1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬のいびきに要注意!原因や異常を見分ける目安は?

【獣医師が解説】犬のいびきに要注意!原因や異常を見分ける目安は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは愛犬のいびきが気になったことはありますか?犬もいびきをかくことがありますが、突然大きないびきをかくようになったという場合は、病気が隠れているかもしれません。今回は犬のいびきの原因や対策、異常を見分ける目安などを解説します。

犬もいびきってかくの?原因はどんなものがある?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬のいびきについて

犬も人と同じように鼻や口から空気を取り入れて、気管を通して肺で呼吸をしています。いびきと呼ばれている現象は、その通り道が何らかの原因で狭くなってしまうことによって引き起こされます。

いびきの原因は?

短頭種の犬は鼻も短くつぶれているため空気が通りにくく、先天的にいびきをかきやすいといわれています。また、肥満傾向にある犬は脂肪で喉や気管が狭くなってしまうため、いびきをかくようになる場合があります。その他にも、人のタバコの煙によって粘膜が傷つけられたり、飲んでいる薬で副作用を起こしたりして、いびきをかくようになる犬もいます。

そして一番注意したいのが、気管や鼻、喉の病気によるいびきです。寝ている間のいびきだけでなく昼間も呼吸をしづらそうにしている場合は、何らかの病気が潜んでいる恐れがあるため、一度かかりつけの獣医師さんに相談したほうがいいでしょう。

心配な「いびき」とそうでない「いびき」の見分け方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

アレルギーや感染症によって鼻水が出ている場合はいびきをかくこともあります。また、もともといびきをかきやすい短頭種の犬を飼っていると、愛犬のいびきに慣れているという方もいるかもしれません。いつもどおりのいびきであれば様子をみてもいいでしょう。

しかし、以前はいびきをかいていなかったのに突然いびきをかき始めた、どんどんいびきが酷くなっている、ものすごく大きないびきをかくようになったという場合は、病気の心配がないか、念のため動物病院で診てもらうとよいでしょう。なお、いびきの大小に関わらず呼吸の様子がおかしい場合は、早めに受診することをおすすめします。

いびきの原因となる病気について

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

いびきから疑われる病気には次のようなものがあります。

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

先天的な異常によって上あごの軟口蓋が長く、のどの入り口に垂れ下がった状態となっているのが、軟口蓋過長症です。空気の通り道が狭くなっているため、ゼーゼーと音を立てたり、口を開けたまま呼吸したりといった症状が見られます。いびきをかくだけでなく、食事や水が飲みこみにくくなることも。重症の場合は呼吸困難やチアノーゼを発症してしまう恐れがあります。
症状が重い場合は軟口蓋の一部を切除する手術となりますが、症状が軽ければ特に治療は行いません。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(軟口蓋過長症)」

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管が変形し、扁平につぶれてしまうことで呼吸が困難になる病気です。遺伝的に気管に変形がある場合のほか、肥満による脂肪層の増加、加齢なども原因のひとつと考えられています。症状としては、ガーガーとアヒルが鳴いているような状態もみられ、悪化するとチアノーゼや呼吸困難を起こしてしまうことがあります。

動物病院ではレントゲンと症状を診て診断します。症状が軽い場合は薬による治療になりますが、一時的によくなっても再発することも。症状が重くなったら、酸素吸入や空気の通りを良くする外科手術を行うこともあります。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(気管虚脱)」

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

主に先天的な要因によって鼻腔が狭まってしまう状態です。短頭種の犬に多く見られ、いびきのような音のある呼吸をしている場合は鼻腔狭窄であると考えられます。日常生活に支障がなければ特に治療を行わないことも多くありますが、呼吸困難になってしまうほど重症の場合は鼻腔を広げる手術をすることもあります。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(鼻腔狭窄)」

病気になりやすい犬種や年齢は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

病気になりやすい犬種は?

いびきの原因となる病気は、シー・ズー、パグ、ボストン・テリア、ブルドッグ、ペキニーズなど、短頭種の犬に多く見られます。

短頭種の犬は鼻が短く上向きになっており、喉の入口の軟口蓋が長い犬が多いので、いびきをかきやすく、強く呼吸をしている状態のこともあります。そのため、酸素がうまく取り込めず呼吸器に負担がかかってしまう傾向が見られます。

病気になりやすい年齢は?

いびきの原因となる病気は、若い犬でも発症することがありますが、中高齢の犬に多くみられます。一度気管がつぶれてしまうと元には戻らないので、少しでも早く病気に気づき、悪化しないように対処してあげられるといいですね。

犬のいびき対策

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬のいびきが気になったら、体勢を変えてみてください。背中を丸めるような体勢で寝かせてあげると、おさまることが多いようです。それから、肥満傾向にある犬は気管にも負担がかかります。散歩の時間を増やしたり、おやつを減らしたりして適正な体重に近づけるよう心がけましょう。

いびきをかいていると「ぐっすり寝ているのかな」と可愛らしく思えるかもしれませんが、中には病気が原因となっていることもあります。愛犬の様子をよく観察して、普段と違うところはないか注意してあげてください。そして、少しでも不安に感じるような様子が見受けられたら、早めの受診を心がけましょう。

参考/『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る