1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 無添加ドッグフードとは?選ぶポイントとおすすめランキング

犬と暮らす

UP DATE

無添加ドッグフードとは?選ぶポイントとおすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無添加のドッグフードは愛犬の健康を守りたい飼い主さんにとって気になるものでしょう。無添加のドッグフードとはどういうものか、考え方のポイントや注意点を解説します。ドッグフードのランキングも参考にしてください。

無添加のドッグフードとは?

ドッグフードにはさまざまな種類があります。その中でも「無添加」と記載されているドッグフードは、愛犬の健康を守りたい、少しでも健康に良さそうなフードを食べさせたいという飼い主さんにとっては気になる製品でしょう。

ドッグフードやキャットフードは、「ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則」により、
何が無添加であるかを表示しつつ以下のどちらかを満たした場合
① フードを作る全ての工程でフード内の原材料に添加物が使われていないとわかる場合
② 「ペットフード表示のための添加物便覧」に記載された添加物を一切表示していない場合
といった条件を満たしたものであれば「無添加」の表示を行う事が出来るようになっています。そのため、「合成酸化防止剤無添加」「着色料無添加」など、何が含まれていないのかを明確にしなければなりません。

ビタミンやミネラル、アミノ酸のような添加物を用いないで総合栄養食を作ることはほぼ不可能です。食品の栄養成分を補うために必要なもの、食品を製造または加工するときに必要なもの、食品を形作ったり、独特の食感を持たせるために必要なもの、
食品の色に関するもの、食品の味に関するもの、食品の品質を保つために必要なもなど、さまざまな理由で添加物が用いられているのです。
ドッグフードには何らかの成分を加えなければ、酸化や腐敗など、品質が落ちることを防ぐことができません。更に「ペットフード協会」の説明にもありますが、ペットフードの原材料は基本的には「自然のもの」なので栄養素にどうしてもばらつきが出てしまいます。そのためフードの栄養素を一定に保つため各種栄養添加物を使用する事が多いようです。

無添加と聞くと、なんだから犬の体に良さそう・・・という印象でそれらを選んでしまいがちですが、しっかりと成分表示を見て、「本当に添加物はない方がいいのか?今愛犬に必要なのはこのフードなのか?」といった事を確認するのが最も良い方法だと言えます。

主な添加物

ご自身でしっかりと成分を確認する時に「なにが必要でなにが不必要か?」を判断する為にも、下記のような添加物の名称や目的を知っておくのもとても大事です。
以下の表を是非参考にしてみてくださいね。

種類目的
酸化防止剤油などの酸化を防ぎ保存性を高めるBHA、BHT、ミックストコフェロール、没食子酸プロピルなど
着色料見た目を良くする、原材料がとれる季節や産地によって色にばらつきが出ないようにする赤色3号、赤色102号、赤色40号、青色2号など
甘味料甘みをつけて犬の食いつき(嗜好性)を良くするソルビトール、コーンシロップ など
発色剤細菌やカビの増殖を抑え、肉の変色を防ぐ亜硝酸ナトリウム
保存料ドッグフードの細菌やカビの増殖を抑えて腐敗を防ぐソルビン酸カリウム
保湿剤ドッグフードの乾燥を防ぐプロピレングリコール
香料においをつけて犬の食いつき(嗜好性)を良くする、〇〇フレーバーなど原材料には「香料」のみ記載され、詳細がわからないことも多い

●●無添加のドッグフードを選ぶポイント

あらゆる添加物が入っていないドッグフードはありませんが、その名前から愛犬のからだに良さそうなイメージがあると思います。しかし、「●●無添加」という言葉からだけでなく、ドッグフードがどこでどのように作られているのか、どんな材料が使われているのか、栄養バランスは良いのか、といったことにも目を向けて、ドッグフードを選ぶと良いでしょう。

1. 100%無添加は困難

冒頭でもお伝えした通り、日本国内での販売されているペットフードの表示に関する基準として、自主ルールを設けている任意団体の「ペットフード公正取引協議会」では、ペットフードの表示に関する公正競争規約として、「無添加」「不使用」という言葉について基準を設けています。
ペットフードメーカーが「無添加」「不使用」などの用語を使用する際は、「人工添加物」「香料」「保存料」「着色料」などのどのカテゴリーの添加物を使用していないのか明確に記載されていなければなりません。「ナチュラル」「ネーチャー」又はこれらに類似する用語は、化学的合成物及び着色料を使用していないものに限り、表示することができます(天然、自然など日本語による表現は不可です)。

上記の「ナチュラル」が無添加に近い考え方ですが、実は「無添加」のフードの基準は法律にはありません。前述のとおり、100%無添加でなくても、「香料無添加」や「着色料不使用」でも、「●●無添加」という表記ができることもしっかり認識しましょう。せっかく愛犬のために良いドッグフードを選んだつもりでも、実際は香料や着色料以外の添加物が含まれているということもあり得ることなのです。ちなみに、総合栄養食の場合は栄養強化のために一部、添加物を使用していても「ナチュラル」フードの表記が認められることがあります。

当該添加物について、ペットフードの表示のための添加物便覧に記載された添加物(加工助剤、キヤリーオーバー(残留)及び栄養強化 目的で使用されるものを含む。)を一切使用していないことが確認できる場合は添加物の表示義務はありません。
また、原材料にすでに添加物が含まれていても、製造工程上で添加物が含まれていなければ添加物の表示義務はないので、ドッグフードのパッケージ表示されることはありません。

ドッグフードを選ぶ際に気になる場合は、「〇〇無添加」「◯◯不使用」なのか、パッケージに記載されている原材料をしっかり確認して、選ぶようにしましょう。

2. メーカーでの品質管理が徹底されていること

メーカーで安全と品質管理が徹底されていることも、ドッグフード選びのポイントですが、ペットフード安全法の施行により、基本的にはすべてのメーカーが安全性を確保されたフードを出荷している前提です。例えば、メーカーの基準をクリアした原材料のみを使用し、工場では厳しい品質管理のもと製造と製造番号を付記したパッケージが行われ、さらに製造番号をもとにどこの工場でどの原材料で作られ、どこに出荷されたのかがすぐにわかるトレーサビリティー(流通経路の追跡可能性)がペットフード安全法では義務付けられています。

添加物の量が基準に合っているか、カビなどの有害な物質を含んでいないか、農林水産省から委託された独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)による立入検査と検査結果の公開が行われているため、メーカーは法律に基づいたペットフードの安全性と品質管理の徹底がより求められています。
そのため例えば、原材料に「肉副産物」が含まれている場合、不衛生な部分をドッグフードに使っているというイメージを持たれる方も多いようですが、法律に基づいて洗浄処理された部分が使用されているためそうではないのです。

3. 高額すぎない価格もひとつの目安

愛犬の健康のために国産の最高級の原材料を使用し、無添加で製法にもこだわっている製品を選ぶ飼い主さんは、1kgあたり3,000円以上するような高級なドッグフードを愛犬に与えている場合もあるでしょう。

高額な物を購入したいという飼い主さんもいると思いますし、好みがあることは否定できません。個々で判断が異なるところではありますが、ドッグフードを選ぶ際には、高額すぎず、飼い主さんが無理せず続けて愛犬に与えることのできる価格のドッグフードであることもひとつのポイントではないでしょうか。

 「●●無添加」は絶対に安心?必要なの?気になる注意点

「●●無添加」のドッグフードは絶対安心だと思われているかもしれませんが、いくつかの注意点を知っておく必要があります。

原料が良くても愛犬それぞれに合う合わないがある

特定の添加物が無添加のドッグフードが全ての犬に良いとはいい切れません。人間にもアレルギーがあるように、犬も食べ物が理由で皮膚疾患を起こしたり、素材が合わずに吐いてしまったり、ウンチの回数が増えたりするなど、体質に合わないケースもあるからです。

そして何より大切なのは栄養バランスです。無添加やグレインフリーといっても、栄養バランスが良いとは限りません。100%無添加のドッグフードやグレインフリーにこだわるよりも、体調を最優先して臨機応変に対応し、ドッグフードを選ぶことも愛犬のためとなるでしょう。

基準値を守って添加物を使用している

添加物は⽝に危険を及ぼすものではありません。そもそも、体に危険を及ぼすものは添加物として認められません。添加物には、栄養価を⾼めたり酸化を防いでドッグフードの品質悪化を防いだりするなどさまざまな役割があり、ドッグフードの品質と安全を守るために使⽤されています。

現在、使⽤基準が設定されている添加物は、使⽤基準内であれば安全であることが科学的に確認されています。ペットフード安全法では、カビなどの有害な物質を含むドッグフードの製造の禁⽌だけでなく、⽝の健康に影響を及ぼさないよう添加物の含有量の基準を定めており、基準を守っているかどうかの⽴ち⼊り検査も⾏われます。メーカーは、この基準を守ってドッグフードの製造と、品質の管理を⾏わなければなりません。

例えば、酸化したドッグフードを犬が食べると、消化器症状が出ることもあります。特に大きな袋のドッグフードは使い切るまでに時間がかかるため、酸化を早めてしまうでしょう。

犬のからだに、酸化を起こした有害な物質を含む危険なドッグフードを与えるよりも、酸化や腐敗、カビを防ぐために基準値を守った量の添加物を使用することで、ペットフードの安全性を高め、一定の品質を保つこともメーカーの役割でもあるのです。

「いぬのきもちアプリ」ユーザーが選んだ!フードランキング

では最後に、「いぬのきもちアプリ」ユーザーが選ぶフードブランドランキングを下にご紹介します。愛犬に合ったドッグフードを選ぶ参考にしてくださいね。

購入しているフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン ジャポン
ロイヤルカナン ブリード ヘルス ニュートリション

栄養素やそのバランスからキブル(粒)の形にいたるまで、犬種ごとの特性に配慮した総合栄養食。獣医学、動物栄養学から導き出された最新の技術をベースにしています。全18犬種のドライフードに加え、プードル、チワワ、ダックスフンドには犬種専用のウエットフードも。
2位マース ジャパン
ニュートロ™ シュプレモ™ 小型犬用 成犬用

チキン、ラム、サーモンを主原料に、独自の栄養学や素材学に基づいて厳選した17種類の自然素材をブレンド。素材のもつ豊富な栄養素、最適な素材の組み合わせから得られる相互作用により、愛犬の健康をサポートし、愛犬がおいしさを感じられるフードを目指しています。
3位日本ヒルズ・コルゲート
サイエンス・ダイエット™ アダルト 小型犬用 成犬用

皮膚、被毛、骨、関節、歯と歯ぐきなど、小型犬の健康維持に必要な栄養バランスを考えたフード。オメガ3系&6系脂肪酸、カルシウムやグルコサミン、ビタミンCとビタミンDのほか、免疫力を保つために欠かせない抗酸化成分も含んでいます。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「与えてよかったフードブランド部門ランキング いぬのきもちユーザー人気ランキング2019」

安心安全を求めて無添加のドッグフードを選んでも、あらゆる添加物が使われていないフードはあり得ないといっていいでしょう。ワンちゃんの体質によって合う合わないがあり、一概に無添加のドッグフードが一番良いとはいえません。

また、酸化したドッグフードは、犬に有害だといわれています。酸化の防止やドッグフードの品質を維持するために添加物が入っている場合がありますが、国が設定した基準に合わないものは、ペットフード安全法によってメーカーが販売できないようになっているため、すぐに犬のからだに異常が現れるとは考えにくいでしょう。さらに、添加物の中には天然成分のものもあり、必ずしも全ての添加物が悪いとはいい切れません。

犬は自分でドッグフードを選ぶことはできません。飼い主さんが愛犬の健康のために、ワンちゃんの体質に合ったものを選ぶようにしましょう。

ランキング/2019年5月「いぬのきもちアプリ」内調査(回答者数 340人)
※掲載商品はランクインしたブランドの一例を紹介しています。


監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る