実際はクリームを使って日々肉球ケアをしなければ病気になるような犬は少ないため、商売のためにケアグッズを勧めている、と勘違いする方もいるかもしれません。
しかし角化亢進症などの病気の場合は正しいケアが必要で、動物病院でケアを勧めることがあります。愛犬の状態や、肉球の様子を良く見て判断することが大切です。

猫足?水かき!?犬なのに色んな種類の足を持つ犬種

それでは最後にちょっとした豆知識をお伝えしましょう!実は犬の足の形にはいくつか種類があり、犬種によってそれぞれ違った足の形の特徴をもっています。
犬なのに・・・?!という名称の足の形の犬がいるって、みなさんはご存知でしたか?

水かき足

指球の間になんとアヒルの足のような水かきの膜がある犬種がいます。そのような足の形を、文字通り「水かき足」といいます。
ラブラドールレトリバー、ニューファンドランド、スパニッシュウォータードッグ、バルビー、ノヴァスコシアダックトーリングレトリバーなどの犬種がこの足を持ちます。やはりイメージ的に泳ぎが得意そうな犬が集まっていますね。

猫足

次は「猫足」です。犬なのに・・・不思議ですね。その理由は4本ある指骨が全体的にコンパクトで猫の足の様な形をしていることに由来します。爪の先から肉球までの距離が短い猫足の犬種はどっしりとしっかり立ち上がった印象になります。
秋田犬、ニューファンドランド、ジャイアントシュナウザー、クーバース、ドーベルマンピンシャーなどがあげられます。

うさぎ足

そして最後は「うさぎ足」。猫はまだなんとなくわかるとして、うさぎ?と感じられた方もいらっしゃるのでは?
4本ある指骨のうち、うさぎの足の様につま先の真ん中2本の指骨が長い犬種がいるのです。
ボルゾイ、グレイハウンド、ベリントンテリア、ウィペット、サモエドなど、中型や大型の犬が多いのも面白いですね!

肉球についてのまとめ

肉球の役割や構造、ケアについてご紹介しました。
肉球は犬にとってとても大切な役割をしています。犬が元気に走り回ることができるのは肉球に異常がないからこそ。愛犬が足先や肉球を気にしている様子をみかけたら、それはもしかしたら犬からのSOSのサインかもしれません。爪切りの際などに日頃から様子を観察しておきましょう。

監修/滝田雄磨(SHIBUYAフレンズ動物病院 院長)

滝田雄磨(SHIBUYAフレンズ動物病院 院長)
犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る