1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬のしつけ方のコツとトイレ・吠え・噛みの基本トレーニング

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬のしつけ方のコツとトイレ・吠え・噛みの基本トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を飼育するうえで欠かせないのが「しつけ」です。しつけは犬を縛るものではなく、犬と飼い主さんが幸せに暮らすためのコミュニケーションです。今回は、トイレ・吠え・噛み・散歩の基本のトレーニング方法や、年齢別のしつけ方のコツなどをご紹介します。

犬にしつけは必要?いつから始めるべき?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を飼ったらしつけをしなければいけない、と漠然と考えている方も多いと思いますが、そもそも何故しつけが必要なのか、考えたことはありますか?いかにしつけが大事か、その理由について解説していきます。

犬にしつけが必要な理由

しつけが必要な理由は、何と言っても緊急時に愛犬の命を守れるからです。例えば日頃から、クレートやハウスに入るようしつけておけば、地震などの災害時にもそこに入ることで脱走を防げますし、避難時も犬にストレスを与えることなく移動することができます。

また、犬が人間社会に受け入れられるようにするためにも、しつけは必要です。犬が問題行動を起こして他人に迷惑をかけてしまうと、飼い主さんの意識の低さだけでなく、犬に対する不信感もあおってしまいかねません。犬を肯定的に受け入れてもらうためにも、他人に迷惑をかけないようにしつけることが大切なのです。

しつけを始める時期

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、犬も人と同様に、幼少期に形成された性格や覚えた振る舞いが、成犬になってからの振る舞いにも表れます。そのため、犬のしつけはできるだけ早い段階から行った方が良いと言われています。

簡単なしつけなら生後まもなくでも可能ですが、散歩やオスワリなどの飼い主さんの指示を聞く必要があるしつけは、生後数カ月経ってから始めた方が良いでしょう。

子犬期のしつけ方のコツ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

子犬の生後3カ月頃までの期間は、社会にデビューする準備期間として「社会化期」と呼ばれています。この時期の子犬は好奇心が強く、物事への理解や知識の吸収も早いので、最低限のしつけはこの時期に行うのが望ましいです。では、実際にどのようにしつけていけば良いのか、その方法について見ていきましょう。

子犬の生活リズムに合わせてしつける

子犬は成犬に比べて寝る時間が長いため、寝ては2~3時間ごとに起きて食事や排泄を行うという、独特のリズムを築きます。成長するまでは基本的に、睡眠→トイレ→食事・遊び→睡眠の生活サイクルを短い時間で繰り返し行っていくので、この生活リズムを理解した上で、しつけをしていくと良いでしょう。

人や音、景色など外部刺激に少しずつ慣らしていく

簡単なことに聞こえますが、神経質な犬や外部の刺激に触れた経験がない犬は、突然の人との接触や音の刺激に過剰反応しやすく、吠えや噛みなどの問題行動を起こしがちです。好奇心旺盛な子犬のうちに外部の刺激に慣らしておくことで、そういった問題行動を回避できるようになります。

抱っこしながら家の周辺を数時間歩いてみたり、来客者からおやつをもらったり、外に出ることや家族以外の人と触れ合うことに徐々に慣らしていきましょう。怖がっているのに、無理に刺激に触れさせてしまうと逆効果になるおそれがあるので、子犬の様子を見ながら行ってくださいね。

体に触れても嫌がらないようにする

飼い主さんの中には、愛犬に爪切りや歯磨きなどのケアを嫌がられるという方も多いのではないでしょうか。動きを拘束されることや、急所のお腹を触られたくないということももちろんありますが、中には爪切りなどの金属に触れたくないという理由もあるようです。

とはいえ、爪切りや歯磨きなどのケアは、愛犬の健康を保つためにも必要不可欠。おやつを使って気をそらしながら体に触れる、スキンシップをとるときに爪切りで体をなでるなど、少しずつ体に触れることに慣らしていきましょう。

成犬(シニア犬)のしつけ方のコツ

子犬の時期を過ぎたらしつけられない…。そう思っている方も多いかもしれませんが、実はそんなこともありません。子犬の時期にしつけをするのは基本ですが、保護犬などは成犬になってから家族として迎え入れることもありますよね。犬は賢い動物なので、大人になってからでも新しいことを覚えますし、困った行動を直すことも可能ですよ!

成犬(シニア犬)からでもできるしつけは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

では、どういったしつけなら成犬からでもできるのでしょうか?7才を過ぎたシニア犬からでも可能なしつけは、以下の通りです。


  • 「オスワリ」「マテ」「アイコンタクト」などの指示

  • しつこい要求吠え

  • 飛びつきグセ

  • 興奮グセ

  • 引っ張りグセ

  • チャイム吠え

  • 拾い食い

  • ハウスに入るしつけ



その他にも、トイレや噛みグセのしつけもできなくはないですが、子犬期よりもかなりの時間を要します。完全に直すのではなく、回数を減らすだけなど妥協する必要があることも覚えておいてください。

しつけるときに叩いてもいいの?

成犬をしつけるとき、もう大人だし叩いてもいいのかな?と思う方がいるかもしれませんが、これはNG行為です。叩かれた犬は、何が起きたかわからずパニックになるだけ。たとえば吠えるのをやめさせたくて叩いた場合、一時的に静かになるかもしれませんが、これは叩かれてびっくりしているだけなので、根本的な解決にはならないのです。

また「手で」叩くことを続けてしまうと、犬は飼い主さんの手はこわいものなんだと覚えてしまい、普段のお世話にも支障がでてしまいます。犬を叩くことは、互いの信頼関係に溝を作るだけなので、絶対にやめましょうね。

プロに任せる手もある!

成犬からのしつけは、子犬期のしつけより難しいことが多いです。どうしてもうまくいかない場合は、プロの先生にお任せするのも一つの手。しつけ教室などに通ってアドバイスをもらえば、今まで何がいけなかったのかが分かりスムーズにいくことも。愛犬にとっても飼い主さんにとっても、ストレスなくしつけが続けられる可能性があります。ぜひ検討してみてくださいね。

基本のしつけ1.トイレは最初に覚えさせる!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を家族として迎え入れたら、まず必要なしつけが「トイレトレーニング」です。家中のいたるところで排泄されてしまったら掃除が大変ですし、衛生的にもよくありません。お散歩中にしか排泄しない子もいますが、台風や大雪の日などの外に出ることが危険な日には困ってしまうことに。室内の決まった場所でトイレができるようにするしつけは、共同生活を送るうえで不可欠なしつけです。

トイレトレーニングの手順

1. 犬をクレートで休ませる
トイレトレーニング中はなるべくフリーにさせず、散歩、食事、遊び時時間以外はクレートで休ませましょう。

2. トイレの時間になったらクレートから出す
トイレの時間をメモしておき、その時間になったら犬をクレートから出します。

3. トイレへ誘導
おやつやおもちゃなど愛犬が好きな物を使って、トイレまで誘導します。ここで排泄しなければクレートに戻し、30分後に再チャレンジを。また、「ワンツー、ワンツー」などの決まった言葉をかけることで、排泄ができるようしつけることもできます。

愛犬がトイレに入ったら、排泄が終わるまで同じ言葉をかけ続け、終わったらフードを与えるようにしましょう。これを続けるうちに、その言葉を言うだけで自然と排泄を促すことができるようになります。

4. 排泄したらごほうびを
上手く排泄出来たら、ごほうびとしておやつやフードを与えます。「ここで排泄をすると良いことがある!」と犬が覚えてくれますよ。

基本はこの繰り返しです。犬が自然にトイレの場所を覚えてくれることはほぼないので、犬を迎え入れたら必ずトイレトレーニングを行いましょう。1か月程度で覚えてくれる場合が多いようですが、個体差があるので2~3か月かかる子も。根気よくトレーニングを続けながら、その子にあった方法を探っていきましょう。

トイレを置く位置を工夫すると、しつけに良い方向に働くこともあるので試してみてください。

トイレを置く位置を工夫すると、しつけに良い方向に働くこともあります。こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

トイレを失敗してしまったときの対処法

トイレトレーニングに慣れていないうちは、所定の場所以外で粗相したり、トイレからはみ出して排泄したりすることも考えられます。しかし、たとえトイレに失敗してしまったとしても、叩いたり怒ったりのしつけはしないでください。

粗相に関して過剰に反応してしまうと、犬が排泄行為自体を怒られたと誤解して、飼い主さんから隠れてトイレをする可能性があります。それ以外にも、怒られたことをかまってもらえたと勘違いして、さらに粗相を繰り返すことも考えられます。

もし愛犬が粗相してしまっても怒らず、すぐに片づけてその場にニオイが残らないようにしましょう。また、柴犬などの日本犬は室内でトイレをしたがらない子も多くいます。そういった気質も理解すること大切です。

基本のしつけ2.問題行動になるムダ吠えはさせない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ムダ吠えは、一回ついてしまうとなかなか止めさせるのが難しいクセの1つです。ポイントは、成犬になるまでになるべく吠える経験をさせないこと。子犬期にあまり吠えなかった犬は、成犬になってもあまり吠えなくなる傾向が強いようです。

ムダ吠えする場合の対処法・しつけ方

吠えること自体は犬にとって自然な行動ですが、何か嫌なことや飼い主さんにどうしても訴えたいことがあると、許容範囲を超えたムダ吠えを起こすことが多々あります。犬がムダ吠えを起こしてしまう場合、以下のような原因が考えられます。


  • かまってほしい・散歩に行きたいなどの要求、または欲求不満

  • 呼び鈴や雷など、大きい音への恐怖心

  • 見知らぬ人や犬が家に入ってきた際の縄張りの主張

  • 留守番など、飼い主さんとの分離不安

  • 病気やケガによる痛みの主張

  • 他の犬の吠え声につられる社会的促進

1. いろいろな物に慣れさせる。
犬は初めて見たものに対して警戒心を抱き、吠えることがあります。何度も同じようなことが起きると、怖がって吠える「警戒吠え」がクセになることも。犬が初めて見るものを見せるときは、少し遠くに置くなどして急に近づけず、犬から興味を持つように仕向けましょう。傘、キャリーケース、ベビーカーなど、大きくて音が鳴ったり動いたりするものは、犬が警戒しやすいので注意が必要です。

2. 生活パターンを固定しない。
〜時にごはん、〜時に散歩、〜時におやつなど、毎日同じ時間に同じことを繰り返していると、そのパターンを覚えた犬が「そろそろおやつの時間だよー!」と期待して吠えるようになることがあります。きっちりスケジュールを決めすぎず、毎日少しずらすと効果的です。

3. たくさん愛犬と接してあげる。
吠えグセ対策でもっとも効果的だと言われているのが、たくさん遊んで疲れさせてあげること。お散歩や遊びで体力が消耗され、さらにしつけなどで頭も使って疲れると、犬はあまり吠えなくなるという仕組みです。体力が有り余っていると吠えてエネルギーを発散してしまうので、適度に毎日疲れさせてあげましょう。

基本のしつけ3.悪い噛みグセはつけさせない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の甘噛みは可愛らしい部分もありますが、ところかまわず噛んでしまうのは困りもの。まずは噛んでいいものと悪いものの区別を着けさせることが重要です。犬の噛みには、大きく分けて「ウキウキ噛み」「ムズムズ噛み」「イヤイヤ噛み」の3種類があるので、それぞれの対処法をご紹介します。

ウキウキ噛み

遊びの延長で噛んでしまう「ウキウキ噛み」。飼い主さんを噛んだ後に飼い主さんが何か反応してしまうと、かまってもらっていると勘違いするので、無反応が一番の対策です。犬が噛みそうになったら立ち上がったり、椅子の上に乗ったりして噛む体験をさせないようにしましょう。


もし、飼い主さんの手をおもちゃと認識して噛むクセがついてしまった場合は、「人の手=噛んではいけないもの」という認識を作り直してあげる必要があります。その方法は簡単。ごほうび用のおやつを片手に持ちながら愛犬と遊び、手を噛んだらおやつを目の前にちらつかせて、噛むのをやめたら褒めながらおやつを与えるだけです。

この動作を繰り返し行うことで、「手を噛まない方がいいことがある」と犬が学習し、自然と噛むのをやめるようになります。その他にも、「オスワリ」や「フセ」など別の行動をとらせることで、その前にやっていた行動(手を噛むなど)を打ち消してしまう「カウンターコマンディング」という方法もおすすめです。

ムズムズ噛み

「歯牙脱換期」(しがだっかんき)と呼ばれる、歯の生え変わる生後4~8カ月に多いのが「ムズムズ噛み」です。飼い主さんを噛むというよりは、歯のムズムズを抑えようと家具などを長時間噛む傾向にあります。ムズムズしてしまうのはどうしようもないので、噛んでいる物から気をそらし、アキレスなどの長時間噛んでいられるおもちゃを与えてあげましょう。

イヤイヤ噛み

ブラッシングや爪切りなど、慣れていないお世話に恐怖を感じて噛んでしまうのが「イヤイヤ噛み」です。犬は「いきなり」や「無理やり」を嫌うので、慣れていないお世話は時間をかけて慣れさせることが大切です。イヤイヤ噛みの名の通り、嫌なことをされなければ噛むことはありません。叱ったり叩いたりすることは絶対にせず、犬がお世話に慣れてくれるように愛情をもって接しましょう。

基本のしつけ4.散歩は室内から外へ徐々に慣れさせる

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬を飼育するうえで欠かせないのが、毎日のお散歩。お散歩をスムーズに楽しく行うためには、散歩時のしつけも不可欠ですね。初めて散歩をする場合は外を怖がることもあるので、室内→外の順で、散歩の仕方を練習させましょう。

室内での散歩の慣れさせ方

初めて散歩をする場合や、ワクチン接種前で外に出られない場合は、室内で散歩の練習を行いましょう。まずは首輪とリードをつけた状態で自由に行動させ、リードが気にならなくなるように慣らします。

愛犬がリードに慣れたら、リードを持って室内を歩きましょう。時折名前を呼び、振り向いたらおやつをあげるのを繰り返し、徐々に歩く距離を延ばしていきます。外では、周囲に気を取られて飼い主さんの指示を無視する危険性もあるので、名前を読んだら振り向き、方向転換してもちゃんとついてくるようになるまで、おやつを使ってしつけていきます。

外での散歩の慣れさせ方

室内での散歩練習に慣れたら、次は外に慣れさせるようにしましょう。最初からお外が大好きな子もいますが、慎重な性格の子は外を歩くことが怖い場合も。


  • 1. 抱っこで外にでる。

  • 2. 安全な場所で下ろす。

  • 3. 下ろした場所でフードを与える。

  • 4. 歩きながらフードを与える。



こういった手順を踏んで、外で歩くことに慣れさせてあげてください。外に慣れたら、今度は「オスワリ」「マテ」などの動作練習を外で行い、外でも飼い主さんの指示を聞けるようにしつけてください。最終的にはアイコンタクトをしながら散歩できるまで、レベルアップをしていきましょう。

犬を飼育する場合、さまざまなしつけをこなさなければいけません。しかしこれらは、犬と一緒に暮らすうえでとても大切なことです。最初に覚えさせてしまえば後が楽なので、愛犬と一緒に頑張りましょうね!

参考/「いぬのきもち」2018年3月号『「失敗した」「できない」ギモンにアレコレ答えます!トイレのお悩みまるごと解決!(しつけ編) 』(監修:家庭犬しつけインストラクター 「SKYWAN!DOG SCHOOL」代表 井原亮先生)
   「いぬのきもち」2015年12月号『愛犬を一生ムダ吠えしない犬にする10の育て方』(監修:犬のしつけ教室DOGLY代表 日本動物病院協会認定家庭犬インストラクター 荒井隆嘉先生)
   「いぬのきもち」2017年2月号『ムズムズ噛み、イヤイヤ噛みも指名手配!?子犬のあま噛みSTOP&CHANGE!』(監修:家庭犬しつけインストラクター 「SKYWAN!DOG SCHOOL」代表 井原亮先生)
   「いぬのきもち」2016年9月号『12回で基本をすべてマスターできる!はじめてしつけコンプリートドリルvol.7 お散歩しつけ』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
   「いぬのきもち」2017年3月号『12回で基本をすべてマスターできる!はじめてしつけコンプリートドリルvol.1 トイレ&ハウス』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
   「いぬのきもち」2016年2月号『あきらめないで!覚えたら、犬も人もいいこといっぱい!7才過ぎてもできる奇跡のしつけ』(監修:ジャパンケネルクラブ、日本警察犬協会および日本動物病院協会認定インストラクター 戸田美由紀先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『愛犬のための生活空間の工夫<トイレしつけに効く配置って??>』
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/pigeon
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る